便秘の原因、症状、治療、解消法、予防まとめ

お腹

便秘まとめ

1ページ目/11ページ, 1件目〜12件目/131件

予兆・症状
便秘

nak 2014/12/01 20:14

弛緩性便秘はお腹の張りが特徴

弛緩性便秘の最大の特徴はお腹の張りです。
筋力が低下すると、便をスムーズに排出できなくなってしまい、
腸内に便が溜まってしまうことになります。

さらにこうなると出口を塞がれたガスも溜まることになり、
お腹の張りは強くなる一方でしょう。

しかも、便が溜まっているにもかかわらず、筋力がないために排出することもできず、
便秘は悪循環を続けてしまいます。

また、排便できても残便感が残ったり、
腸内に長く溜まって水分を失った硬い便が出ますので、
すっきりした排便感がないのも特徴でしょう。

出典:弛緩性便秘になる原因と解消について

予兆・症状
便秘

nak 2014/12/01 20:13

弛緩性便秘(しかんせいべんぴ)

大腸のぜん動運動が活発に行われず弱くなったり、運動不足や加齢などで筋力が低下し大腸の筋肉が緩み、便を押し出す事が出来なくなるので起こる便秘の現象です。その為に腸内に長く便が留まるので、便の水分が吸収されて便が硬くなり、排便しづらくなります。特に高齢者や出産後の女性に多いのが特徴です。慢性便秘の中で最も多いのがこの弛緩性便秘とも言われています。

●具体的な症状としては…、お腹が張る(腹部膨満感)、頭痛、肩こり、冷え、倦怠感(体がだるい)、食欲低下、コロコロ便が出る、硬い便が出る、残便感がある、便意を感じにくいなどがあります。

●原因としては…、筋力(腹筋)の低下、運動不足による大腸のぜん動運動の低下、虚弱体質、加齢、内臓下垂、、胃下垂、大腸下垂、下剤の乱用などが考えられます。

○運動不足を解消し、腹筋を鍛える事がオススメ!腹筋などの筋力をつけると、便を押し出す力もついてきます。さらに食習慣も改善して食物繊維を沢山摂取する様にしましょう。食物繊維は便を膨らませて便意を感じやすくし、排便を促します。

ちょっと調子が悪いからと言って、下剤に安易に頼ると、下剤によって体力低下から便秘解消どころか、その後さらに酷い便秘や慢性的な便秘に悩まされる恐れもあるので、気をつけましょう。

出典:便秘 - Wikipedia

予兆・症状
便秘

nak 2014/12/01 20:12

弛緩性便秘として、いつもお腹が張っていたり、便が出た後も全部の便が出ていない感覚がある方は、その状態を放置することで、将来、
身体がだるくなったり、
頭痛に悩まされたり、
手足の冷えを感じたり
することがあります。
この状態は、血行が悪くなった結果現れてきた身体からの警告ですので、思いがけない病気への原因ともなり得ます。

弛緩性便秘は、主に筋力(特に腹筋)の低下により、腸の動きが悪くなることが原因で、高齢の方やお産を経験した女性に多く現れる症状です。しかし、最近は、体力の無い若い女性にも見られるようになりました。

腹筋をつけると同時に、食物繊維を多く取ったり、善玉菌を増やして腸内環境を整えてみることが必要です。

出典:弛緩性便秘(ちかんせいべんぴ) - 便秘解消!原因別・症状別診断

治療
便秘

nak 2014/12/01 20:11

いれん性便秘に適する食品

けいれん性便秘には、不溶性の食物繊維は刺激が強すぎて不適当です。繊維をとるなら、こんにゃくなど水溶性の繊維が適しています。
また、消化のよい白米、白パン、うどん、脂肪の少ない肉類、白身魚、豆腐などもおすすめです。野菜類は繊維の少ないものを選び、パイナップルやいちじくなど繊維の多い果物は避けるようにしましょう。そして、味つけは全体にうす味を心がけましょう。

出典:【慢性便秘の症状と対策】 花王 ロリエ

治療
便秘

nak 2014/12/01 20:11

弛緩性便秘に適する食品

からだの中で消化・吸収されない食物繊維は、水分を吸収して膨張し、便のかさを増やして便通を促進します。弛緩性便秘には、食物繊維と水分を積極的にとることが必要です。
食物繊維は、野菜や果物、精製する前の穀類(玄米)などに多く含まれています。野菜類の中でも、とくに繊維が多いのは、たけのこ、ごぼう、はす、セロリなどで、きのこ類や海藻類にも多く含まれています。果物は、一般的には生のほうが適していますが、干したプラムを煮たものなども効果的です。

出典:【慢性便秘の症状と対策】 花王 ロリエ

予兆・症状
便秘

nak 2014/12/01 20:10

けいれん性便秘

コロコロした硬くて丸い便が出るのが特徴です。ストレスや疲労が原因で大腸が過敏に反応して、便が通りにくくなって便秘となります。便が腸に居すわっているうちに水分が吸収され、コロコロした硬い便になってしまうというわけです。過敏性腸症候群の場合、便秘と下痢を交互に繰り返すこともよくあります。
けいれん性便秘は、弛緩性便秘とは逆に、消化のよい食物をとるようにすることが大切。便秘薬を使うと、ますます腸の緊張を高めるので、使用は避けましょう。そして原因となるストレスを解消することが、何より大切です。

出典:【慢性便秘の症状と対策】 花王 ロリエ

予兆・症状
便秘

nak 2014/12/01 20:10

弛緩性便秘

もともと腹筋が弱い女性に多くみられます。腸がたるんで、便意を感じる力も便を送り出す力も弱まってしまうため、排便時に上手にいきむことができなくなってしまった結果、便秘となるものです。
内臓が下垂ぎみの体質の人は、腸もたるみやすく、弛緩性便秘になりやすい傾向があります。また、下剤を使いすぎた場合も、薬の刺激で便意をもよおさせるため、腸の機能が低下して弛緩性便秘になることがあります。
この便秘を解消するには、腹筋を鍛えることが大切です。また、便の量を増やして腸の運動をうながす食物繊維を多くとるように心がけるのも効果的です。

出典:【慢性便秘の症状と対策】 花王 ロリエ

予兆・症状
便秘

nak 2014/12/01 20:09

習慣性便秘

現代人にいちばん多い、生活習慣が原因で起こる便秘です。朝はぎりぎりまで寝ていて朝食抜き、トイレに行く時間もなく家を飛び出すような生活をしている人に多く、便意が起こっても、時間がないからとがまんし続けた結果、便意をもよおさなくなってしまうのです。
便意は、排尿感覚と違って、15分ぐらいがまんしていると消えてしまうのが特徴。たびたびがまんしているうちに、感じ方も鈍くなってきます。そして便が長いこと直腸にたまっていると、水分がどんどん吸収されて硬くなり、いっそう出にくくなって、便秘が慢性化してしまいます。
この便秘でいちばん問題となるのは、便意を起こすことになる朝食を抜くこと。朝は牛乳と果物だけでもいいですから、何か食べるようにしましょう。また、便意を感じたら、すぐにトイレに行くことを心がけるのも大切です。

出典:【慢性便秘の症状と対策】 花王 ロリエ

予兆・症状
便秘

nak 2014/12/01 20:08

弛緩性便秘とは?症状と主な原因について
筋肉の衰えは運動不足や加齢、無理なダイエットなどにより起こります。
高齢者の多い日本では、この弛緩性便秘は便秘のなかで最も多い症例となっています。
排便は腹部の筋力が腸内の便を押し出すことで行われます。
このため腹部の筋力が衰えてしまうと便を押し出すことができなくなり、すっきりと排便ができなくなります。
筋力が落ちると腸の働きも鈍くなります。
便は腸内に長くとどまるほど硬くなるので、さらに便秘を悪化させます。

また、偏った食事や無理な食事制限によるダイエットでは、筋力の衰えに加えて腸内の便の量も減っているため、便意も起こりにくくなってしまいます。


弛緩性便秘になるとお腹の張ります。
腸内で有害ガスなどが発生するため、お腹の張りも強くなるのです。

さらに排便ができても残便感が残り、スッキリしません。
このため、排便を促すために刺激性の下剤を常用する人がいますが、薬には習慣性があるので下剤依存症になってしまうこともあり、お奨めできません。
そのうえ薬の使用頻度が高まるほど腸が正常に働かなくなってしまいます。
使用する場合は医師に相談してからにしてください。

弛緩性便秘の改善するためには、毎日3食、バランスのよい食事を心がけることが大切です。
便秘を解消するには食物繊維を摂ると良いと言います。
たしかに食物繊維は便に水分を含ませ、便をやわらかくする効果がありますが、便の全体量が少ないと、そもそも便意そのものが起こりにくくなるため、他の食材もバランスよく食べて便の量を増やす必要があります。
また、ヨーグルトやオリゴ糖といった腸内環境を整える健康食品を積極的に摂るようにします。
また、筋力をつけるために、適度な運動を心がけましょう。
急に激しい運動をすると危険なので、ウォーキングなど新陳代謝を高める有酸素運動

出典:弛緩性便秘とは?症状と主な原因について

予兆・症状
便秘

nak 2014/12/01 20:06

日本人に最も多い便秘、弛緩性(しかんせい)便秘とは

弛緩性(しかんせい)便秘は機能性便秘の一種で、日本人に最も多いタイプの便秘です。特に、腹筋が弱い高齢者や女性、男性でも運動不足の人に多く発生します。

単に「便秘」とだけ言った場合には、この弛緩性便秘を指す場合が多いでしょう。

出典:弛緩性(しかんせい)便秘とその症状とは? | スキンケア大学

原因・予防
便秘

nak 2014/12/01 20:05

弛緩性便秘は、以下のようなことが原因で発生します。

(1)大腸を動かす筋力の低下

弛緩性便秘が発生する原因は、主に筋力の低下によるものです。

本来、スムーズな排便のためには、腸の「蠕動(ぜんどう)運動」が欠かせません。これは、大腸を動かす筋肉を使って便を肛門側へ押しやり、押し出そうとする運動のことです。

それでは、大腸を動かす筋肉がゆるんで(=弛緩して)しまった場合はどうでしょうか。 蠕動(ぜんどう)運動は不十分になります。便を押し出す力が弱まれば、いくら出そうとしても出てはくれません。

(2)内臓の垂れ下がり

加齢とともに内臓が垂れ下がってくる傾向もありますので、腸のゆるみを加速させている面もあります。

(3)ダイエット

若い女性の場合は、無理なダイエットの影響で筋肉が落ちてしまっている可能性もあります。また、過度な食事制限をしていれば、作られる便の絶対量が少なくなりますから、なおさら排便は困難になります。

(4)便の水分不足

若便秘は、ただ便が出ないばかりでなく、「便が大腸内に長期滞在すること」でもあります。すると、その間に便からは水分が奪われ、硬さを増してしまいます。

ただでさえ弱っている筋力では、硬くなった便を押し出すことは至難の業です。 そのため、弛緩性便秘は慢性化しやすい便秘だともいえるのです。

出典:弛緩性(しかんせい)便秘とその症状とは? | スキンケア大学

予兆・症状
便秘

nak 2014/12/01 20:05

弛緩性便秘の症状には、以下のような特徴があります。

(1)黒っぽくコロコロした便の場合が多い

水分が失われるため、硬くコロコロとした便になります。苦労しないと排便ができない上に、せっかく便が出てもあまりすっきりせず、残便感があります。

(2)お腹が張る

腸内に便が溜まると、悪玉菌が増えて、有害なガスが発生します。排便がなく、便が詰まるとガスも溜まってしまい、お腹は張るばかりです。

お腹の張りが大きくなると、食欲にも影響を及ぼしかねません。お腹が張っているのに排便できないという状態ではストレスも大きくなり、精神面にも悪影響が出ることがあります。

(3)肌荒れ

腸の健康は美容に直結します。慢性的な便秘状態では、腸内の善玉菌が減少し、悪玉菌が増加します。そうなると、悪玉菌が排出した毒素は、血液やリンパを介して体中に運ばれてしまいます。

お肌の美しさは、身体全体が健康であることによって得られているものなので、腸が健康でなければ、お肌の健康を保つこともできません。

出典:弛緩性(しかんせい)便秘とその症状とは? | スキンケア大学

1ページ目/11ページ, 1件目〜12件目/131件

< 前に戻る123456789