うつ病(鬱病)の原因、症状、治療、解消法、予防まとめ

うつ病(鬱病)まとめ

1ページ目/9ページ, 1件目〜12件目/106件

治療
うつ病(鬱病)

nak 2014/10/28 19:40

朝起きてから夜寝るまで、夜ぐっすり眠るためのテクニックです。
朝 五感で目覚める
<視覚>
窓を開けて光を浴びる
25時間周期の体内時計を24時間にリセットするために必要なのが朝の
光。起きたら窓を開けて太陽光を浴びよう。
自宅の周りをグルッと散歩できるとなおいい。
<聴覚>
音楽、テレビ・ラジオ、家族との会話
ヴィヴァルディの四季などの、アップテンポでさわやかな目覚めをもたらし
てくれる曲を流す。
<触覚>
シャワーを浴びる
やや熱め、水圧も高めのシャワーを浴びると、交感神経が刺激されて活動
モードにスイッチが入る。

出典:不眠症を改善したい。うつ病で4年、不眠症はひどくなるばかりです。 - Yahoo!知恵袋

解消
うつ病(鬱病)

nak 2014/10/28 17:31

私は6年程うつ病で苦しんでいましたが、今はほとんど回復し、薬も飲んでいませんし、働くこともできるようになりました。

私の場合は、特に冬場に気持ちが落ち込み、涙がとまらなくなったり、過食症になったり、半年程引きこもったり、治療で治ったかと思えばまた同じ状態になり…無限ループに陥っていました。

薬を飲めば、確かに楽になったように感じるかもしれません。
ただ、だんだん回復してきて薬を減らせば、まだ気分が落ち込んできます。
要するに、依存性が高いです。

薬がないと生きていけない状態になります。(必ずしもそうではないと思いますが、私はそうでした)


ただ、質問者様には、精神的に落ち込んでしまう原因が絶対にあるはずです。

私の場合は、母との関係に原因がありました。

向き合うのは非常に辛かったです。ひどい修羅場もありました。

しかしそれでも、何が原因かを考え、それと向き合うのが一番だと私は思います。

それをしなければ、いくら精神的に落ち着いてきたとしても、また戻ってしまうかもしれません。

精神的に落ち込んでいるときは向き合うのは非常に苦しいと思います。
またいろんなことが複雑に絡んでいたりして、それを一つずつほどくのも大変です。
だから少し時間がかかると思います。

出典:うつ病は治りますか?現在、正確にはうつ病とは違いますが、精神的な症... - Yahoo!知恵袋

治療
うつ病(鬱病)

nak 2014/08/09 13:08

薬は正しく飲みましょう

医師は患者さんの症状を見ながら、その人に最も合う薬と量を見極めて処方します。自分の判断で勝手に「調子が良くなったから」と薬を飲まなかったり量を減らしたりしてはいけません。医師が正しい判断ができなくなりますますので、医師の指示はきちんと守りましょう。副作用など気になることがあったら、すぐに相談しましょう。
また、抗うつ薬には飲み合わせの悪いものもあります。他の薬をすでに飲んでいる場合や飲む場合は、まずは医師や薬剤師に相談しましょう。市販薬やサプリメントを試したいと思った場合も同様に、まずは医師や薬剤師に相談するのが良いでしょう。

出典:うつ病 病気の基礎知識|アステラス製薬|なるほど病気ガイド

治療
うつ病(鬱病)

nak 2014/08/09 13:07

改善がみられても焦らずに

うつ病は、きちんと治療を受ければ治る病気です。
通常、3ヵ月から半年くらいである程度良くなりますが、再び悪くなるのを防ぐため、通常の生活に戻ってからも半年~1年くらい治療を続けることが多いです。その間も症状は一進一退しますが、焦ってはいけません。焦って仕事を始めてしまったり、治療を勝手にやめてしまうと、かえってこじらせて長引くことになりかねません。治ると信じて、根気よく治療を続けましょう。
通院で治療を行うときも、医師の指示に従って、必要ならば仕事をできるだけ休み、薬をきちんと飲んで、診察日には必ず病院・診療所へ行くようにしましょう。

出典:うつ病 病気の基礎知識|アステラス製薬|なるほど病気ガイド

原因・予防
うつ病(鬱病)

nak 2014/08/09 13:07

生活の中で心がけること

再発を防ぐために、ストレスをためないライフスタイルを心がけましょう。

・自分の性格や考え方の傾向を自覚しておきましょう。
性格を変えることは簡単ではありませんが、傾向を知っていれば、コントロールすることができます。
・優先順位をつけて、できることから始めましょう。
「あれもこれも」「今日中に全部」と無理をせず、できたことを「よくやれた」と思うようにしましょう。自分の限界を知ることも大切です。
・休息をしっかり取りましょう。
・ストレスを解消できるような楽しみの時間を持ちましょう。
・十分な睡眠をとりましょう。
・栄養バランスの良い食事を取り、規則正しい生活をしましょう。
・自分なりのリラックス方法をみつけましょう。
・うつ病について正しい知識を持ちましょう。
・ストレスや気になる症状などを少しでも感じたら、主治医に相談しましょう。
自分ひとりで何とかしようと思わないことが大切です。

出典:うつ病 病気の基礎知識|アステラス製薬|なるほど病気ガイド

治療
うつ病(鬱病)

nak 2014/08/09 13:04

うつ病の治療法

うつ病の治療には補助的な治療法がいろいろあります。
・芸術療法、音楽療法…絵や粘土、音楽を使って治療を行います。
・電気を使った治療法…頭皮に電極をつけ、電流を流します。薬物療法で効果が得られない場合や、薬物が使えない場合に用いられます。

出典:うつ病 病気の基礎知識|アステラス製薬|なるほど病気ガイド

治療
うつ病(鬱病)

nak 2014/08/09 13:04

うつ病の治療法

・精神療法
医師との対話やさまざまな交流を通して、自分の性格や考え方の傾向、なぜうつ病になったかということを理解して、そうならないようコント
ロールできるようにします。また、再発を防止するためにも、うつ病の症状がかなり良くなり、社会生活が営めるようになる頃に精神療法を行うことがとくに大切です。
精神療法の中心となるのは、「一般的(支持的)精神療法」です。患者さんの話を聞き、不安な気持ちをよく理解した上で、症状を良くしていくためのアドバイスをしていきます。
他にも、物事のとらえ方や考え方を、うつ病につながらない方向へ変えるサポートをする「認知療法」、行動に目標を設定し、達成感が得られるようにしていく「行動療法」、人間関係がうつ病になるきっかけになっている場合に、その問題が解決できるようにサポートする「対人関係療法」など、さまざまな治療法があり、医師が、その人に合ったものを選んで、行っていきます。

出典:うつ病 病気の基礎知識|アステラス製薬|なるほど病気ガイド

治療
うつ病(鬱病)

nak 2014/08/09 13:03

うつ病の治療法

【薬物治療】
・抗うつ薬
薬物療法の中心となります。脳の中のセロトニンやノルアドレナリンという物質の働きを高めて、(1)抑うつ気分を取り除いて気分を高める (2)意欲を出させる (3)不安や緊張、焦燥感(しょうそうかん:いらいらした感じ)を取り除く、といった効果をあらわします。いくつかのタイプがあり、症状や状態によって使い分けます。抗うつ薬は効果が現れるまでに1週間から数週間かかりますので、効果がすぐに現れないからといって、自分で薬を止めてはいけません。また、再発を抑えるために、完全に症状がなくなった後も、しばらくの間、飲み続けることが大切です。

・抗不安薬
不安を静める働きがあります。うつ病の症状に加えて不安や焦燥が強い場合や不眠がある場合に、抗うつ薬と一緒に飲むことがあります。
副作用として、眠気、ふらつき、脱力感などが現れることがあります。

・睡眠薬
「なかなか寝つけない」「ぐっすり眠れない」といった睡眠障害の症状がある時に処方されます。
副作用として、翌朝の眠気、ふらつき、脱力感などが現れることがあります。

・その他
抗うつ薬や抗不安薬を飲んでも不安や焦燥感が消えない場合、抗精神病薬というタイプの薬が使われることがあります。また、抗うつ薬の効果を上げるために気分安定薬というタイプの薬を併用することもあります。

出典:うつ病 病気の基礎知識|アステラス製薬|なるほど病気ガイド

治療
うつ病(鬱病)

nak 2014/08/09 13:01

うつ病の治療法

・休養
うつ病の治療でとにかく重要なことは、「休む」ことです。とくに、抑うつ症状が強い時は、原因となっているストレスから完全に離れて、低下したエネルギーを充電しなくてはなりません。うつ病になる方には、きまじめな方が多く、休むことに抵抗感や罪悪感を感じ、何とかがんばって休まないようにしようと思いがちです。でも休養が必要なときには、むしろ意識して休むようにすることがとても大切です。うつ病が病気であることを理解し、医師に休むことを勧められた場合は、思い切って仕事・家事や学校を休み、「なにもしない」ことに専念しましょう。場合によっては、入院するのも有効な方法のひとつです。

出典:うつ病 病気の基礎知識|アステラス製薬|なるほど病気ガイド

治療
うつ病(鬱病)

nak 2014/08/09 13:00

うつ病の診断、診察

病院・診療所では、まず医療面接が行われます。症状、ストレスになるような生活の中の出来事、他の病気、自分の性格、家族のことなどを詳しく聞きます。患者さんが自分では気がついていない隠れた症状が見つかることもあります。
症状とその程度を調べるためにチェックリストを使うこともあります。症状について、何項目かの質問に答え、当てはまる項目の数などから、うつ病であるかどうか、症状の重さはどれくらいかを調べます。
また、患者さん本人からだけでなく、ご家族からも話を聞くこともあります。
これらの情報を総合して、専門の医学会が作成した診断基準なども参考にしながら、医師はうつ病の診断を行います。

出典:うつ病 病気の基礎知識|アステラス製薬|なるほど病気ガイド

予兆・症状
うつ病(鬱病)

nak 2014/08/09 12:59

うつ病の症状

【精神症状】
典型的な症状は、感情、意欲、思考の3つの面で現れます。
・感情
気分が憂うつになる、理由もなく悲しい・寂しい、自分がダメな存在だと感じる、不安や焦りを感じ、イライラする、無感動になる、死にたいと思うなど。
・意欲
何をするのもおっくう、行動力や集中力がなくなる、人と会ったり話したりするのが面倒になる、趣味などにもやる気が起きないなど。
・思考
頭がさえない、考えがまとまらない、集中力がなくなる、決断力や判断力が低下する、反応が遅くなるなど。
時には、妄想(もうそう:不治の病にかかってしまった、破産してもうやっていけない、などの現実とは異なる思い込み)が現れることもあります。

【身体症状】
うつ病は、精神症状だけでなく身体の不調として現れる場合もあります。
うつ病の身体症状で代表的なものは、睡眠障害や疲労感・倦怠感ですが、その他にも、実にさまざまなものがあります。
・身体症状…睡眠障害、疲労感・倦怠感、食欲不振、めまい・耳鳴り、口の渇き・味覚障害、首や肩のこり、腰痛、腹痛、胃部不快感、下痢・便秘、頻尿、性欲減退、月経不順、インポテンツなど
精神症状があまりなく、身体症状だけが現れるタイプは、身体症状という仮面をかぶっているという意味から「仮面うつ病」と呼ばれます。
さまざまな検査をしても、何も原因が見つからない場合、実はうつ病が隠れているかもしれません。そのような場合、うつ病の治療により身体症状が良くなることがあります。

出典:うつ病 病気の基礎知識|アステラス製薬|なるほど病気ガイド

予兆・症状
うつ病(鬱病)

nak 2014/08/09 12:58

うつ病の症状

うつ病の症状には大きく「精神症状」と「身体症状」があります。気分の落ち込みなどの精神症状だけでなく、身体の調子も悪くなるのがうつ病の特徴です。また、これらの症状が、1日の中で時間とともに変化する(日内変動)のも、うつ病の特徴です。多くの場合は、朝が最も悪く、夕方にかけて回復していきます。

出典:うつ病 病気の基礎知識|アステラス製薬|なるほど病気ガイド

1ページ目/9ページ, 1件目〜12件目/106件

< 前に戻る123456789

うつ病(鬱病)カラダシェアメモ

「うつ病」にもいろいろある

「憂うつな気分」や「気持ちが重い」といった抑うつ状態がほぼ一日中あってそれが長い期間続く、というのはうつ病の代表的な症状です。
こうした症状が見られた場合、うつ病と診断されることが多いのですが、本当は、これだけで診断がついたことにはなりません。
大うつ病と呼ばれるタイプのうつ病には一定の診断基準があり、参考になります。他に性格や環境、あるいはほかの病気やこれまで服用していた薬が関係していることもあります。

また、これまでに躁状態や軽躁状態を経験したことがある場合はうつ病でなく双極性障害(躁うつ病)であると考えられますのでそういう経験がなかったかの確認も必要です。
統合失調症などほかの精神疾患が背景にあって、抑うつ状態はその症状のひとつであった、という場合もあります。このような症状を万が一うつ病と診断されたら、本当の疾患が見逃されせっかくの早期発見・早期治療のチャンスをのがしてしまうことになってしまいます。
正しいうつ病の診断は、うつ病のどのタイプなのか、ほかの精神疾患である可能性はないか、などを確認することまで含まれるのです。

うつ病(鬱病) wiki

うつ病(うつびょう、鬱病、欝病)は、気分障害の一種であり、抑うつ気分、意欲・興味・精神活動の低下、焦燥(しょうそう)、食欲低下、不眠などを特徴として、著しい苦痛や機能の障害を伴う精神疾患である。狭義には『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV)における大うつ病性障害である。
双極性障害(躁うつ病)と区別するために「単極性うつ病」と呼ばれることもある。