白血病の原因、症状、治療、解消法、予防まとめ

全身血液

白血病まとめ

1ページ目/4ページ, 1件目〜12件目/46件

治療
白血病

masao 2015/03/12 11:44

患者の血液細胞の遺伝子を組み換えてがんを標的とする治療法は、臨床試験で素晴らしい結果を示した。製薬会社やバイオ医薬品会社が乗り越えなければならない大きな障害は、患者にこうした治療を受けさせることやその費用だ。

 スイスの薬品会社ノバルティスと米シアトルのバイオ医薬品会社ジュノ・セラピューティクスが依頼した二つの別個の臨床試験では、CAR(キメラ抗原受容体)を用いた遺伝子改変T細胞療法によって、90%近くの患者で白血病細胞が消えた。この結果は昨年12月と今年2月にそれぞれ発表された。

 いずれの試験も対象となった患者数は少数で、ノバルティスの試験では子供22人、ジュノの試験では成人16人だった。最も一般的な子供のがんである急性リンパ性白血病を患い、標準治療で効果がなかった患者だ。現在、両社とも規模を拡大して試験を行っている。

出典:白血病などがんに劇的効果の免疫細胞療法―費用は5000万円超とも - WSJ

原因・予防
白血病

nak 2014/10/20 14:39

白血病によい食事法

がんの初期段階では、活性酸素やニコチン、タール、ベンツピレン、ウイルスなどが細胞内の遺伝子を損傷し、がんの芽を形成します。通常は免疫細胞の働きによりこの段階で消失しますが免疫機能が低下し、煙草、アルコール、食塩、脂肪、インスリンやエストロゲンなどのホルモン、活性酸素などの作用が加わることによりがんの芽は次の段階のがんへと進行してしまいます。がんの芽の段階で抑えるためには免疫力を高めておく必要があります。そのためには免疫力を高める食品や抗酸化作用がある食品を積極的に摂取することが大切です。

・免疫力を高める食品
キャベツ、にんにく、ねぎ類、クランベリー、松樹皮、きのこ類、バナナ

・抗酸化作用を持つ食品
赤ワイン、紫芋、赤しそ、クランベリー、お茶、トマト、スイカ

・抗がん作用を持つ食品
ブロッコリー、キャベツ、わさび、にんにく、ネギ、大豆、スイカ、トマト、きのこ類

出典:健康情報サイトNMN 健康食生活 摂食障害に良い食事法

原因・予防
白血病

nak 2014/10/20 14:38

結論からいうと、白血病の原因は詳しく解明されていません。これは、他のがんと同様です。

現在の研究では、白血病の原因は血液細胞の遺伝子レベルの異常と考えられています。また、放射線・抗がん剤なども白血病を引きおこす可能性があるとも言われています。
細胞は分裂を繰り返し自身を増やします。このとき通常の分裂では遺伝子も分裂し、もとの遺伝子と同じ遺伝子が出来上がります。しかし、何らかの原因で細胞分裂のとき、遺伝子が正しく増殖できず遺伝子に傷がつく場合があります。小さな傷はもとに戻りますが、傷のついた遺伝子が繰り返し増殖すると、その傷は元に戻らなくなります。この元に戻らなくなった遺伝子を持つ細胞ががん細胞です。傷のついた遺伝子は本来の働きができにくくなり、いろいろな不都合を引きおきします。現在では、白血病の研究も進んでおり、白血病が関係する遺伝子がすでに見つかっています。
白血病は遺伝子が関係していますが、遺伝はしないと考えられています。

白血病にかかる年齢は子供から大人まで年齢を選びません。
他の癌は子供がかかることは稀ですが、白血病や骨肉腫、脳腫瘍などは
小児癌に属しています。

出典:白血病ってどうしてなるんですか?予防策ってあるんですか?また、白血... - Yahoo!知恵袋

予兆・症状
白血病

nak 2014/10/20 14:34

ほとんどのCML患者さんにフィラデルフィア染色体と呼ばれる遺伝子突然変異(変化)が認められます。

体内の細胞はすべて、細胞がどのようにみえ、作用するかを決めるDNA(遺伝物質)を含んでいます。DNAは染色体内に含まれています。CMLでは、ひとつの染色体におけるDNAの一部が別の染色体に移動しています。この変化は“フィラデルフィア染色体”と呼ばれます。この結果、骨髄中ではチロシンキナーゼと呼ばれる酵素の働きが高まり、白血球(顆粒球または芽球)となる幹細胞が過度につくられます。

フィラデルフィア染色体は親から子へと受け継がれません。

出典:慢性骨髄性白血病|がんinfo|IMICライブラリ|一般財団法人 国際医学情報センター(IMIC)

予兆・症状
白血病

nak 2014/10/20 14:34

慢性骨髄性白血病とは骨髄中で白血球が過度に多くつくられる病気です。

慢性骨髄性白血病(CMLまたは慢性顆粒球性白血病とも呼ばれます)は緩徐に進行する血液と骨髄の疾患で、通常、中年期以降に生じ、小児に生じることは稀です。
通常、骨髄ではやがて成熟した血液細胞となる血液幹細胞(未成熟細胞)がつくられます。血液幹細胞は骨髄系幹細胞またはリンパ球系幹細胞になります。リンパ球系幹細胞は白血球に成熟します。骨髄系幹細胞は以下の3種類の成熟した血液細胞の1つになります。
・赤血球:体のあらゆる組織に酸素や他の物質を運びます。
・血小板:出血を止めるために血栓を作ります。
・感染や病気と闘う顆粒球(白血球)

CMLの体内ではあまりに過度の血液幹細胞に顆粒球と呼ばれる白血球のタイプをつくるように伝えるため、骨髄幹細胞のいくつかは成熟白血球となることができません。これらは白血病細胞とも呼ばれます。血液と骨髄中では正常な白血球、赤血球、血小板の余地が少なくなり、白血病細胞が押し出されます。このため感染、貧血、易出血性の生じる場合があります。

出典:慢性骨髄性白血病|がんinfo|IMICライブラリ|一般財団法人 国際医学情報センター(IMIC)

予兆・症状
白血病

nak 2014/10/20 14:33

慢性骨髄性白血病を疑う症状としては疲労感、寝汗、発熱があります。

これらの症状はCMLによってみられることがあります。他の状況によっても同じ症状がみられます。以下の症状がひとつでもみられた際には医師の診察を受けてください:
・極度の疲労感。
・原因不明の体重減少。
・寝汗。
・発熱。
・左側肋骨より下の疼痛または膨満感。
時にCMLは全く症状を示さないことがあります。

出典:慢性骨髄性白血病|がんinfo|IMICライブラリ|一般財団法人 国際医学情報センター(IMIC)

予兆・症状
白血病

nak 2014/10/20 14:28

急性リンパ性白血病

悪性のリンパ球が増えている状態です。リンパ球の大きさで分けていて、数字が大きいほど、細胞の大きさが多くなります。

※ L……リンパ球のこと(英語の頭文字をとっています)

【急性リンパ性白血病の分類】
L1:小型で細胞に占める核が大きいリンパ芽球。小児に多い
L2:核に切れ込みなどを持つ大型リンパ芽球。成人に多い
L3:バーキットburkitt型。芽球が円形の核を持つ大型のもので、大きな空胞を持つ

分類によって、予後や治療が変わってきますので、白血球を染色して見やすくして顕微鏡で観察します。

出典:3/3 急性白血病の原因・症状・治療 [子供の病気] All About

予兆・症状
白血病

nak 2014/10/20 14:28

急性骨髄性白血病

※最初に、分類時に出てくる専門用語を簡単にご紹介します。
ペルオキシダーゼ……分化した最終的な白血球に含まれる酵素
エラスターぜ……単球という白血球の1種に含まれる酵素
芽球……ちょうど植物の芽のように、分化した細胞の芽のような細胞のこと
M……骨髄のこと(英語の頭文字をとっています)

以下の分類は、骨髄からできる白血球の分化で、どの段階で腫瘍化するのかで分けたもの。数字が小さいほど分化していない白血球ということになります。M0~M4までが骨髄の細胞関係、M5は単球関係、M6は赤血球関係、M7は血小板関係です。それぞれ治療が違ってきますので、どこに該当する白血病なのかの判断は重要です。

【急性骨髄腫白血病の分類】
M0:ペルオキシダーゼがない、まだ未分化の細胞
M1:ペルオキシダーゼがあって、未分化の細胞
M2:顆粒球という血液中にある分化した細胞
M3:急性前骨髄球性白血病と言って、骨髄の中にある白血球になる前の細胞
M4: 急性骨髄単球性白血病と言って、骨髄である単球でエステラーゼが含まれている
M5:急性単球性白血病と言って、血液検査でも見られる単球。エステラーゼが含まれている
M6:赤白血病と言って、赤血球になる前の細胞、赤芽球が50%以上骨髄内にある状態。それ以外の30%以上占めているのが芽球
M7:急性巨核芽球性白血病と言って、血小板を作る巨核芽球が30%以上骨髄内にある状態

出典:3/3 急性白血病の原因・症状・治療 [子供の病気] All About

予兆・症状
白血病

nak 2014/10/20 14:27

白血病の分類

FAB分類 <F=French A=American B=British>
白血病は、
細菌に対する免疫に関わる白血球が腫瘍化する「骨髄性白血病」
ウイルスに対する免疫に関わる白血球が腫瘍化する「リンパ性白血病」
に大別することができます。フランス、アメリカ、イギリスも同じように分類して考えています。

出典:3/3 急性白血病の原因・症状・治療 [子供の病気] All About

治療
白血病

nak 2014/10/20 14:26

骨髄移植・臍帯血移植・末梢血造血幹細胞移植

化学療法が効きにくい場合や、白血病が再発してしまった場合、原因となっている骨髄を一旦きれいにし、正常な骨髄の細胞を入れる「骨髄移植」を検討します。

白血球の型があう人の骨髄液を採取し、血管から入れる方法です。一旦、骨髄を空にするので、感染リスクを避けるために、移植が成功するまでは、無菌室という細菌やウイルスがいない環境で過ごさなければなりません。

他人の骨髄以外に、臍帯血を使う臍帯血移植、造血させる物質を入れて造血幹細胞を増やして末梢血から採取する末梢血造血幹細胞移植があります。

最後のページではかなり専門的ですが、白血病の分類について解説します。白血病の分類は、その種類によって異なります。リンパ性白血病の方が、骨髄性白血病より治療に反応しやすいと言われています。

出典:2/3 急性白血病の原因・症状・治療 [子供の病気] All About

治療
白血病

nak 2014/10/20 14:26

白血病の治療・予後

白血病の治療法は、抗がん剤を中心にした化学療法です。抗がん剤では白血病細胞を殺すことができますが、正常な細胞にも影響を与えてしまいます。

特に細胞がよく増えている場所に影響するため、髪、骨髄、腸への影響が大きく、脱毛、白血球の減少、貧血、血小板の減少、吐き気、嘔吐、下痢、食欲不振などが起きます。特につらいのは吐き気ですが、最近は、吐き気を抑える薬が出ています。私が医師になったころと比べても、新薬として良い吐き気止めが出てきたので、副作用の程度もかなり改善されています。抗がん剤は何種類かを組み合わせて使い、化学療法による成績もよくなっています。

白血病が治る確率は、病気の進行度、白血病細胞の種類、遺伝子異常の有無によって変わってきますが、60~80%程度です。

脳などへ白血細胞が侵入している可能性があるので、髄液の中に抗がん剤を注入したり、放射線療法を行ったりします。

出典:2/3 急性白血病の原因・症状・治療 [子供の病気] All About

治療
白血病

nak 2014/10/20 14:25

白血病の検査

血液検査で疑わしい細胞が見られた場合、骨髄の中で白血病細胞が増えているかを確認する骨髄検査を行い、白血病かどうかの確定診断を行います。

骨髄検査の方法ですが、大人の場合は胸骨という胸の骨に針を刺し、子供の場合は、腰骨の1つである腸骨に針を刺して、骨髄液を採取します。まずは、局所麻酔をしてから、注射針より太い針を刺し、骨髄液を採取します。採取時には痛みがありますが、時間は1分以内で、すぐに終わります。

白血病だと分かった場合、増えた細胞が、リンパ球に分化する細胞か、それ以外の細胞に分化する細胞かを見て、リンパ性、骨髄性に分け、さらに細かく分類します。

出典:急性白血病の原因・症状・治療 [子供の病気] All About

1ページ目/4ページ, 1件目〜12件目/46件

< 前に戻る1234