坐骨神経痛の原因、症状、治療、解消法、予防まとめ

坐骨神経痛まとめ

1ページ目/6ページ, 1件目〜12件目/66件

原因・予防
坐骨神経痛

nak 2014/10/06 20:06

腰椎分離症やすべり症の原因は何か

分離症の原因は、先天性のものと後天性のものがあります。先天性のものは生まれつきのもので、分離以外にも椎体や椎弓の形態異常を認めることが多く、高度なすべり症を生ずることがあり注意を要します。
近年では、後天性の多くは子どものころにスポーツなどで繰り返し負荷がかかったために、疲労骨折を起こしたものと考えられています。しかし、スポーツは原因のひとつであり、体質的な要素もあります。
分離症・分離すべり症は第5腰椎によくみられます。一方、変性すべり症は椎弓や椎間関節の形態異常に椎間板の変性が加わって起きるとされています。変性すべり症は女性に多く、大部分が第4腰椎です。

出典:腰椎分離・すべり症の症状や原因など - goo ヘルスケア

原因・予防
坐骨神経痛

nak 2014/10/06 20:04

脊柱管狭窄症(腰部脊柱管狭窄症)の原因

脊柱管狭窄症とは、文字通り脊柱管が、何らかの原因で狭くなり、その結果、神経や血管を圧迫するために起こるものです。

では、なぜ脊柱管が狭くなるのか(狭いのか)? 脊柱管狭窄症の原因を、下記にあげてみます。

・先天性脊柱管狭窄症 生まれつき脊柱管が狭く、脊柱管が正常より狭く成長したものが原因
・後天性脊柱管狭窄症 すべり症により脊柱管が狭くなったもの、椎間板ヘルニアなどによる合併狭窄、腰椎への手術などにより狭窄したもの、外症によるものなどが原因。 成長途中で脊柱管に十分な広さが出来なかったものが原因。 中高年に多いことからも、加齢による病気や変性が原因。

などが、脊柱管狭窄症の原因としてあげられます。

出典:腰部脊柱管狭窄症とは〜症状と原因から手術、治療方法について:腰痛ナビ

原因・予防
坐骨神経痛

nak 2014/10/06 20:03

椎間板ヘルニアの発症原因

椎間板ヘルニアの発症は、環境要因(姿勢・動作)や遺伝要因(もともとの体質・骨の形)そして、加齢が関係しています。
椎間板には、座る、立ったまま前屈みになるといった姿勢や動作でも体重の約2・5倍の圧力がかかるといわれ、こうしたことの繰り返しが、椎間板に変性をもたらし、椎間板へルニアに発展するものと考えられています。

出典:坐骨神経痛|症状|原因|改善方法|腰椎椎間板ヘルニア|腰部脊柱管狭窄症|変形性腰椎症

原因・予防
坐骨神経痛

nak 2014/10/06 20:02

坐骨神経痛には、このストレッチが効く!

坐骨神経痛は梨状筋という筋肉が
硬くなっているために坐骨神経を圧迫していたために
痛みとしびれが出ていました。

坐骨神経痛は単なる腰から足に出ている
坐骨神経が痛んでいるという状態を
表した病名に過ぎません。

坐骨神経痛は色々な所にその原因があります。

ちなみにこの梨状筋症候群による坐骨神経痛を
和らげるストレッチを紹介しておきます。

1.お尻を壁に近付けて足を組み、伸ばした右足は壁につけます。
2.伸ばした足側を壁伝いに膝を曲げていきます。
3.左のお尻の部分に伸びを感じて下さい。
4.時間は30秒くらいで結構です。
※もし、痛みがひどいようなら中止して下さい。

出典:坐骨神経痛には、このストレッチが効く! | 久留米市の整体師が発信する「家庭の医学 in 久留米」

治療
坐骨神経痛

nak 2014/10/06 20:00

『坐骨神経痛はインナーマッスルを鍛えなさいって本当?』

実はあるサイトをご覧になっての話だと思いますが。
こういったメールをいただきましたので、ここでシェアしたいと思います。

インナーマッスルって最近はやりのあれですよね。
坐骨神経痛にも効果があるって言ってたということです。
本当に効果があるんでしょうか??

これは実は効果があったりするんですよね。


『背中を体の中全体で支える』


こういったもののためにインナーマッスルを鍛えるんです。
鍛えていないと、どうしてもおなかが前に出たりして、姿勢が崩れます。
すなわち、体幹が伸びていない状態なんですね。
こうなると、結局背中にかなりの負担をかけ、坐骨神経痛は悪化します。

もしかすると、そこがあなたの坐骨神経痛の原因になっているかもしれません。
だからこそ、そういったトレーニングでコツコツと体の支えを作らないといけません。

でも、絶対にそこが原因とは言えませんから。
私もそのサイトを見させていただきましたが、どうも絶対によくなる的な言い方でしたので。

『インナーマッスルでよくなる可能性がある』

出典:坐骨神経痛はインナーマッスルを鍛えなさいって

原因・予防
坐骨神経痛

nak 2014/10/06 19:57

中高年に多い脊柱管狭窄症

中高年になるにつれ、脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)による坐骨神経痛が多くなってきます。脊柱管というのは、背骨(脊椎)のなかにある神経の通り道のことです。
加齢にともなって脊椎にある椎間板や椎間関節、じん帯などが老化し、変形してきます。その結果、脊柱管が圧迫されて神経を刺激すると、痛みやしびれを感じるようになります。
テレビ司会者のみのもんたさんがこの病気になり、一時話題になりましたが、けっして特殊な病気ではありません。中高年には一般的なもので、だれにでも起こる可能性があります。ただし専門医(形成外科など)でないと正確な診断がつきにくい面もあるので、症状がなかなか治まらない場合には専門病院で検査を受けることが大切です。
脊柱管狭窄症の場合、お尻や太ももの痛みなどのほかに、間歇(かんけつ)歩行になりやすいという特徴があります。歩いていると痛みやしびれがひどくなり、少し休むとまた歩けるようになる…そのくり返しが間歇歩行です(※2)。
また、人によっては、下肢に力が入らず、つまずきやすい、階段を上りにくいといった症状や、尿が出にくい、残尿感があるなどの排尿障害が起こることもあります。坐骨神経痛に加えて、間歇歩行などの症状がみられる場合には、脊柱管狭窄症を疑って早めに受診してください。
(※2)間歇歩行は、閉塞性動脈硬化症などが原因でも起こります。脊柱管狭窄症の場合には、前かがみの姿勢で腰を少し曲げると楽になるとされていますが、ほかの病気と区別するためにも早期受診が大切です。

出典:坐骨神経痛...軽く考えずに対策を | はじめよう!ヘルシーライフ | オムロン ヘルスケア

予兆・症状
坐骨神経痛

nak 2014/10/06 19:57

注意したい椎間板ヘルニア

坐骨神経痛の原因のなかでも、年齢を問わず多くみられるのは、腰部椎間板ヘルニアです。椎間板は、背骨の骨と骨のあいだにあるクッションのようなものですが、なんらかの原因で椎間板がつぶれて飛び出し、神経を刺激すると痛みが起こります。
椎間板ヘルニアは、10~30代の若い人にも少なくありません。仕事やスポーツなどで、腰に慢性的に力が加わったり、不規則に強い力が加わったりすると、圧迫されて椎間板が飛び出すことがあるためです。
中高年の場合には、加齢にともなって椎間板の柔軟性が少しずつなくなり、飛び出しやすい状態になります。椎間板ヘルニアによる痛みはあるとき急に強くなるので、突発的と思われがちです。しかし、少し前から軽い痛みやしびれなどを感じていることが少なくありません。
もし、軽い坐骨神経痛をくり返す場合には危険信号です。あお向けに寝て足を伸ばし、片足をまっすぐゆっくり上げていったときに痛みが強くなるケースでは、椎間板ヘルニアの可能性があります(※1)。
椎間板ヘルニアは初期なら鎮痛薬とけん引などの方法で、かなり改善が可能です。けん引というのは、器具を使って骨盤などを引っ張り、椎間板の負担を軽減する方法です。
悪化すると、レーザー治療などの方法で飛び出した椎間板の切除が必要になります。以前にくらべると手術は大幅に進歩していますが、患部の場所や程度によってはしびれなどが治りにくいこともあります。椎間板ヘルニアの可能性があったら、できるだけ早めに受診しましょう。
(※1)このテストをラセーグテストといい、病院ではひざを伸ばして片足を30度以上上げられるかどうかなどの方法で、椎間板ヘルニアの診断材料とします。自分でやる場合はあくまでも一つの目安と考え、きちんとした検査を受けましょう。

出典:坐骨神経痛...軽く考えずに対策を | はじめよう!ヘルシーライフ | オムロン ヘルスケア

予兆・症状
坐骨神経痛

nak 2014/10/06 19:56

その痛みは坐骨神経痛かも

坐骨神経痛...軽く考えずに対策を 歩いているときやいすから立とうとしたときなどに、お尻や太ももに痛みやしびれを感じたことはありませんか。もし、そんなことがあったら、坐骨神経痛の可能性があります。
当初は、湿布薬を貼る程度で治ってしまうことが多いので、つい軽く考えがちです。ところが症状をくりかえすうちに、痛みで歩けない、いすから立ち上がることができない、といった状態になることがあります。さらに悪化すると、立っているのがつらい、でも、座っても寝ても痛む、といった状態にもなりかねません。
日常生活にも大きな支障を及ぼすので、そうなる前に坐骨神経痛とそのケアについて知っておきましょう。
坐骨神経痛は昔から知られた病名ですが、実際には病気というよりも、坐骨神経に生じた痛みやしびれなどの総称のこと。坐骨神経は末梢神経のなかでも最大のもので、お尻から太もも、ふくらはぎへとつながる長い神経です(ひざから下では、すねや足底の神経とつながっています)。
そのため痛みやしびれの出る場所も、人によってさまざま。お尻から太ももの部分が多いものの、ひざ裏やもっと下の部分に症状が出る人も少なくありません。
原因も、人によっていろいろです。初期には運動のしすぎや、反対にデスクワークによる運動不足などで起こることもあります。さらに椎間板(ついかんばん)ヘルニアや脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)など、多様なケースがあります。
それだけに軽症のうちに自分の原因を確認し、予防をふくめてきちんとした対策をとることが大切です。

出典:坐骨神経痛...軽く考えずに対策を | はじめよう!ヘルシーライフ | オムロン ヘルスケア

原因・予防
坐骨神経痛

nak 2014/10/06 19:56

坐骨神経痛を予防する

坐骨神経痛は、軽度のうちなら体操などによって自分でも予防したり、改善したりすることができます。ただし、強い痛みがあったり、歩きにくいといった状態の場合には、自己流でやると悪化させてしまうことがあるので、かならず受診して医師の指導を受けてください。
坐骨神経痛の予防や改善には、ストレッチと筋肉運動が効果的です。
ストレッチは背骨や筋肉などをゆっくり伸ばし、緊張をほぐすことで、椎間板や脊柱管への負担を軽減する運動です。デスクワークや立ち仕事で同じ姿勢を続けることが多い人は、ときどきストレッチをしましょう。

(A1)立った姿勢で足を軽く開き、からだの力を抜いて手を前に伸ばし、からだを前にゆっくり倒していきます。腰部の骨や筋肉を伸ばすのが目的なので、無理に倒す必要はありません。呼吸をしながら2~3秒その姿勢をキープしたら、ゆっくり元の姿勢にもどります(同じ運動を4、5回くり返します)。

(A2)立ったままがつらい場合は、いすに腰かけた姿勢で、同じように手を伸ばしてからだを前に倒す方法でもかまいません。自宅なら、床に座って足を伸ばし、手を前に出してからだを倒す方法もいいでしょう。
一方、筋肉運動は、中高年になるにつれて衰えた腰部や太ももの筋肉を強化することで、椎間板や脊柱管への負担を軽減する運動です。いろいろな運動がありますが、ここでは運動不足の人や高齢者でも無理なくできるスクワット(屈伸)をご紹介します。

(B)両足を軽く開いて立ち、からだの力を抜きます。いすに腰かける感じでお尻をゆっくり下ろしていきます。ひざが90度以上は曲がらない位置でとめ、呼吸をしながらその姿勢を2~3秒キープしたら、元にもどります。同じ運動を一度に 5~6回、できれば1日に2~3回やりましょう。
お年寄りの場合はお尻を下ろしたときにバランスをくずすと、転倒する危険性もあるので、

出典:坐骨神経痛...軽く考えずに対策を | はじめよう!ヘルシーライフ | オムロン ヘルスケア

治療
坐骨神経痛

nak 2014/10/06 19:55

その他の治療法

その他の治療法ご紹介します。
外科的療法
手術により痛みを取り除く方法です。 薬物療法や神経ブロック療法、その他の治療法であまり効果が期待できない場合に行われます。
手術療法には、神経を圧迫している原因(腫瘍やヘルニアなど)を取り除く方法と、痛みを発信している神経そのものを壊す方法があり、症状に応じて慎重に決められます。

脊髄(脳)刺激療法
脊髄(脳)を電気刺激することにより痛みを取り除く方法です。
一般的に、薬物療法や神経ブロックなどの治療法を実施しても治療が奏功しない場合などに実施されます。
この治療では、脊髄の表面(実際には脊椎の骨の中で脊髄を取り巻いている硬膜の表面)に置いた電極を通じて、脊髄に弱い電流を加えて刺激します。これがどのようなメカニズムで痛みの感覚を抑えるのかについては、まだよくわかっていませんが、神経を破壊することなく、神経破壊と類似した除痛効果を得る事ができます。一般的に、50%程度の痛みの軽減が得られた場合に成功であると考えられています。

電気鍼治療
刺した鍼に低周波の電気を流し、痛みをとる方法です。もともと人間の身体に流れる電気の流れを整えることで、筋肉をほぐして痛みを和らげます。

レーザー治療
レーザー光を出す器具を患部に当て、血行を改善して痛みを和らげる方法です。外科治療に使われるレーザー光とは違い、ごく弱いレーザー光で新陳代謝を促します。椎間板ヘルニアによる腰痛などによく使われます。

イオントフォレーシス
2つの電極を皮膚に装着し、電気を流すことによって皮膚に薬が浸透しやすくなる方法です。針を使わず皮膚吸収による麻酔の方法で、主に帯状疱疹後神経痛の痛み緩和に用いられます。

その他
鍼灸、指圧、整体、カイロプラクティック、マッサージ、温泉療法などは、筋肉の凝りをとり、血流の改善に効果的です。また、心

出典:その他の治療法|腰痛症や坐骨神経痛、糖尿病神経障害に伴う痛みなど、「神経の痛み」情報サイト - 疼痛.jp

治療
坐骨神経痛

nak 2014/10/06 19:54

認知行動療法・リエゾン療法

認知行動療法とは、痛みについての誤った認識を修正する「認知療法」と、痛みと行動の関係を知り、日常生活でできることを増やしていく「行動療法」を組み合わせた治療法です。「認知療法」と「行動療法」には、様々な方法がありますが、ここでは一例を紹介します。

またリエゾン療法とは、整形外科や心療内科・精神科など、複数の医師が連携(リエゾン)して治療にあたり、心と体の両面から治療を行う方法です。薬物療法や運動療法と認知行動療法などを併せて行います。

・認知療法
行動日誌をつけるなどの方法で、「友達と話している間は痛みを忘れていた」、「10分自転車に乗れた」など、痛みによって隠され、認識できなかったプラスの面に注目します。それまでの「痛みのせいで何もできない」という認識を、「痛みがあってもやれることはたくさんある」という方向に変えていきます。

・行動療法
ストレッチやウォーキングなど、患者さんが現在行える運動から始め、少しずつ活動量を上げていきます。行動と痛みの関係を調べ、行動の種類や量が必ずしも痛みを悪化させているわけではないことを理解し、痛みの軽減や活動量の増加へとつなげていきます。

出典:認知行動療法・リエゾン療法|腰痛症や坐骨神経痛、糖尿病神経障害に伴う痛みなど、「神経の痛み」情報サイト - 疼痛.jp

治療
坐骨神経痛

nak 2014/10/06 19:53

理学療法(リハビリテーション)


痛みがあると、痛みのせいで身体を動かさなくなるため筋肉が痩せてきたり、関節が固くなったりすることがあります。理学療法の目的は痛みを取るだけではなく、このような痛みに伴う症状を和らげ、日常生活でのQOLを維持することにあります。理学療法には、 主に次のようなものがあります。

・温熱療法
組織を温めて血管を広げ、痛みを伝える物質を除去することを目的としています。

・電気刺激療法
低周波の電気刺激により、痛みを伝える神経の働きを抑えます。

・運動療法
筋力増強訓練やストレッチなどで、身体機能の維持をはかります。
理学療法は、主にリハビリテーション科の医師や理学療法士などの指導によって行われます。症状を見ながら、いくつかの療法を組み合わせて進められます。

出典:理学療法(リハビリテーション)|腰痛症や坐骨神経痛、糖尿病神経障害に伴う痛みなど、「神経の痛み」情報サイト - 疼痛.jp

1ページ目/6ページ, 1件目〜12件目/66件

< 前に戻る123456