自律神経失調症の原因、症状、治療、解消法、予防まとめ

自律神経失調症まとめ

1ページ目/10ページ, 1件目〜12件目/114件

原因・予防
自律神経失調症

nyanko 2015/09/27 17:43

自律神経失調症の原因は脳の血流不足と呼吸の浅さ

自律神経失調症、パニック障害、うつ病になるような方の身体は全く健康な人の身体と明確な違いがあります。

★首筋、肩、後頭部や背中の深層筋肉の酷い凝りです。

この深層筋肉の酷い凝りにより心臓から出た血液の流れが悪くなり特に頭部への血流量が不足して脳の機能が十分に発揮する事が出来なくなります。。

★背中の深層筋肉の酷い凝りにより、肺が圧迫され息苦しさや呼吸の浅さを感じます。

背中の深層筋肉が硬直する事で肺が十分に広がらなくなり、十分な量の酸素を取り入れる事が出来なくなっています。

これらは全て身体の緊張により凝りが形成されて脳への血流障害、筋肉硬直による脳への異常な信号、背中の硬直による肺の圧迫による息苦しさで、身体と心が常にリラックス状態を作り出すことが出来ずに緊張状態によりパニック症状が引き起こされると考えられます。

出典:自律神経失調症、うつ病、パニック障害の整体

解消
自律神経失調症

nak 2014/10/28 17:28

私お薦めのストレス、自律神経失調症の解消方法です是非試してみてください。皆さんに大変好評です。

お風呂の温度は、いつもより「ヌルメの温度」ではいる事。
湯船の中で手の届くところは軽くマッサージする事。
首の運動をする事。
必ず汗が出るまで入る事。(のぼせないように、半身欲でも○)
湯上りには水分補給をする事。
夜更かしを避けて早寝、早起きをする事。
適度の運動をする事。

出典:自律神経失調症を患っている高校3年生です。詳細には言えませんが、学校... - Yahoo!知恵袋

解消
自律神経失調症

nak 2014/10/28 17:27

自律神経失調症は、病院で受診されるとあたかも「病気」のように言われることがありますが、厳密に言うと病気ではありません。

症状が重くなり、質問者様のように不安感や悲しみなどが強くなった時に補助として薬は必要になりますが、ある程度はご自身の生活リズムを改善することで症状も緩和されます。

本当に基本的なことですが、規則正しい生活を心がけてください。
朝は同じくらいの時間に起きることを心がけて、3食きちんと食べること。
おやつも、あまりにも塩分や糖分が偏ったものでなければ毎日の楽しみにするのもいいと思います^^
夜は毎日同じくらいの時間に眠れるように心がける。

デパスは、即効性があることと安全度が高いということで、お医者さんも気軽に処方することが多いです。
ですが、実際は依存性があることが実証されており、長く服用することで耐性も出てきます。
質問者様のように、脱力感という副作用もあります。

即効性には欠けますが、漢方薬を処方して頂いてはいかがでしょうか?
不安感や自律神経の乱れに作用する漢方薬もありますので、主治医さんや薬剤師さんに相談してみるといいでしょう。

寝込むほどに重症でなければ、規則正しい生活を送ることでほとんどは改善されます。
季節柄、お外に出ることが億劫になりがちですが、天気の良い時は朝日を浴びながら散歩をすることも自律神経を整える効果があります。

以上、私が実行している解消方法でした。

出典:自律神経失調症になりました。自律神経失調症の症状で、精神的な不安感... - Yahoo!知恵袋

解消
自律神経失調症

nak 2014/10/28 17:25

私は今は薬に頼っています。
デパスという安定剤です。これのおかげで食欲もでてきました。
私もずっと薬に頼るのは抵抗があるので受験が終わったら漢方にしてみようかと思っています。
あと、吐き気がするなら吐き気止め(私はナウゼリンを持っています)をお守りに持ち歩くと気持ちも前向きになれています。
軽くなった一番のきっかけは、整体だと思います。体の不調は体の歪みなどからきてたりもするらしいので…
自律神経は主に背中にあるみたいです。うちのお父さんも整体で良くなったと言っていました。(お父さんも自律神経失調症でした。)
一度行ってみるのもいいと思います!気持ちいいですよ(^^)

出典:自律神経失調症の症状に困っています・・。少しでも改善したいです。 - Yahoo!知恵袋

治療
自律神経失調症

nak 2014/10/28 17:24

私も先月、自律神経失調症になりました。

症状は不定愁訴と言われているだけあって、変化します。

私の初期症状は、回転性めまい、手足のしびれ、頭痛でした。
その後食欲不振や体のほてり、口が渇くなどの症状が現れ、治まった頃には別の症状が現れます。
現在は胃痛、朝の気だるさ(これは夜飲んだ薬の副作用)、昼間の不安による緊張(胸が痛い)などに変化しました。

私は昼をすぎた14時、15時くらいに交感神経がMAXになっているらしく、少しの不安だけでも緊張が張り詰めるように襲ってきます。
その都度に、自律訓練法や頓服のデパスを飲んで鎮めています。これが今一番辛いです><
夜は薬を飲むので、朝方くらいまでは副交感神経が優位になってくれています。実質症状が辛いのは昼間がほとんどです。夜は胃が少し痛い以外は症状はなしです!!

私も心配ごとが多くなりましたが、食事や睡眠、ウォーキング、爪もみなど少しでも生活スタイルを見直して、必ずもとの自律神経の状態が戻ることを信じて、努力し始めました。

出典:自律神経失調症の方にお聞きしたいです。最近、自律神経失調症と診断... - Yahoo!知恵袋

解消
自律神経失調症

nak 2014/10/28 17:23

私は去年から体調を崩し自律神経失調症と診断されました。
この夏突然発作を起こし熱中症という事で救急車で運ばれましたが、点滴しても良くならず発作の怖さから不安感は募る
ばかり、つわりのようなむかむかも一日中で何も食べることが
出来なくなり2週間寝込みました。

結局パニック症候群と診断されたのですが・・・。

私は4人子供がいて短期間にホルモンが急激に変動を
繰り返したことと万年睡眠不足が主な原因だろうと言われました。

去年、自律神経失調症と診断された時は薬を飲む事に
抵抗があった為漢方薬を処方してもらていたのですが、
この夏の症状はあまりにひどくどうにかなりそうだったので
普通の薬を処方されて飲み今は落ち着いています。

因みに、メイラックスとファモジンD錠、ドグマチール錠、
ガスモチン錠を処方されています。
ドグマチール錠は一つを半分に分けて朝晩飲むように
処方されています。

薬は個人差があって合う合わないがあるようなので
信頼できるお医者様に出会って色々相談されながら
試していかれると良いですね。

私はまた徐々に薬を減らし漢方に戻していきゆくゆくは
当然何も飲まなくてよい生活に持っていくよう話しながら
進めています。

出典:胃腸の不調、IBSと自律神経失調症について。六年前自律神経失調症と診断... - Yahoo!知恵袋

解消
自律神経失調症

nak 2014/10/28 17:22

歩いたら直った…。
体温調整ができなくなって不調になったときは
自律かな?とおもって遠くまでがつがつ歩きに行きます。
途中寒かったり暑かったり、変な感じがします。

汗かいてきて、疲れたーとなるぐらい歩きまくるとだいたい直る。
その後はぱたっと寝て
早起きします。

うちは割とこれで治るよ。
水泳したりもするかも。

出典:自律神経失調症を改善できた人います? - 歩いたら直った…。体温調整が... - Yahoo!知恵袋

治療
自律神経失調症

nak 2014/10/28 17:20

まず体の白血球値がさがり免疫力が下がっているはずです。
不安、焦り、恐怖、絶望がさらに体を緊張させ悪循環に
陥るのです。自分を治すのは自分の免疫力です。もとの状態にもどそうと
している自分の能力を最大限に発揮させる状態にしてあげることが重要です。
あなたの場合は副交感神経が優位になる状態を作りだすことから始めるのが良い
と思います。腹式呼吸、ウォーキング、鍼灸も良いんですよ。
つらいときに不安にならないと言っても無理な話ですが、そういうときは安定剤飲んだって
いいんですよ。また、首に自律神経が密集していますから家で夜自分で軽くマッサージしてあげると
いいですよ

出典:自律神経失調症を改善する為にはどうすればいいですか?3、4年前に躁鬱?... - Yahoo!知恵袋

解消
自律神経失調症

nak 2014/10/28 17:17

常に不安がのしかかっていればいくら体を養生していてもだめなんです。
人間絶対自然に治す力はあるはずだと思うので上手に心をストレスから解放してあげることだと思います。
逆に体を動かすことはストレスを発散しますし、沢山話すことや泣くことだってストレスは発散すると思います。
体を休めるよりも調子がよければ、外にでたり、山やパワースポットなどに行く方がよいと私は思います。
パワーをもらうことって大きいですよ。自然や人からも。(妙な明るさやテンションのことではありません)


あと自律訓練法はご存知ですか?
仰向けに寝て手足が重くなる、温かくなるイメージで腹式呼吸するものです。
やり方は自律訓練法で検索してみてください。
ヨガでは手、足、肩、首、目、お腹、あご・・・一つずつ力を抜いていったり、呼吸が気持ちいい、気分がいい・・と暗示をかけたりします。
思いついたらやるようにしています。


それらをやってみてもダメとすぐにあきらめないでください。
ストレスだって目にはみえません。目に見えないけどこれらの積み重ねのほうが薬より絶対効きます。

出典:自律神経失調症で様々な苦痛な症状で午前中は起き上がることができませ... - Yahoo!知恵袋

解消
自律神経失調症

nak 2014/10/28 17:15

私も仕事がシフト制でとってもハードだったため、体調を崩し、二年前に内科で自律神経失調症と診断されました。その後は、病院で処方してもらえるツムラのカミショウヨウサンという漢方薬を毎食後のんでいます。これで、ずいぶん体調がよくなりましたよ。

出典:自律神経失調症 (軽度) の、改善策、治療法、また、どのくらいの期間... - Yahoo!知恵袋

解消
自律神経失調症

nak 2014/10/28 17:14

私もストレスで自律神経失調症となりました。改善法は色々あるそうです。
1.起床後、常温の水をコップ1杯飲む

2.起床後、太陽の光を浴びる

3.運動をする 特にウォーキング

4.首のコリをとる ストレッチが良し

5.規則正しい生活をする

6.腸の調子を整える

などが良くサイトなどに書いてるものです。私が試して、すこしきいてるかもと思ったのはやはり、首や肩のストレッチとウォーキングです。

病院へ行けば、医師によっては漢方薬を処方してもらえます。

出典:自律神経失調症の改善方法を教えて下さい。強いストレスを感じてから、... - Yahoo!知恵袋

治療
自律神経失調症

nak 2014/10/28 17:13

多くの患者は内科ではなく心療内科や神経科に通院する。治療には抗不安薬やホルモン剤を用いた薬物療法や、睡眠の周期を整える行動療法などが行われている。最近では体内時計を正すために強い光を体に当てる、見るなどの療法もある。

西洋医学での改善が認められない場合は、鍼灸・マッサージ・カウンセリングなどが有効な場合もある。

成長時の一時的な症状の場合、薬剤投入をしないで自然治癒させる場合もある。また、自ら自律訓練法を用いて心因的ストレスを軽減させ、症状を改善させる方法もある。

漢方薬 [編集]漢方薬の場合、若年から老年まで幅広い年齢に適用できる。漢方で副作用が既往に生じたものは原則として適応外
症状と所見を元にした頻用処方を以下に示す(主訴→随伴症状の順
めまい・たちくらみ・低血圧傾向:苓桂朮甘湯, 半夏白朮天麻湯
のぼせ・月経不順・不定愁訴・不安・抑うつ傾向:女神散
動悸・不安・抑うつ傾向・不眠:柴胡加龍骨牡蠣湯, 桂枝加竜骨牡蛎湯
めまい・低血圧傾向:苓桂朮甘湯
頭痛・頭重・冷え:呉茱萸湯
めまい・立ちくらみ・低血圧傾向:苓桂朮甘湯, 半夏白朮天麻湯
全身倦怠感・不安・抑うつ傾向・不眠:柴胡加龍骨牡蠣湯, 桂枝加竜骨牡蛎湯
冷え・動悸・不眠・抑うつ傾向:柴胡桂枝乾姜湯
不定愁訴・冷え・月経不順・不安・不眠:加味逍遙散(婦人だけでなく男性にも効果あり)

出典:自律神経失調症には何が効くんですか - 多くの患者は内科ではなく心... - Yahoo!知恵袋

1ページ目/10ページ, 1件目〜12件目/114件

< 前に戻る123456789

自律神経失調症カラダシェアメモ

自律神経失調症のメカニズム

目前に捕食動物が現れたり、敵との闘争が必要な状況下になると、副腎髄質よりアドレナリンなど神経伝達物質が分泌され、交感神経を興奮させる。交感神経は脈拍や呼吸数の増加、体温の上昇などの反応を引き起こし、身体を予想される激しい活動に備えた状態にする。このため交感神経は「闘争と逃走の神経」などとも呼ばれる。
一方で副交感神経は、睡眠や休息を行う時に活性化し、脈拍や呼吸数の低下、身体の弛緩など、身体をリラックスさせ、休息に適した状態にする。睡眠や安静には、副交感神経の活動が必須である。
健康な状態では、これら相反する2つの神経活動の綱引きのバランスが保たれ、身体は問題なく休息と活動のそれそれに適した状態に移行できる。しかしなんらかの理由により、これらの神経活動の調和が崩れ、休息し入眠したいのに交感神経が活性化し、異常な興奮や発汗で眠れない、また全く正反対に、副交感神経が過剰に活発化し、活動が必要な状況で極端な無気力・無反応になるなどの症状が現れたものが自律神経失調症である。
人体ではおよそ12時間交代でこの二つの神経の優位が入れ替わるとされているが、過労、ストレスなどで脳を休める時間が減ると自律神経が興奮し、結果的に交感神経と副交感神経の優位入れ替わりのバランスが崩れ、自律神経失調症となるとされている。
自律神経の中枢は脳の視床下部というところにあり、この場所は情緒、不安や怒り等の中枢とされる辺縁系と相互連絡していることから、こころの問題も関わってくる。

自律神経失調症 wiki

自律神経失調症(じりつしんけいしっちょうしょう)とは、交感神経と副交感神経の2つから成り立つ自律神経のバランスが崩れた場合に起こる症状の総称のことである。
この病気は1961年ごろに東邦大学の阿部達夫が定義したものであるが、現在も医学界では独立した病気として認めていない医師も多い。疾患名ではなく「神経症やうつ病に付随する各種症状を総称したもの」というのが一般的な国際的理解である。
この病気は実際にはうつ病、パニック障害、過敏性腸症候群、頚性神経筋症候群や身体表現性障害などが原疾患として認められる場合が多く、原疾患が特定できない場合でもストレスが要因になっている可能性が高いため、適応障害と診断されることもある。また、癌などであっても似たような症状が表れることがある。
また、原疾患を特定できない内科医が不定愁訴などの患者に対し納得させる目的でつける、と言う否定的な見解もあり、内科で自律神経失調症と診断された場合は心療内科・精神科などでカウンセリング・投薬治療を受けることを勧められている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/自律神経失調症