エボラ出血熱の原因、症状、治療、解消法、予防まとめ

全身

エボラ出血熱まとめ

1ページ目/4ページ, 1件目〜12件目/37件

予兆・症状
エボラ出血熱

nak 2014/09/30 13:24

生態への影響・流行

2002年4月、世界保健機関 (WHO) は、ガボン北部に生息するニシローランドゴリラの死体からウイルスを発見した。エボラ出血熱の流行地帯に暮らす人々は、ゴリラやチンパンジーなどの野生生物を食用とする習慣があり、また実際に発症した人の中には、発症する直前に森林で野生動物の死体に触れたと証言した者もいることから、ゴリラやチンパンジーも感染ルートの一つとなった可能性がある。 翌年、隣国のコンゴ共和国でエボラ出血熱が発生した際には、人間への感染と同時にゴリラにも多数の感染例が報告され、2002年から2005年の間に約5,500匹ものゴリラが死亡したと報告した。2007年9月12日に発表されたIUCNレッドリストでは、エボラ出血熱による激減および密猟のため、ニシローランドゴリラは最も絶滅危険度の高い Critically Endangered(絶滅寸前)に分類されている。 チンパンジーにいたっては100年前には約200万匹いたと推定されるが、商業目的で密猟や食料にされたり、エボラ出血熱の流行で、現在は約20万匹と推定され、「絶滅のおそれのある種のレッドリスト」に、絶滅危惧IB類として分類されている 。
なお、人以外のゴリラやチンパンジー等の霊長類が人への感染源になっているが、ウイルスの保有宿主ではなく、人間と同様に偶発的に終末宿主になったと考えられている。

出典:エボラ出血熱 - Wikipedia

治療
エボラ出血熱

nak 2014/09/30 13:22

エボラ出血熱ウイルスに対するワクチン、ならびに、エボラ出血熱感染症に対して有効な医薬品などは確立されていない。しかしエボラ出血熱に感染した後に回復した元患者には抗体があり、元患者の血液や血清の投与が唯一の有効な治療法とされている。また脱水に対する点滴や、鎮痛剤及びビタミン剤の投与、播種性血管内凝固症候群(DIC)に対する抗凝固薬等の投与が行われている

出典:エボラ出血熱 - Wikipedia

予兆・症状
エボラ出血熱

nak 2014/09/30 13:21

潜伏期間は通常7日程度(最短2日、最長3週間以上)。WHOおよびCDCの発表によると、潜伏期間中は感染力はなく発病後に感染力が発現する。発病は突発的で、発熱、悪寒、頭痛、筋肉痛、食欲不振などから、嘔吐、下痢、腹痛などを呈する。進行すると口腔、歯肉、結膜、鼻腔、皮膚、消化管など全身に出血、吐血、下血がみられ、死亡する。致死率は50 - 90%と非常に高い。

出典:エボラ出血熱 - Wikipedia

予兆・症状
エボラ出血熱

nak 2014/09/30 13:21

原因

2005年12月1日付の英科学誌『ネイチャー』にて、ガボンのフランスビル国際医学研究センターなどのチームの調査によると、 オオコウモリ科のウマヅラコウモリ、フランケオナシケンショウコウモリ、コクビワフルーツコウモリ等が、エボラウイルスの自然宿主とされ、現地の食用コウモリからの感染が研究論文で発表されている。
患者の血液、分泌物、排泄物や唾液などの飛沫が感染源となる。死亡した患者からも感染する。 エボラウイルスの感染力は強いものの基本的に空気感染をせず、感染者の体液や血液に触れなければ感染しないと考えられている。これまでに見られた感染拡大も、死亡した患者の会葬の際や医療器具の不足(注射器や手袋など)により、患者の血液や体液に触れたことによりもたらされたものが多く、空気感染は基本的にない。患者の隔離に関する措置が十分に行われていれば、感染することはない。
なお、レストンでのサルの商業輸入に際して顕在化し、その感染流行により特定されたサルを終末宿主とする「エボラ・レストン株」(現状ではヒトに対する病原性はない)は、空気感染の可能性を濃厚に具現する例として知られているものの、エボラ出血熱の人体間における空気感染の可能性について確定的に定義付けるものとは言えない。

出典:エボラ出血熱 - Wikipedia

予兆・症状
エボラ出血熱

nak 2014/09/30 13:19

エボラ出血熱

エボラウイルスが原因で起こる感染症。「エボラ熱」「エボラウイルス感染症(エボラウイルス病、Ebola Virus Disease、EVD)」とも呼ばれる。インフルエンザ様の症状から全身からの出血まで、その激しい症状と高い病原性(後述)から、最も恐れられている感染症の一つである。
致死率はおよそ50%~90%。ただ、数々の報道によって少々大袈裟に言われているが、90%(厳密には88%)というのは歴史上の最高値であり、まだ医学が発展途上であり、かつ発展途上国で、たった一度だけ確認された致死率である。実際は、高くて60%程度となっている。
また、人から人に感染するにつれ致死率が下がることが知られている。
マールブルグ病、クリミア・コンゴ出血熱、南米出血熱と共に、ウイルスが原因の視覚的な出血症状の見られる「ウイルス性出血熱」として知られている。
日本では、マールブルグ病、ラッサ熱と共に、国際伝染病として、感染者の強制報告や感染確認時の隔離病棟への隔離など、厳しい処置がとられる感染症の一つとなっている。

出典:エボラ出血熱 - Wikipedia

予兆・症状
エボラ出血熱

nak 2014/09/30 13:15

エボラウイルスは、感染者の体液が被感染者の粘膜に触れることで感染する。つまり、血液や汗、尿といった体液の中にあるエボラウイルスが目や口、鼻孔、耳、生殖器部や傷口に接触しない限り、感染はしない。

言い換えれば、感染はすれ違う程度の通常の接触ではなく、より頻繁な接触がある場合にのみ起こる。西アフリカで患者が多いのは、頻繁に接触する医療従事者や身内の患者の世話をする家族が感染するからだ。
アメリカ疾病管理予防センター(CDC)はエボラ出血熱関連のページを更新し、感染者との通常の接触は「リスクが低い」とした。CDCでは「通常の接触」を「推奨されている防護服を着用しないで約1メートル以内、あるいは長時間室内や医療地域内で接触」、もしくは「推奨されている防護服を着用しないでエボラ出血熱患者と直に瞬間的に接触(握手など)」と定めている。

公衆衛生の環境が整っている先進国の病院では、マスクや手袋、保護服や隔離室といった予防策を取ることで簡単に感染を防ぐことができる。

西アフリカの医療従事者は地域の住民に、石鹸と水で手洗いし、患者は家族で世話をせずに診療所に連れてくる、感染のリスクを最小限におさえるためにエボラ出血熱で死んだ人々の遺体は埋葬する、などの重要性を教えている。

出典:エボラ出血熱、世界で蔓延するデマ 空気感染する? 臓器が溶ける?

治療
エボラ出血熱

nak 2014/09/30 13:12

エボラ出血熱患者に薬 富士フイルム発表

富士フイルムは、グループ会社が開発したエボラ出血熱には未承認ですが、治療には効果が見込めるとされる薬が、緊急対応としてフランス人の患者に初めて投与されたことを発表しました。

発表によりますと、富士フイルムのグループ会社の富山化学工業が開発し、エボラ出血熱の治療にも効果が見込めるとされる薬の「ファビピラビル」が、エボラ出血熱の患者でフランス人の女性に投与されたということです。
この薬はエボラ出血熱の治療薬としては承認されていませんが、今回はフランスの政府機関の要請を受けて日本政府と協議した結果、緊急対応として今月19日からエボラ出血熱の患者に初めて投与されたということです。
薬の投与を受けたフランス人の患者は、西アフリカのリベリアで医療活動に従事していた看護師の女性で、現在はフランスで治療を受けているということです。
エボラ出血熱を巡っては、安倍総理大臣が日本時間26日未明、ニューヨークで開かれた国連の会合で、日本企業が開発した効果の見込める薬の提供などを行う考えを示していて、富士フイルムは、今後も患者に提供できるかについて引き続き協議するとしています。富士フイルムによりますと、今回の投与は、ほかの未承認薬と併用する形で行われているということで、症状が改善しているかどうかは「メーカーの立場からはコメントできない」としています。
この薬はインフルエンザの治療薬ですが、重い副作用を引き起こす可能性があることから、厚生労働省が条件付きで承認したものです。

出典:エボラ出血熱患者に薬 富士フイルム発表 NHKニュース

治療
エボラ出血熱

nak 2014/09/30 13:12

ワクチン、年明け本格使用も WHOが見通し

2014.9.28 15:12
世界保健機関(WHO)は28日までに、西アフリカで流行するエボラ出血熱の開発中のワクチンについて、安全性が確認されれば年明けにも一般患者らに本格使用できるとの見通しを示した。

使用が検討されているのは2種類。うち英製薬大手グラクソ・スミスクラインと米国立衛生研究所(NIH)が共同開発しているワクチンは、年明けまでに1万人分が使える状態になるとしている。WHOは、ワクチンの安全性を確認した上で、11月にも医療関係者らへの使用を開始し、年明けには一般の患者にも門戸を広げたい考えだ。

ただ、WHOのキーニー事務局長補はワクチンの安全性について「サルへの実験では非常に良い結果が得られているものの、サルは人ではない」として、慎重に見極める方針だ。

米疾病対策センター(CDC)は、対策が強化されなければ感染者数が来年1月までにリベリアとシエラレオネだけで55万~140万人に達すると推計している。(共同)

出典:【エボラ出血熱】ワクチン、年明け本格使用も WHOが見通し - MSN産経ニュース

予兆・症状
エボラ出血熱

nak 2014/09/30 13:09

エボラ出血熱の治療・致死率

現時点ではウイルスに対する治療はありません。発熱などの症状と出血症状に対する治療になります。さらに、ワクチンもありません。自分の免疫力で抗体で回復に向かっていきます。

死亡する率(致死率)は非常に高く、25%~90%。
100名以上の患者が発生した流行の時に致死率は
1976年 スーダン     53%
1976年 コンゴ民主共和国 88%
1995年 コンゴ民主共和国 81%
2000年~2001年 ウガンダ 53%
2003年 コンゴ民主共和国 90%
2007年 コンゴ民主共和国 71%
2007年 ウガンダ     25%
でした。

出典:エボラ出血熱の原因・症状・予後 [感染症] All About

治療
エボラ出血熱

nak 2014/09/30 13:08

エボラ出血熱の診断・検査

血液検査では、白血球や血小板の数が減少します。エボラ出血熱の診断には、ウイルスの遺伝子を検出する遺伝子増幅検査(PCR)、ウイルスの一部を検出する抗原検査、免疫反応を検出する抗体検査が必要になります。日本では、国立感染症研究所でないと検査が難しい状況です。まずは、渡航歴を知った上で、疑うことから検査になります。

出典:エボラ出血熱の原因・症状・予後 [感染症] All About

予兆・症状
エボラ出血熱

nak 2014/09/30 13:08

エボラ出血熱の症状

症状の特徴は、インフルエンザのような症状と出血です。感染してから発症まで2~21日で、血液による感染は発症が早いです。
・発熱
・頭痛、腹痛、咽頭痛、筋肉痛、胸痛
・発疹
・腎障害、肝障害
などのインフルエンザでもみられるような症状があります。
・吐血
・歯肉からの出血
・消化管からの出血である下血
などの出血傾向が約70%の方に見られ、それが致死的になります。さらに下痢や衰弱が見られます。肝臓で原因ウイルスが増えるために、肝臓が大きくなり(肝腫脹)、右の脇の下の痛みと打診すると痛みがあります。

出典:エボラ出血熱の原因・症状・予後 [感染症] All About

原因・予防
エボラ出血熱

nak 2014/09/30 13:07

エボラ出血熱の原因ウイルス

エボラ出血熱の原因は、「エボラウイルス」というウイルスです。フィロウイルス科のウイルスで、短径が80~100nm 、長径が700~ 1500nm という、長細い形をしています。U 字状であったり、ひも状であったり、植物のぜんまいのような形だったりします。

出典:エボラ出血熱の原因・症状・予後 [感染症] All About

1ページ目/4ページ, 1件目〜12件目/37件

< 前に戻る1234