痔(じ)の原因、症状、治療、解消法、予防まとめ

痔(じ)まとめ

1ページ目/4ページ, 1件目〜12件目/44件

治療
痔(じ)

nak 2014/09/23 18:44

痔に効くツボ

・肝兪(かんゆ)
痔の原因は、肛門付近にある痔静脈(じじょうみゃく:血管)の静脈瘤(じょうみゃくりゅう:血管にできるコブ)です。

痔静脈は門脈(もんみゃく)と呼ばれる肝臓へ入る静脈の一つで、肝機能が落ちたり、肛門の周囲に常に圧力がかかると"うっ血"して痔静脈がコブのように膨らみます。

肝兪(かんゆ)への刺激でこの門脈の流れが良くなるとうっ血しにくくなり、痔の症状が徐々に改善されていきます。

出典:いぼ痔_切れ痔 - こう鍼灸院(名古屋市東区にある、はり・きゅう専門治療院)

治療
痔(じ)

nak 2014/09/23 18:43

痔に効くツボ

・承山(しょうざん)
承山(しょうざん)の「承」は両手を上にかかげて物を支える状態で受けることを意味し、「山」は下腿で体を支える作用が最も強いふくらはぎの筋肉を意味しています。

ふくらはぎの筋肉は血管を収縮させ心臓に血液を戻すポンプの役割をしていますが、このツボはうっ血して流れの悪くなった血液を押し流してくれる効果があります。
承山は足のむくみが気になる方や、血管系の疾患を抱えている方に非常に効果的なツボのひとつです。

出典:いぼ痔_切れ痔 - こう鍼灸院(名古屋市東区にある、はり・きゅう専門治療院)

治療
痔(じ)

nak 2014/09/23 18:42

痔に効くツボ

・大腸兪(だいちょうゆ)
大腸の兪穴(ゆけつ)、兪穴とは、「兪」の字は木を刀でくり抜く意味が派生し、「抜き取る」の意味が生まれ、病の元になる邪気を抜き取って癒す意味になったと言われています。

大腸兪は大腸の病気、便秘、下半身の冷えなど、実に様々な場面で効果を発揮します。
なかでも、痔に対しては血流を良くすることで、血流が低下してうっ血した痔核が小さくなることが期待できます。

出典:いぼ痔_切れ痔 - こう鍼灸院(名古屋市東区にある、はり・きゅう専門治療院)

治療
痔(じ)

nak 2014/09/23 18:41

痔に効くツボ

・天枢(てんすう)
「天」は上部を指し、「枢」は中枢を指します。
つまり、天枢(てんすう)とは「要(かなめ)」のツボなのです。

また、天枢は「天地の気の往来の中枢」という意味を持ち、大腸の募穴(ぼけつ)といって、大腸にとっても非常に重要なツボなのです。

下痢や便秘、大腸の疾患または秘尿・生殖器とも関係が深く、特に慢性的な腸の不調には大変効果的です。

出典:いぼ痔_切れ痔 - こう鍼灸院(名古屋市東区にある、はり・きゅう専門治療院)

治療
痔(じ)

nak 2014/09/23 18:41

痔に効くツボ

・孔最(こうさい)
孔最(こうさい)は「肺の気を全身にめぐらせる」ことから名づけられたツボで、呼吸系や皮膚系の治療によく用いられます。

東洋医学では「大腸と肺は、表と裏の関係にある」ので、大腸の病気であっても孔最を使うこともあります。

孔最は急性期の症状が激しい病気には驚くほど効果があり、軽い喘息発作は孔最だけですぐに止まりますし、特に痛みや出血の激しい痔の時にも効果が高いです。

出典:いぼ痔_切れ痔 - こう鍼灸院(名古屋市東区にある、はり・きゅう専門治療院)

治療
痔(じ)

nak 2014/09/23 18:40

痔に効くツボ

・肩井(けんせい)
東洋医学では「人の内臓は買い物袋のような袋に入っていて、その袋(=臓器)を肩で支えている」と考えられています。
様々な臓器の異常が肩に影響を及ぼすもこのためです。

大腸は内臓群の中でも最下部にあるため他の内臓の影響を受けやすく、充血や血行不良から潰瘍や痔を引き起こすのです。

肩井(けんせい)のツボを刺激すると内臓群が下がりにくくなるため、結果として臓器全体が正常に働くようになるのです。

出典:いぼ痔_切れ痔 - こう鍼灸院(名古屋市東区にある、はり・きゅう専門治療院)

治療
痔(じ)

nak 2014/09/23 18:39

痔に効くツボ

・百会(ひゃくえ)
「百」には1から100まで、つまり「全て」という意味があり、全ての経絡が交わり会するツボです。
ツボは「経穴」と書きますが、経穴(ツボ)同士を結ぶ「川のような流れ」を経絡といいます。
百会は痔疾(ぢ)に対して著明な効果があります。
他にも、脳血管障害や自律神経失調症、不眠症などにも効果が高いと言われます。

出典:いぼ痔_切れ痔 - こう鍼灸院(名古屋市東区にある、はり・きゅう専門治療院)

治療
痔(じ)

nak 2014/09/23 18:36

痔の相談ができる専門の先生を探す

痔は、肛門科が専門の先生方を中心に診療されています。
肛門科を見つけられない場合でも、かかりつけのお医者さんに相談すれば専門の先生方を紹介していただけます。

内痔核治療法研究会
http://zinjection.net

出典:内痔核治療法剤(ALTA)実施医療機関を紹介「内痔核治療法研究会」

原因・予防
痔(じ)

nak 2014/09/23 18:34

おしりの洗いすぎに注意!
痔を防ぐにはおしりを清潔に保つことが大切ですが、温水洗浄便座で洗いすぎるのはNG。特に、きれいにしようと思って肛門の中まで水を入れている人は、今すぐやめてください。かえって不潔になって、ただれやかゆみを起こす原因になってしまいます。また、紙で強くふきすぎるのも、肛門に負担をかけます。肛門の皮膚は、唇と同じくらいデリケート。温水洗浄便座を使うのは5秒間以内にとどめて、あとは水気をさっと拭く程度にしましょう。

出典:人に言えない痔の悩みに! い〜じ〜net|保存療法

原因・予防
痔(じ)

nak 2014/09/23 18:34

生活療法

痔の治療の基本は、痔の原因となる生活習慣を改善すること。どの段階の痔であっても、大切なことです。痔が治ってからも、再発を防ぐために、生活習慣に気をつけましょう。
・便秘をしないように気をつける
・下痢をしないように気をつける
・トイレで強くいきまないようにして、排便は3分以内に
・おしりをいつも清潔に保つ
・毎日おふろに入る
・腰を冷やさないようにする
・長時間の座りっぱなし、立ちっぱなしはやめる
・辛いもの、アルコールなどの刺激物は控える
・食物繊維や水分をしっかりとる
・手軽にできる運動を、毎日行う
・ストレスをため込まないようにする

出典:人に言えない痔の悩みに! い〜じ〜net|保存療法

予兆・症状
痔(じ)

nak 2014/09/23 18:33

痔と間違えやすい病気

・潰瘍(かいよう)性大腸炎
どんな病気?
大腸の中でもとくに直腸から始まることが多く、原因不明の炎症を起こす炎症性腸疾患です。直腸の粘膜がただれて、それが次第に大腸全体にまで広がっていくこともあります。早期の段階で適切な治療を受ければ症状は治まりますが、再発しやすく、完治が難しいのがこの病気の特徴です。

なぜ間違えやすい?
「潰瘍性大腸炎」は炎症部位からの出血のために、粘液の混じった粘血便が出ることがあり、内痔核とよく間違えてしまうことがあります。また、下痢や腹痛、発熱や貧血などの症状もみられます。

出典:潰瘍(かいよう)性大腸炎|じなび - 痔の総合情報サイト -

予兆・症状
痔(じ)

nak 2014/09/23 18:32

痔と間違えやすい病気

・大腸ポリープ
どんな病気?
大腸の粘膜にできる隆起物を「大腸ポリープ」といいます。大腸ポリープ(直腸ポリープも含む)にはいろいろな種類があり、そのままにしておくと、がんになるものもあります。また、ポリープが大きくなるとがん化する率が上がるため、ポリープが見つかったら、切除して病理学的に調べます。

なぜ間違えやすい?
大腸ポリープは、何も症状が現れない場合が多く、検診など何かの折に偶然発見されるということも少なくありません。とくに大腸ポリープの場合の出血は痛みがなく、内痔核と間違える可能性が高いので、内痔核の人はとくに注意する必要があります。しかし、肛門に近い直腸ポリープの場合、出血や残便感といった自覚症状が現れることもあります。

出典:大腸ポリープ|じなび - 痔の総合情報サイト -

1ページ目/4ページ, 1件目〜12件目/44件

< 前に戻る1234