パーキンソン病の原因、症状、治療、解消法、予防まとめ

パーキンソン病まとめ

1ページ目/7ページ, 1件目〜12件目/78件

解消
パーキンソン病

nak 2014/08/23 19:03

ストレスを伴ったパーキンソン病の漢方症例

男性 52歳 パーキンソン病              
5年前にパーキンソン病と診断されました。しばらくは落ち着いていたのですが、だんだん症状が悪化してきました。
服用している西洋薬の量も増えてきて、このままではよくないと思い漢方薬も併用したいとのことで来店しました。

最近では、パーキンソン病の症状が進行し左側の手足が震えたり動きづらいなどの症状がひどくなっています。
また、精神的にイライラしたり不安になったりするとより症状が悪くなります。足もつりやすくなり歩きにくいとのことです。

この方は、中肉中背で冷えなどの症状もなく、胃も弱くはありません。こうしたことから中間タイプと判断し、中間タイプに用いる処方でストレスを和らげパーキンソン病の症状を改善する漢方薬を処方しました。

始めの一ヶ月はあまり変化が見られないとのことでしたが、何となく精神的なイライラや不安感が楽になった気がするとのことでした。
その後も同じ処方を継続していただきました。3ヶ月後には手足の振るえや足のつる症状が落ち着いてきました。
西洋薬の服用量も少し減らしてみたけどあまり影響が出なかったとのことです。

現在も、同じ漢方薬を続けて服用されていますが、パーキンソン病の症状は落ち着いています。

出典:パーキンソン病の漢方の実例

解消
パーキンソン病

nak 2014/08/23 19:02

不眠や神経症状を伴ったパーキンソン病の漢方症例
女性 72歳 パーキンソン病

長いパー間キンソン病で悩んでいる方です。
手の振るえが強く、身体の節々が痛みます。イライラ、不安感も強く、夜は痛みや不安感で寝ることができません。

足の筋肉がこわばって歩行のときは、思うように足が動かずに転びそうになることもしばしばです。

この方は、やや小柄ですが体格は普通で特に冷え性などの症状もなく中間タイプと判断できます。そこで、中間タイプの方に用いる処方で、精神を安定させて手足の筋肉のこわばり和らげ、パーキンソン病を改善する漢方薬を処方しました。

最初は、顆粒タイプの漢方薬を服用していただいたのですが、2ヶ月服用してもあまり効果は見られません。

そこで、ご本人と相談して、煎じ薬に変更しました。

一ヵ月の服用でイライラや不安感が軽くなってきたとのことです。痛みもやや改善し、以前よりは熟睡できるようになってきました。

その後も同じ処方を続けて、半年後には大分改善されてきました。
最近では、医師と相談して西洋薬の量も少しずつ減らすように調節しているとのことです。

出典:パーキンソン病の漢方の実例

解消
パーキンソン病

nak 2014/08/23 19:01

鍼灸で解消

K.Kさん 57歳男性 
平成11年5月頃より左の手足にふるえが出始め、翌年9月からは右側にもふるえが見られるようになった。平成12年10月に病院でパーキンソン病との診断された。平成15年6月の初診時、歩行はそれほど問題ないが、カルテの記入文字は小字、口調も小声で単調となっておりパーキンソン病特有の症状を呈している。仕事の方はまだまだ現役で海外出張も頻繁にあり、会議でのスピーチ時などは緊張してふるえがひどくなると言う。出張で治療の間隔が開くと疲れもたまり症状が増強するが鍼灸治療を受けると「本当に身体が軽くなる」ようで毎週1回通っている。

出典:パーキンソン病の鍼灸治療の症例と実績/ 若性パーキンソン病

解消
パーキンソン病

nak 2014/08/23 19:01

鍼灸で解消

I.Tさん 66歳女性
平成4年より右手足のふるえが始まり、パーキンソン病との診断を受ける。初診時、特に脚のふるえにより歩きにくくなるのが辛い。ほかの症状は目覚めやすい・たまにめまいがする・頭重感・疲れやすい・便秘気味、等がある。鍼灸治療としては、自律神経や循環を調整してこれらの症状を軽減させ、そして筋の固縮を和らげて歩きやすくすることを主眼に行う。薬物療法は個人差もあるが、服用年数が長くなると効く時間が短くなったり、効く程度がかるくなったり、あるいは10年以上だと効きが悪くなったりすることがある。その場合に鍼灸と組み合わせて治療を継続すれば、薬の量を維持できたり、効きを持続させたりなど、比較的よい状態を保つことができる。この方も薬が切れると振戦が強くなるが、パーキンソン病の薬が効いている間は落ち着いており、時間はかかるが自分ひとりで大体のことはできている。

出典:パーキンソン病の鍼灸治療の症例と実績/ 若性パーキンソン病

解消
パーキンソン病

nak 2014/08/23 19:01

鍼灸で改善

K.Mさん 65歳男性 
平成7年6月、最初は本を持つ手が震えだし、翌年3月歩行時左足を引きずるようになり、さらに左上腕部の固縮も出始める。平成8年にパーキンソン病と診断された。翌年5月よりパーキンソン病の薬l-ドーパ製剤を1日2錠飲み始めるが、症状は緩やかに進行し、徐々に薬の種類(ドーパミンアゴニスト、抗コリン薬)と量(4錠、7錠/日)が増えていく。初診は同15年2月で所見はふるえ・固縮・すくみ足・動作緩慢など。鍼治療後は筋肉がほぐれ動きやすくなる。日によって体調の変動があり、良い時は動作もスムーズで一人で歩くことができ、表情も柔らかい。薬との相互作用もあるが、本人は「症状は平衡状態」と言っている。性格的に几帳面なところがあるが、コンスタントに週1回の鍼灸治療を受け、今のところ転ぶこともなく調子はいいようである。

出典:パーキンソン病の鍼灸治療の症例と実績/ 若性パーキンソン病

解消
パーキンソン病

nak 2014/08/23 19:00

鍼灸で改善

I.Wさん 67歳女性 
週に1度家族の方の付き添いで遠方から車で通って来られる。10年ほど前から「手先の細かな仕事ができなくなってきた」という。平成9年に「パーキンソン病」と診断された。一番辛いのは薬が切れるとふるえてしまい、足がつりそうになること。平成14年10月の初診とき、姿勢は前傾気味で歩き出すのに時間を要する。また右でん部に疼痛を訴えるときがある。以前に右大腿骨を骨折したことがあり、それが原因ではないかと家族の人が心配していたが、直接的にはやはりパーキンソンの症状である筋固縮が古傷の痛みを増強していると考えられる。ただでさえ日常動作に不自由している上に、痛みまで出てしまうのは大変である。この場合は鍼灸で痛みを緩和または除去するように併せて治療して、パーキンソン病の患者のQOLをが少しでも向上できるようなアプローチをとっていく。

出典:パーキンソン病の鍼灸治療の症例と実績/ 若性パーキンソン病

解消
パーキンソン病

nak 2014/08/23 19:00

鍼灸 改善

H.Hさん 68歳女性 
平成9年手足に力が入らなくなり、同11年左側の手足にふるえが出始め、翌年には右側もふるえだした。病院でパーキンソン病と診断され内服薬を処方される。平成12年11月初診とき、「パーキンソン病」と言われ相当ショックを受けたらしく落ち込んだ表情でやってきた。睡眠は目覚めやすく、左側の手足にむくみが出る。なるべく薬を飲みたくないという本人の強い希望があり、週2回のペースで通院する。鍼灸治療が合っているようで、すぐに睡眠も取れるようになり、むくみも循環がよくなることにより改善された。「静止時は震度3くらい揺れている」というがそれでもパーキンソン病の薬を服用しないで過ごせる方を選択している。薬を飲めば諸症状が抑えられるが、逆に症状を少し我慢することで薬を飲まないでいられるという好例を見させてもらっている。平成17年5月現在、週1度来院しているが最近は初診の頃に比べ精神的にかなり落ち着き「2kg体重が増えた」と言っており、見た目も明るく元気である。

出典:パーキンソン病の鍼灸治療の症例と実績/ 若性パーキンソン病

解消
パーキンソン病

nak 2014/08/23 18:58

漢方 改善

7~8年前にパーキンソン病と診断されました。
これまで、病院で処方された西洋薬を服用してきましたが、胃がもたれてしまい身体に合わないとのことです。

それでも無理に服用していたのですが、最近ではあまり効果を感じなくなりました。
そんなおり、ホームページで当店を知り、できれば漢方薬も併用してみたいとのことで来店しました。

体型は小柄で中肉、冷え性で神経質、イライラや精神不安があります。
手足の振るえは以前よりひどくなっています。

この方は、冷え性で疲れやすいなどの状態から虚弱タイプと判断し、虚弱タイプの処方で精神的な緊張を和らげパーキンソン病を改善する漢方薬を処方しました。

一ヶ月の服用後、症状には変化は見られませんでしたが、手足が温まってきた感じがするとのことでした。

そのまま同じ処方を継続し、3ヵ月後にはイライラや精神不安が改善してきました。
手足の震えも少しよくなっています。

その後も同じ漢方薬を続けて、少しずつですがパーキンソン病の症状は落ち着いてきています

出典:パーキンソン病の漢方の実例

治療
パーキンソン病

nak 2014/08/23 18:56

漢方療法の特徴・効果・副作用

パーキンソン病とは原因不明の難病で、発症すると手足の震えや歩行困難などの症状が見られます。これらの症状は、主に脳のドーパミンが不足する事によって引き起こされる症状です。

現在の医学では、パーキンソン病を完治する治療法はなく対症治療になります。

パーキンソン病の治療法は、薬物治療が主に行われています。しかし、薬の副作用が強く出たり、長年服用していると次第に薬が効かなくなってきます。
パーキンソン病と診断された初期の段階から、薬は最小限にとどめる事が重要になってきます。

そこで、薬物療法の他に漢方療法を活用するという治療もあります。
パーキンソン病は一度発症すると、一生付き合っていかなければならない病気です。
その為に初期段階からしっかりとした治療プランを立て、症状の緩和や進行を遅らせる努力が必要です。

漢方療法で、パーキンソン病のさまざまな症状が緩和、改善されたという報告はたくさんあります。

出典:http://www.パーキンソン病.net/cont1/kanpou.html

治療
パーキンソン病

nak 2014/08/23 18:56

パーキンソン病の治療法の一つに鍼灸治療があります。

鍼灸は頭や首などにあるツボに鍼灸する事で、脳の血流を改善しパーキンソン病の症状改善に努める方法です。
手足や背中のツボを刺激し、自律神経の働きも改善しパーキンソン病の症状を緩和させる効果があります。

鍼灸治療の効果はすぐには現われるものではありません。
治療を続けるうちに、パーキンソン病の症状を緩和、改善したり、症状の進行を遅らせる事が目的の対処法です。
薬や手術などの治療法と同様に、鍼灸でパーキンソン病が完治するものではありません。

鍼灸で効果のあった具体的な例を挙げると、まず歩行困難が改善されます。
特にまだ症状の軽い方に効果があります。

薬の副作用を軽くする効果や、薬の効果が持続する時間を長くする効果もあります。
パーキンソン病の方に多い、肩や背中の懲りが解消されたり、自律神経失調症の改善、うつ病の改善にも効果があります。

出典:http://www.パーキンソン病.net/cont1/sinkyuu.html

原因・予防
パーキンソン病

nak 2014/08/23 18:54

コーヒーはパーキンソン病を予防する

以前からコーヒーはパーキンソン病を予防すると言われていました。これまで発表された約20の調査研究では、ほとんどがコーヒを飲むとパーキンソン病のリスクが低くなることを示しています。2006年に発表されたアジアやアメリカなど五カ国の調査の集計分析では、コーヒーを飲む人はパーキンソン病になる割合が11%~55%低下していました。これらの結果を分析して、コーヒーはパーキンソン病になる割合を31%低下させると結論を出しています。最近(2012年)の約30万人ものアメリカ人の調査では、多くコーヒーを飲む人は少ない人に比べて、男性で25%、女性で40%パーキンソン病になる割合が減少していました。パーキンソン病の予防効果は、コーヒーに含まれるカフェインの量と比例しています。

出典:コーヒーはパーキンソン病を予防する: 中谷一泰のがんとボケの予防

原因・予防
パーキンソン病

nak 2014/08/23 18:52

予防のためにしておきたい3つの事

1. しっかり運動する

パーキンソン病の予防には運動が有効とされていますが、軽い運動ではあまり効果が見られません。しっかりと動くことが重要ですので、例えばウォーキングではなくランニング、水泳やテニスやエアロビクスのような少々体に負荷のかかるものが向いています。柔軟体操でも時間をかけてしっかり行うものであれば効果は期待で来ます。

2. コーヒーを飲む

カフェインは避けた方が良いとされてきましたが、最近ではコーヒーが予防に効果ありとされています。この場合はカフェインの濃度や量がカギとなります。明らかに濃度の高いものではなく、家で手軽に淹れられるタイプのもので、一日2~3杯を上限とする程度が効果的です。

3. ドーパミンが増えるようなことをする、見る、聞く

ドーパミンは、幸福感や快感を司る物質だと言われています。とても楽しいと思っている時や、幸せを感じている時などには脳の中でたくさん出て来ているのです。これが減る事でパーキンソン病が起きると言われていますので、増やす努力を日常からして行きましょう。

たとえば、楽しい事を見聞きしてたくさん笑う。楽しい事がやってくるのを待つのではなく、自分から探してみる。ひとつ見つけたら自分をほめてみる。知らない事を知るのは知能を使って生きる人間にとって大きな喜びですから、新しいことにチャレンジするのも良いことです。

出典:パーキンソン病の予防のためにしておきたい3つの事 | 健康生活 – 元気の秘訣を毎日お届け

1ページ目/7ページ, 1件目〜12件目/78件

< 前に戻る1234567

パーキンソン病カラダシェアメモ

運動合併症とは

パーキンソン病の初期は、お薬でうまく治療できますが、進行するにつれて、薬が効かない時間が出てきたり (ウェアリング・オフ現象)、薬が効きすぎて意思に反して手足が勝手に動いたり(ジスキネジア)といった問 題が出てきます。これらを運動合併症と呼びます。

・ウェアリング・オフ現象
パーキンソン病が進行すると、薬が効く時間が短くなり、次のお薬を飲む前に効果が切れるウェアリング・オフ 現象など、1日のうちで薬の効くとき(オン)と効かないとき(オフ)がみられるようになります。

・ジスキネジア
意思に反して手足などが勝手に動く症状で、薬の濃度が高くなった時に発現することが多いです。強さの程度はさまざまで、動作の邪魔になるほど強いジスキネジアから、患者さん自身が気にならない軽いものまであります。気にならないものであれば対処する必要はありません。

パーキンソン病 wiki

パーキンソン病(パーキンソンびょう、英: Parkinson's disease)は、脳内のドーパミン不足とアセチルコリンの相対的増加とを病態とし、錐体外路系徴候(錐体外路症状)を示す進行性の疾患である。神経変性疾患の一つであり、その中でもアルツハイマー病についで頻度の高い疾患と考えられている[1]。日本では難病(特定疾患)に指定されている。本疾患と似た症状を来たすものを、原因を問わず総称してパーキンソン症候群と呼ぶ。本症はパーキンソン症候群の一つであるということもできる。
中年以降の発症が多く、高齢になるほどその割合も増える。主な症状は安静時の振戦(手足のふるえ)、筋強剛(手足の曲げ伸ばしが固くなる)、無動・動作緩慢などの運動症状だが、様々な全身症状・精神症状も合併する。進行性の病気だが症状の進み具合は通常遅いため、いつ始まったのか本人も気づかないことが多く、また経過も長い。
根本的な治療法は2012年現在まだ確立していないが、対症的療法(症状を緩和するための治療法)は数十年にわたって研究・発展しており、予後の延長やQOLの向上につながっている。また20世紀末ごろから遺伝子研究・分子生物学の発展に伴いパーキンソン病の原因に迫る研究も進んでおり、根本治療の確立に向けての努力が行われている。
2014年4月7日、原因となる細胞内の異常を除去する際に作り出される物質を突き止めたと、東京都医学総合研究所所長田中啓二、プロジェクトリーダー松田憲之らの研究チームが発表した。この物質の増加を検査で確認できれば、パーキンソン病を早期発見できる可能性がある。

http://ja.wikipedia.org/wiki/パーキンソン病