アルツハイマー病の原因、症状、治療、解消法、予防まとめ

アルツハイマー病まとめ

1ページ目/6ページ, 1件目〜12件目/65件

原因・予防
アルツハイマー病

nak 2014/08/23 17:03

アルツハイマーの予防術その3

「生活習慣病にならない食生活」
ヨーロッパで3年前に発表された、1449人を20年に渡って追跡した研究によると、以下の項目があるとアルツハイマー病を中心とした認知症の危険度が増すことがわかりました。

・高血圧
危険度1.97倍

・高コレステロール
危険度1.89倍

・肥満
危険度2.09倍

・上の3つすべてにあてはまる場合
危険度6.21倍

なぜこのような結果になったのか、理由はまだ完全にはわかっていません。しかし、これらの状態は脳への血流に影響を与えたり、βタンパクを溜まりやすくしたりすることによって、アルツハイマー病になりやすくするのではないかと考えられています。

【まとめ・アルツハイマー病予防の3原則】
有酸素運動をする話し相手を持つ 生活習慣病にならない食生活

出典:予防効果8倍!アルツハイマー病制圧3原則 : ためしてガッテン - NHK

原因・予防
アルツハイマー病

nak 2014/08/23 17:02

アルツハイマーの予防術その2

「話し相手を持つ」
8年前にヨーロッパで発表された研究によると、1203人を3年間追跡した結果、家族や友達が多く社会的接触が多い人に比べ、乏しい人は認知症の発症率がおよそ8倍でした。
その理由として、会話をすることによって脳が活性化し、アルツハイマー病になるのを抑える効果があったのではないかと考えられています。

出典:予防効果8倍!アルツハイマー病制圧3原則 : ためしてガッテン - NHK

原因・予防
アルツハイマー病

nak 2014/08/23 17:01

アルツハイマーの予防術その1

「有酸素運動をする」
アメリカで3年前に行われた実験で、「運動しやすい環境に置かれたマウスは、βタンパクがたまりにくい」という結果が示されました。運動によって、脳でβタンパクを分解する酵素が活性化したと考えられています。
グラフ「βタンパク分解酵素の活性」
「運動」がアルツハイマー病を予防する効果があることは、大規模な調査でも明らかにされています。たとえば、ヨーロッパで3年前に行われた調査では、1449人を20年にわたって追跡した結果、適度な運動をしている人は、していない人よりも、アルツハイマー病の危険度がおよそ3分の1になっていることが明らかになりました。
なお、予防効果が見られたのは、1回20分以上の、ちょっと汗ばむ程度の運動(有酸素運動)を週に2回以上行っている人たちでした。

出典:予防効果8倍!アルツハイマー病制圧3原則 : ためしてガッテン - NHK

原因・予防
アルツハイマー病

nak 2014/08/23 17:00

脳では何が起きているのか

脳は場所によって役割が分かれています。たとえば、「記憶を担当する」場所、「見たものが何であるかなどを分析する」場所、それらの情報を総合して「何をするか決定する」場所、などです。
アルツハイマー病にかかると、蓄積したβタンパクによって脳がダメージを受けます。ただし、脳には、βタンパクによる影響を受けやすい場所と、受けにくい場所があると考えられています。
まず影響を受けるのは、記憶を司る海馬(かいば)の周辺です。そのため、アルツハイマー病の最初の症状として、まず記憶障害が起きることが多いのです。
その後、影響は脳の後ろ側に広がっていきます。ここは、「見たものが何であるか」を分析するなどの働きがあるため、そうした働きが衰えてきます。
その一方で、「行動の決定」や「会話」などを主に担当する脳の前の部分は、病気がある程度進行するまでβタンパクの影響を受けにくい傾向があります。
そのため、「会話では異常を感じない」にもかかわらず、「普段なら見間違えるはずのないものを見間違えてしまう」などということが起きるのです。
※アルツハイマー病の症状には個人差があります。必ず上のように進行するわけではありません。

出典:予防効果8倍!アルツハイマー病制圧3原則 : ためしてガッテン - NHK

原因・予防
アルツハイマー病

nak 2014/08/23 16:59

「発見!これが原因物質!?」

アルツハイマー病の患者さんの脳を顕微鏡で見てみると、茶色いシミのようなものがたくさんあります。これは「β(ベータ)タンパク」という物質が溜まったものです。βタンパクは、脳の神経細胞が作るいわば「ゴミ」のようなもので、現在アルツハイマー病の主な原因と考えられています。
顕微鏡写真「βタンパク」
通常、βタンパクは脳の中にある酵素などが掃除してくれますが、ある要因でこの酵素が減ってしまうと、脳の中にどんどんたまってしまうのです。その要因とは、なんと「加齢」。ということは、だれでも年をとるとアルツハイマー病からは逃れられないのでしょうか?
※βタンパクがたまっても、すぐアルツハイマー病を発症するわけではありません。
※アルツハイマー病の原因には多くの仮説があり、いまだ確定していません。しかし現在、βタンパクを主な原因とする説が世界中の学会で主流であり、治療薬の開発もこの説に基づいて行われています。

出典:予防効果8倍!アルツハイマー病制圧3原則 : ためしてガッテン - NHK

原因・予防
アルツハイマー病

nak 2014/08/19 02:10

認知症の予防には以下の4つが大事です。

・魚・野菜・果物を多めにした食事
・一日30分以上の定期的な運動
・タバコは我慢、お酒はほどほどに
・頭をよく使うこと
私の外来には、80歳を超えても頭の回転が速い患者さんがたくさんいらっしゃいます。その方々は、たいてい、農作業を営んでおり、現役さながらに毎日働いている印象があります。農作業をするということは、身体を動かさなくてはなりませんし、そして自分の作った野菜、果物を多く取ってます。そして、天候に気を配ったり、肥料を選んだり、頭をフル回転しなければたくさんの収穫が望めません。
すなわち、農作業は、”脳”作業であり、認知症の予防を自然に行っているのです。

出典:認知症・アルツハイマー病の予防法 [認知症] All About

原因・予防
アルツハイマー病

nak 2014/08/19 02:09

アルツハイマー型認知症の予防法

・食事
インスリンが増える大きな原因は炭水化物にあります。
炭水化物の重ね食いや、高脂肪な食生活は改めましょう。
また、和食がいい洋食がいいというわけではなく、あくまでも炭水化物が問題ですので、白米とうどんといった炭水化物の組み合わせは良くありません。

・料理
料理を作る際は献立や必要な食材を考え、調理中にもあれこれと頭を使います。
そのため、脳を活性化させる効果がありアルツハイマー病の予防に効果的です。

・有酸素運動
ジョギングや体操など有酸素運動も脳を活性化させる効果があります。
楽しく続けられることが大事ですので、無理のない範囲で取り組んでみましょう。

・短時間の昼寝
30分以内の昼寝は認知症予防に効果があるという報告があります。
長時間眠ってしまうと 夜の睡眠の妨げになり逆効果になってしまうそうなので短時間の睡眠に留めることがポイントです。

予防法の効果
軽度認知障害の方々が予防活動をしたところ、18人中16人が正常にまで回復したそうです。
進行の速さには個人差がありますが、一般的に放っておけば徐々に悪化してしまうことがほとんどです。
しかし、予防法をきちんと実践していれば改善することが可能だという嬉しい結果が出ています。

出典:http://物忘れ.net/news/tamesitearutu.html

原因・予防
アルツハイマー病

nak 2014/08/19 02:08

アルツハイマーの予防

【どんな運動が効果的か】
<効果的な運動方法とは>
・ウォーキングや軽いジョギング、サイクリングやエアロバイク(自転車こぎ)などの有酸素運動が良い。
・強い運動を週1回やるよりも、30分程度の運動を週3~4回程度おこなうことが大切。理想は毎日おこなうこと。
・運動の効果は短期間でみられることもあるが、半年から1年程度は運動を続けることで効果が明確になる。
・義務的におこなうのでなく、楽しみながら運動をすることが大切。
・運動をしながら、同時に脳に負荷をかける(頭を使う)とより効果的。たとえば、からだと脳を同時に使う運動プログラムを開発した国立長寿医療センターでは、ウォーキングや踏み台昇降をしながら100から3を引き続ける計算をしたり、2~3人でしりとりをしながら歩く方法などを推奨している。計算は次第に慣れてしまうので、100から7を引き続けたり、3と9を交互に引くなどの変化をつけ、脳に新しい刺激を与える工夫をしましょう。

出典:アルツハイマー病の予防は運動と睡眠で | はじめよう!ヘルシーライフ | オムロン ヘルスケア

原因・予防
アルツハイマー病

nak 2014/08/19 02:07

アルツハイマー病の予防とは

近年の多くの研究から、アルツハイマー病につながる予兆が、発症の10年~20年以上も前からみられることが分かり、軽度認知障害のような早い段階なら予防や改善が可能だと考えられるようになってきています。とくに効果的とされているのが、運動と睡眠です。アルツハイマー病がちょっと心配という方は、ぜひ実行してみましょう。

出典:アルツハイマー病の予防は運動と睡眠で | はじめよう!ヘルシーライフ | オムロン ヘルスケア

原因・予防
アルツハイマー病

nak 2014/08/19 02:06

アルツハイマーの予防

最近の研究では、アルツハイマー病は生活習慣病の一つと言われるほど、栄養、運動、休養などが発症に大きく関与していることが分かっており、これらを見直すことによって予防したり、発症を遅らせることが医学的にも証明されています。

アルツハイマー病の代表的な症状に「記憶力の低下」がありますが、周りの方が「おかしいな」と気づいて診察を受ける段階では、すでに症状が進んでいることがあります。また、ご自身ではこうした症状に気づかない場合もあります。発症の早期であるMCI(軽度認知障害:Mild Cognitive Impairment)の時点で気付き予防・治療を開始することで、改善の可能性があります。

出典:大切なのは、まず予防、そして早期発見・早期治療 アルツハイマー病DNAチェックプログラム

予兆・症状
アルツハイマー病

nak 2014/08/19 02:04

アルツハイマー病とは

現在、認知症は65歳以上の10人に1人が発症しています。認知症とは症状を指し、原因となる疾患はいくつかありますが、一番多いのがアルツハイマー病で認知症の約6割を占めます。
アルツハイマー病は進行性の脳疾患で、記憶および学習能力に影響し知能低下をもたらします。その原因はβアミロイドとよばれるタンパク質が脳の神経細胞に蓄積することによって神経細胞が破壊されて脳が委縮し、脳機能が低下する説が有力となっています。
現在、その進行を遅らせる薬はできましたが、完全に治療できる方法は残念ながらまだありません。しかし症状に早期に気づき治療を開始することで、病状の進行を遅らせるなどの治療効果が上がることが分かっています。

出典:大切なのは、まず予防、そして早期発見・早期治療 アルツハイマー病DNAチェックプログラム

予兆・症状
アルツハイマー病

nak 2014/08/19 02:03

脳の委縮が原因で起こる病気

簡単に言ってしまうと、アルツハイマー病は脳の委縮のせいで起こる病気です。認知症は、脳機能が低下してしまうことで、物忘れなどの症状が起こります。

つまり、アルツハイマー病を治すためには、医療機関での治療が必要となるのです。
でも、認知症の場合は、治療はもちろんですが、軽度の場合はリハビリテーションで改善出来ることもあります。
これが、アルツハイマー病と認知症の大きな違いと言えるでしょう。

出典:アルツハイマー病と認知症の違い(アルツハイマー病について)【知っておきたい認知症】

1ページ目/6ページ, 1件目〜12件目/65件

< 前に戻る123456

アルツハイマー病カラダシェアメモ

アルツハイマーは死に至る病気??

アメリカには500万人以上の患者がいるが、その大半は発症が判明してからの余命が3年から10年。とすると、2010年にアルツハイマーで亡くなったのがわずか8万3494人というのは少な過ぎる。

米ニューロロジー誌に先週掲載された最新研究によれば、計算が合わないのは患者の数え方を最初から間違っているためだ。アルツハイマーは、死亡診断書に死因として記載される数があまりにも少ないという。この研究の試算では、10年にアルツハイマーで亡くなった人は50万3400人。公的な記録の6倍以上の数字だ。

問題は死亡診断書の書き方にある。例えばアルツハイマー患者が肺炎で亡くなっても、死因には肺炎だけが記述される。アルツハイマーのせいで肺炎から回復できなかったかもしれない、という点は考慮されない。

アルツハイマー病 wiki

アルツハイマー型認知症(アルツハイマーがたにんちしょう、Alzheimer's disease、AD)は、認知機能低下、人格の変化を主な症状とする認知症の一種である。日本では、認知症のうちでも脳血管性認知症、レビー小体病と並んで最も多いタイプである。

アルツハイマー型認知症は発症年齢で65歳を境に早発型と晩期発症型(65歳以降)とに大別される。
早発型のうち18歳から39歳のものを若年期認知症、40歳から64歳のものを初老期認知症という。
早発型アルツハイマー型認知症は常染色体優性遺伝を示す家族性アルツハイマー型認知症(Familial AD、FAD)である。
原因となる点変異は第21染色体上のアミロイド前駆体蛋白質(APP)遺伝子、第14染色体上のプレセニリン1遺伝子(PSEN1)および第1染色体上のプレセニリン2遺伝子(PSEN2)に見出されている。
家族性アルツハイマー型認知症で最も多いのはPSEN1遺伝子の変異である。
プレセニリンはγセクレターゼ複合体の主要構成成分である。家族性アルツハイマー型認知症はアルツハイマー型認知症のおおむね1%以下と推定されており、大部分のアルツハイマー型認知症は晩期発症型で家族歴のない孤発例のアルツハイマー型認知症(dementia of Alzheimer type、DAT)である。
晩発型アルツハイマー型認知症では第19染色体のアポリポ蛋白質E(APOE)の多型であるε4対立遺伝子が発症を促進する危険因子になることが確認されている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/アルツハイマー型認知症