冷え性の原因、症状、治療、解消法、予防まとめ

全身

冷え性まとめ

1ページ目/8ページ, 1件目〜12件目/87件

解消
冷え性

nak 2014/08/17 13:50

冷え性の改善
昔から冷え性に悩まされてきましたが、鍼灸をしてもらうと、手足の先からぽかぽかしてくる感覚がはっきりわかります。気持ちの問題かもしれませんが、体質が改善され、体が軽くなりました!

出典:患者様の声|名谷整骨院鍼灸院

解消
冷え性

nak 2014/08/17 13:47

漢方で冷え性改善

手足が冷えカイロが手放せない状態が漢方でポカポカ!
手足がとても冷えカイロが手放せないし両肩がこります。

体力はそこそこありますが痩せており、夕方になると疲れやすいくややのぼせます。

またがんこな便秘もあり、センナ茶を飲んでいます。

冷えをなくして、身体が温かくなるようにしたい。そして肩こりもとりたいと漢方を飲み始めました。

48歳 女性 主婦

出典:冷えと漢方についての症例・改善例は漢方体験.com

解消
冷え性

nak 2014/08/17 13:46

体が冷えて眠れないのに病院で「病気ではない」と言われ

約3年前に出産後から、もともとひどかった体の冷えが悪化しました。冬場などは靴下を履いても氷のように冷たく、ベッドの中で眠れないほどです。

病院で相談してみたが「冷え性は病気ではないから」と全く相手にされず悩んでいたところに、スギヤマ薬局さんの評判を見て漢方相談に行くことを決めました。

40歳 女性

出典:冷えと漢方についての症例・改善例は漢方体験.com

解消
冷え性

nak 2014/08/17 13:46

つらい冷えとかゆいしもやけを漢方で改善

32歳小学教諭女性です。私は、子供のころから、根っからの冷え症。母も姉も冷え症です。
冬はもちろん、夏のクーラーも苦手です。職業柄、子供たちとの生活の中でも、寒さに耐えなければいけない場面もしばしば・・・

おまけに、今年の冬は激寒で、しもやけも元気がいいです。私はかゆみと闘う毎日です。一生、こんなのは嫌だ!と思いながらどうしていいのかわかりません。

しょうが紅茶や温泉通いもしていますが根本的な冷えは改善されないままです。

そんな時、産休明けの同僚に「漢方のすごさ!」を教えてもらいました。

出典:冷えと漢方についての症例・改善例は漢方体験.com

解消
冷え性

nak 2014/08/17 13:45

冷え性を漢方で改善

頑固な冷え性のため靴下を2枚重ねしていました

以前は、寒くなる季節の前から冷えを感じ、手足は冷たく、靴下を2枚重ねしたりしていました。
そこで長年の冷え性が改善するように色々と試し、少しは良い結果が出ているんですが「冷え性が改善できた!!」っと強く実感はできていませんでした。

そこで友人から勧められて漢方を飲み始めることにしました。

31歳 女性 販売業

出典:冷えと漢方についての症例・改善例は漢方体験.com

解消
冷え性

nak 2014/08/17 13:45

冷えと低体温が漢方で改善

以前から冷え(特に太ももと足先)を1年中感じていました。
また、体温が低く、35.5℃以上の日が続きました。

便秘もあり、4日に1度、下剤を使用していました。
生理の1週間前くらいから、体のだるさ、めまい、立ちくらみがひどくなり、イライラしたり、胸が張ったりすることもありました。
首から肩にかけてこりもあり、目の下のクマがとても気になります。

薬局のスタッフの方によると、体のエネルギーである「気」が不足し、さらに気が不足したことにより、巡りが悪いようです。また、「血」の不足もあるようです。そこで「気」と「血」を補いながら、穏やかに「気」巡りを良くする漢方薬を処方してもらいました。

出典:冷えと漢方についての症例・改善例は漢方体験.com

原因・予防
冷え性

nak 2014/08/17 13:39

効果的に行うためのツボ・テクニック

ツボ押しを効果的行うための方法を紹介しましょう。

・ツボの押し方
親指の腹で押すようにします。一押しは3~5秒を目安に、1ヶ所につき大体5~10回繰り返します。
左右対になっているツボは、必ず両方同じように押しましょう。
また、ツボ刺激は心身ともにリラックス状態のときに行うのが効果的といわれています。
息を吐くときに人はリラックスできるので、ツボを押すときに息を吐くと、よりツボ刺激の効果が得やすくなります。ツボを押すときは、「1、2、3、4…」と数えながら息を吐いてツボを押し、「5、6、7、8…」で息を吸って力を抜きます。「吐きながら押して、吸いながら引く」がツボ押しのコツです。

・ツボ押しを行うタイミングは?
ツボ刺激は、リラックスタイムに行うのが最適です。ですから、入浴後や就寝前などに行えば、より効果が大きいと思われます。
ただし、高熱があるとき、食後すぐ、お酒を飲んだときは控えましょう。体調を崩してしまう可能性があります。

・ツボ押しのいろんな刺激法
ツボへの刺激は、手の親指を使っておこなうのが基本です。
他にも、ツボを押すためのグッズなどがありますので、利用してもいいでしょう。手用、足用、体の部位のツボ用、と様々な形状のものがあるようです。
カイロや磁石粒などを使って、ツボを温めたりするのも効果的です。
また、ビーズや米粒などの小さな突起物を、ツボを刺激するように絆創膏やテープで張り、その上から押し付けるとツボが刺激されます。

出典:冷え性改善に効くツボ

原因・予防
冷え性

nak 2014/08/17 13:38

冷え性に効くツボ

「太衝」(たいしょう)
足の親指と人差し指の2つの骨が合流するところにあり、拍動を感じるところにあります。
肝機能を高め、二日酔いにも効果的。また、身体を温める効果や、冷えによる下腹部の痛み、耳鳴り、疲れを癒す効果があります。

出典:冷え性改善に効くツボ

原因・予防
冷え性

nak 2014/08/17 13:38

冷え性に効くツボ

「湧泉」(ゆうせん)
足裏にあるツボ。土踏まずのやや上の中央、足の指を曲げてみたときに、へこんだ所にあります。
湧泉は、精気が湧き出すツボとされ、体力や気力を高めて体全体を元気にします。高血圧や冷え性などに効果が期待できます。血行が良くなるので、他にもむくみ、疲労感、食欲不振、記憶力低下、不眠、情緒不安定などにも効果があるようです。

出典:冷え性改善に効くツボ

原因・予防
冷え性

nak 2014/08/17 13:37

冷え性に効くツボ

「三陰交」(さんいんこう)
内くるぶしの指4本分上で、骨の際にあります。
3つの経絡(太陰脾経、少陰腎経、厥陰肝経)が交わっているツボです。このツボ一穴で、3つの経絡の効果が期待できる重要なツボなのだそうです。三陰交はまた、「婦人の三里」「女三里」ともいわれ、女性にとって一番大切なツボとも言われます。冷え性だけでなく、すべての女性疾患(生理痛や更年期障害、不妊症など)にも効果が期待できます。

出典:冷え性改善に効くツボ

原因・予防
冷え性

nak 2014/08/17 13:37

冷え性に効くツボ

「気海」(きかい)
ヘソより指2本分下の辺りにあります。
腹式呼吸の根本の部分にあるツボです。体中を巡っている気は、いったんこの気海に集まるといわれています。このツボを刺激すると、全身のすべての気のいたるところに血が通いますので、元気になる効果が期待できます。

出典:冷え性改善に効くツボ

原因・予防
冷え性

nak 2014/08/17 13:35

養命酒を飲んで…

生薬配合の薬酒「養命酒」。有名な薬酒ですね。私の周りでは、コツコツと養命酒を飲んでみたら、冷え性がラクになったというお友達がいます。私もすすめられて飲んだことがあるのですが、私の場合、飲み始めると腹痛が出てしまい…。お通じも1日に何回もいくことになり、アルコールはニガテということで、結局続きませんでした。
生薬がたくさん入っているということは、漢方と同じで、人によって合う合わないがあったみたいですね。自分の体に合うか合わないか、見極める事が大事だと痛感しました。

出典:冷え性さんの失敗エピソード

1ページ目/8ページ, 1件目〜12件目/87件

< 前に戻る12345678

冷え性カラダシェアメモ

冷え性の予防・改善

冷え性は、生活習慣病の側面があるため、生活改善することである程度の予防・改善をすることが可能である。また以下に列挙された事柄は各自の体質や季節・天候などにより使い分ける必要がある。
・米・肉・魚・野菜…など、バランスよく栄養を取る。
・朝は早起きして、夜は寝不足にならないよう早めに寝るようにする。
・毎日お風呂に入り、シャワーではなく浴槽に入るようにして、血流を良くする。
・38度程度のぬるめのお湯にしっかり浸かる[2]。あるいは42度程度の熱めのお湯と冷水のシャワーを交互に使う。
・温かい服を着るようにして、温かい布団で寝る。
・マッサージや、柔軟体操などを行う。
・定期的に適度な運動や、ウォーキングを行う。階段はなるべく歩いて昇降する。有酸素運動を行う。
・冷えを覚える部位の運動を行う。下肢の冷えにはつまさきや膝の屈伸運動や速足での歩行などを行う。
・過度な酒や、タバコは控える。
・クーラーの使用は最小限に留める。
・マフラーなどを利用して、首・手首・足首を暖めることで、効率的に保温できる。
・渇きを覚えたとき以外の不要な水分摂取は控える。


冷え性 wiki

血行障害(Poor blood circulation)、特に末梢血管などでの障害により生じることがある。一般的な特徴として、身体全体には寒さを感じないが、四肢など部分的に冷えを感じることが多い。

・冷え性の要因
ひとつの原因として、ホルモンの変動とそれに伴う自律神経のバランスの乱れが考えられる。症状が見られる女性は、周期的なホルモン変動の多いのはこのためと考えられる。
更年期にいたり、のぼせたり顔がほてったりするのに手足は冷える症状がでる場合があるが、同様の原因による。また間違ったダイエットも冷え症の原因になる。これはタンパク質、ビタミン、ミネラル、脂肪などの摂取不足から栄養失調を生じるためである。

・男女の差
冷え性は女性特有のものと思われがちであるが、男性の冷え性も少なくない[1]。一般に、女性は男性に比べて皮下脂肪が多いが、熱を通しにくい脂肪は、一旦冷えると温まりにくい性質がある。加えて、男性に比して血流の多い筋肉が少ないことも原因する。女性は男性に比して寒さに強いといわれるが、冷え性の女性はエネルギーの放散が緩いため、厳寒の雪山などや水難で遭難した場合にはむしろ生存時間が長いといわれる。

・冷え性による症状
冷え性に伴う慢性的な血行障害が原因で、しもやけ、腰痛、神経痛、肩こり、肌あれなどが起きうる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/冷え性