関節リウマチの原因、症状、治療、解消法、予防まとめ

全身

関節リウマチまとめ

1ページ目/4ページ, 1件目〜12件目/45件

原因・予防
関節リウマチ

nak 2014/08/09 12:50

関節リウマチの原因

関節リウマチの原因は不明ですが、遺伝や感染する病気ではなく、免疫異常が関係しています。
「免疫」というのは、体に外から異物が入ってきた際に、それを見分けて攻撃し、体を守るシステムですが、「自己免疫」の病気では、このシステムに狂いが生じ、自分自身の体の一部を攻撃します。免疫の司令塔がリンパ球ですが、リウマチでも自分自身を攻撃するリンパ球が病気を引き起こします。
そもそも、「リウマ」とはラテン語で「流れる」という意味ですが、その理由は長い間不明でした。現在、自分自身を攻撃するリンパ球が、全身の関節や臓器に流れていき、あちこちの関節滑膜(かつまく)で炎症を起こして痛みやはれを生じ、皮膚、肺、涙腺、唾液腺などで皮下結節やリウマチ肺などの関節外症状を引き起こすと理解されています。

出典:関節リウマチ<膠原病と原因不明の全身疾患>の症状や原因など - goo ヘルスケア

解消
関節リウマチ

nak 2014/08/09 12:44

関節リウマチ 解消 鍼灸

2007年リウマチ発症。
手首痛・熱感、左足外側痛。

2008年3/29当院に来院。
初診時、手首を回旋させると痛みがきつく、動きも鈍かった。

鍼灸治療を行う。
施術後には、手首の痛みもほぼ消失し
、動きもスムーズとなる。
初診時は手首がラクな日は2日程だったが、
治療を重ねるにつれラクな状態が多くなり、
4診目には1週間は維持できるほどになった。

また、手首の熱感も引いてきて、足の痛みも消失した。

出典:リウマチへの鍼灸治療【鍼灸治療家集団 一鍼堂】

解消
関節リウマチ

nak 2014/08/09 12:44

関節リウマチ 解消例 鍼灸

初診時の施術後、
一回の鍼治療で、
手の動き良く、足の痛みもほぼ消失。
翌日のフットサルでは、今までより体が動き、
運動し易かったとのこと。
2診目には、薬を服用し忘れたが痛みもラクになっていた。
3、4診目と1週間空いての治療であったが調子は良い状態を維持。
薬も減らしていきながら、
現在も治療を続けていますが、
以前とは見違えるほど良くなりました。

出典:リウマチへの鍼灸治療【鍼灸治療家集団 一鍼堂】

解消
関節リウマチ

nak 2014/08/09 12:43

関節リウマチ 解消例 鍼灸

8月ごろから起床時、両手のこわばりが出現し
年末にはリウマチ(リュウマチ)特有の痛みで寝れなくなることもあった。
仕事でペンチを使ったり、靴下を履く動作が一番つらい。
鍼灸(針灸)治療を続け、
10月ごろには左だけだが仕事でつらい作業ができるようになった。
その後も鍼灸(針灸)治療を続け、
年明けには1週間平均して10のリウマチ(リュウマチ)の痛みが大分ラクになりました。
現在も治療継続中である。

出典:リウマチへの鍼灸治療【鍼灸治療家集団 一鍼堂】

解消
関節リウマチ

nak 2014/08/09 12:43

関節リウマチ 解消例 鍼灸

1月ごろから右中指にこわばりがあり、リウマチ(リュウマチ)と診断された。
忙しい仕事の合間を縫って少しずつ鍼灸(針灸)治療をされ、
8月にはリウマチ(リュウマチ)の腫れがひき、痛みの消失する間隔も長くなってきました。

出典:リウマチへの鍼灸治療【鍼灸治療家集団 一鍼堂】

解消
関節リウマチ

nak 2014/08/09 12:42

関節リウマチ 改善例 鍼灸

治療を始め、痰が出にくくなったのをきっかけに
CRPなどリウマチ(リュウマチ)の数値が下がっていき、
全身的な痛み、肋間神経痛も改善された。

定期的にリウマチ(リュウマチ)検査は行っているが、
現在もリウマチ(リュウマチ)の数値に異常なし。
手首と頚部には天候によって痛みが変わるのだが痛みの幅は短くなっている。

出典:リウマチへの鍼灸治療【鍼灸治療家集団 一鍼堂】

解消
関節リウマチ

nak 2014/08/09 12:41

関節リウマチ 改善例 鍼灸

4診目(10月9日)
少し関節のハレが残るが、
痛み無く日常生活が送りやすくなっているとのこと。
この頃より、
寒湿の邪が解してきたので、
脾胃の弱りを補うように施術していく。

その後、
間隔をあけながら診させて頂き、
7診目(11月13日)までの経過として、
関節の腫れやむくみなく負担がかかってもすぐ治まるようになり、
お子様の行事にも積極的に参加される。
また御仕事に行かれても問題なくこなせたとのこと。
その他の症状として、冷え症も改善され、入眠しやすくなる。

出典:リウマチへの鍼灸治療【鍼灸治療家集団 一鍼堂】

治療
関節リウマチ

nak 2014/08/09 12:40

関節リウマチに対する鍼灸治療

関節リウマチを治すことはできない。薬物療法と併行して、疼痛や関節の腫脹に対して治療を行う。炎症症状が強い時は鍼灸治療は行わない。
関節痛に対しては、細い鍼で慎重に刺鍼する。深度は数mm〜1cmまでで効果が望める。

出典:関節リウマチの理解と鍼灸治療 - 人体力学と鍼灸治療

予兆・症状
関節リウマチ

nak 2014/08/09 12:39

関節リウマチに気づいたらどうする

朝起床時のこわばり感の持続、および、左右対称性に多くの関節にはれが現れ、1カ月以上持続すれば、早急にリウマチ専門医を訪れて、適切な診断を受ける必要があります。また、リウマチは全身の病気なので、関節だけでなく、全身を内科的に診察することが絶対に必要です。
診断されたら、なるべく早く適切な薬物治療を開始することがその後の鍵を握ります。薬物治療を必要とする場合には、リウマチ・膠原病を専門とする内科を受診してください。手術やリハビリが必要な場合には、リウマチを専門とする整形外科を受診してください。
日常生活では、ストレス、不要な薬剤、感染症など、悪化の要因を避け、バランスのとれた栄養を補給し、体と心の安静を保ってください。適度の運動やリウマチ体操、日常品の工夫や自助具の活用、家族の協力も大切です。病気や薬剤に関する正しい情報を得ることも大変重要です。

出典:関節リウマチ<膠原病と原因不明の全身疾患>の症状や原因など - goo ヘルスケア

予兆・症状
関節リウマチ

nak 2014/08/09 12:38

症状の現れ方

全身の関節にこわばり、痛み、はれを生じます。朝のこわばりはリウマチ特有の症状で、起床時に手指などの関節がこわばって動かしにくく、ぎこちない感じを自覚し、温めたり動かすと数分〜数時間で消えていきます。

こわばり感に引き続いて関節症状が現れます。関節痛は重要な症状ですが、「痛い」だけではなく、関節の腫脹(しゅちょう)(はれ)、発赤、熱感、運動時痛、関節液がたまる、などの症状を伴います。関節炎は、左右対称性に生じ、しばしば移動性で、手指、手、足、膝などの関節に生じます。

また、微熱、食欲減退、全身倦怠感などの全身症状や、前腕伸側などの皮下結節、目や口の乾き、乾いた咳(せき)、運動時呼吸苦、甲状腺腫などの関節外臓器の症状をしばしば伴います。

関節の炎症は、発症の早期から骨・軟骨に広がり、関節の破壊がどんどん進行すると運動が制限され、元に戻らなくなります。手や足の変形は食事や歩行などの日常生活動作を損ないます。頸椎(けいつい)関節炎は後頭部痛や手のしびれ感を、腱に炎症が波及するとバネ指(指を曲げ伸ばしする際にある角度でひっかかり、無理に屈伸しようとするとポコンと指がはねる状態)を、手関節腫脹は手根管(しゅこんかん)症候群を起こすこともあります。

出典:関節リウマチ<膠原病と原因不明の全身疾患>の症状や原因など - goo ヘルスケア

予兆・症状
関節リウマチ

nak 2014/08/09 12:38

関節リウマチとはどんな病気か

関節リウマチは、70〜100万人の患者数を数え、30〜50代の女性に好発します。ひとつの関節にとどまらず、左右対称性に全身の関節にこわばり、痛み、はれを生じ、進行すると関節が壊れます。
しかし、微熱、食欲減退、全身倦怠感(けんたいかん)などの全身症状や、目や口の乾きなど涙腺(るいせん)や唾液腺(だえきせん)、さらに、皮膚、肺などの関節外臓器の症状を伴うこともあり、膠原病のひとつとして位置づけられます。すなわち、従来、関節の病気との認識でしたが、現在ではリンパ球の異常による内科的疾患と考えられています。
関節の炎症が持続すると、関節の破壊を引き起こし、関節の変形や強直(きょうちょく)をもたらし、その結果日常生活動作に制限を来します。関節の破壊は発症2年以内に最も進行するため、極力早期に診断し、適切な治療を開始することがいちばん大切です。

出典:関節リウマチ<膠原病と原因不明の全身疾患>の症状や原因など - goo ヘルスケア

原因・予防
関節リウマチ

nak 2014/08/09 12:37

「関節リウマチ」は、どんなものを食べたらいいですか?

リウマチの患者さんの特別な食事はありませんが、1日3回の規則正しい食事と栄養のバランスがとれた食物は必要です。特にリウマチは熱や炎症で蛋白質が分解されやすいといわれ、消耗性の疾患ともいわれています。

・良質のたんぱく質を
肉や魚の他、豆腐や納豆などの大豆製品にも良質のたんぱく質が豊富に含まれています。

・充分なカルシウムの補給を
牛乳や小魚などのカルシウムは、関節の変形や骨粗しょう症を防ぐためにもしっかり補給しましょう。従って、体力と抵抗力をつけるための良質の蛋白質は重要です。その他、リウマチに伴う合併症や薬の副作用に応じたカルシウムなどのミネラルやビタミンなどの補給も必要です。

・鉄分ビタミンの補給を
リウマチの患者さんは貧血になりやすいため、鉄分の補給も大切です。鉄分は一般に吸収が悪いので、ビタミンCの多く含まれた野菜や新鮮な果物などを積極的に食べるようにしましょう。

・肥満にならないように注意
肥満は、関節に負担をかけます。糖質や脂肪の取りすぎによるカロリーオーバーに気を付けましょう。

出典:リウマチの原因・治療方法:日常生活はどのように?|リウマチの情報ポータル|参天製薬

1ページ目/4ページ, 1件目〜12件目/45件

< 前に戻る1234

関節リウマチカラダシェアメモ

関節リウマチは年を取るにつれて発症しやすい病気ですか?

関節リウマチは高齢者の病気ではありません。主に整形外科が専門に扱う変形性関節症は、体質的素因や加齢、使い過ぎによる関節へ負担などにより、痛みや変形が生じるものですが、関節リウマチの場合は免疫異常が原因ですので、10代、20代の若い方から80代、90代のお年寄りまで幅広い年齢の方に発症します。
性別でみますと、関節リウマチになる確率は女性の方が高く、男性の3倍から4倍と言われています。女性ホルモンの関与が疑われておりますが、詳細には不明確です。
家事や育児や仕事で忙しく、家族から最も頼りにされる30代から50代の働き盛りの方に突然降りかかるのも、この関節リウマチの厄介なところです。病気のため仕事が続けられなくなり、退職を余儀なくされる方も多く、患者さんが受ける社会的、経済的なダメージが大きい病気と言えます。

関節リウマチ wiki

関節リウマチ(かんせつリウマチ、Rheumatoid Arthritis:RA)は、自己の免疫が主に手足の関節を侵し、これにより関節痛、関節の変形が生じる代表的な膠原病の一つで、炎症性自己免疫疾患。
しばしば血管、心臓、肺、皮膚、筋肉といった全身臓器にも障害が及ぶ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/関節リウマチ