更年期障害の原因、症状、治療、解消法、予防まとめ

更年期障害まとめ

1ページ目/6ページ, 1件目〜12件目/64件

治療
更年期障害

nak 2014/08/05 19:31

更年期障害の疲れに効くツボ

行間(ぎょうかん)と太衝(たいしょう)
以上で紹介したツボに加えて、行間や太衝というツボも刺激するとさらに効果的です。これらのツボは、足の親指と人差し指の骨の接合部分にあります(上図参照)。この部分には、神経の束が集中しているので、よく揉みほぐすことで疲れがとれて気分が徐々に落ち着いてくるでしょう。

出典:更年期障害(つぼ症状編)

治療
更年期障害

nak 2014/08/05 19:30

更年期障害の疲れに効くツボ

湧泉(ゆうせん)
次にオススメなのが湧泉というツボです。このツボも副腎の機能を高めて、ホルモンのバランスをよくする作用があります。
湧泉は、足裏の土踏まずの中央よりもやや前にありますので、空いている時間を使ってこのツボをよく押し揉みましょう。また、このツボにドライヤーなどを使って温風を当てるのも効果がありますので、是非お試しください。

出典:更年期障害(つぼ症状編)

治療
更年期障害

nak 2014/08/05 19:29

更年期障害の疲れに効くツボ

三陰交(さんいんこう)と血海(けっかい)
まず更年期障害の方に一番オススメなのが、生理痛にもよく効く三陰交と血海です。特に三陰交は、ホルモンの分泌をよくする効果がありますので、更年期障害に抜群の効き目を発揮します。
いずれも脚の内側に位置するツボで、三陰交はくるぶしの上、血海は膝のお皿の上にあります。以上の2つのツボを朝晩2回刺激すれば、徐々に症状が改善されます。

出典:更年期障害(つぼ症状編)

解消
更年期障害

nak 2014/08/05 19:22

更年期障害の改善例 漢方

生理はここ一年とまっています。イライラ、頭痛、肩こりに悩まされています。
病院では更年期障害といわれました。ただ新薬は身体に合わず、服用したくないとのことで来店されました。 顔はほてったように赤く、血圧も高く、上はいつも160くらいあります。足は冷えますが、時々背中や胸に汗をかくことがあります。

この方は冷えと、熱が入り混じった症状がみられます。このような症状を漢方では「寒熱交雑」といって、 更年期によくみられます。それを目標に漢方薬を処方しました。

症状はしだいに良くなり3ヶ月後にはイライラ、頭痛、肩こりはほとんど気にならなくなったとのことでした。

出典:更年期障害の漢方の実例

解消
更年期障害

nak 2014/08/05 19:22

更年期障害の解消例 漢方

やせ型で貧血、冷え性です。一ヶ月のうち25日くらいはダラダラと生理が続くとのことでした。便通は一日一回ですが、小便が近いです。頭痛もひんぱんにあるとのことでした。血圧は普通。肩こりが強く夏場は特に疲れやすいとのことです。

この方は、冷え性で貧血傾向もみられたので血を補い、止血作用のすぐれた漢方薬を処方しました。
一ヶ月を服用した頃には出血もだいぶ治まり調子が良いとのことでした。
その後、6ヶ月を過ぎる頃には生理も4~5日で終わるようになり、不正出血も治りました。同時に、冷え性もだいぶ改善された ので漢方薬の服用を中止しました 。

出典:更年期障害の漢方の実例

解消
更年期障害

nak 2014/08/05 19:22

更年期障害の解消例 漢方

やせ型で貧血、冷え性です。一ヶ月のうち25日くらいはダラダラと生理が続くとのことでした。便通は一日一回ですが、小便が近いです。頭痛もひんぱんにあるとのことでした。血圧は普通。肩こりが強く夏場は特に疲れやすいとのことです。

この方は、冷え性で貧血傾向もみられたので血を補い、止血作用のすぐれた漢方薬を処方しました。
一ヶ月を服用した頃には出血もだいぶ治まり調子が良いとのことでした。
その後、6ヶ月を過ぎる頃には生理も4~5日で終わるようになり、不正出血も治りました。同時に、冷え性もだいぶ改善された ので漢方薬の服用を中止しました 。

出典:更年期障害の漢方の実例

解消
更年期障害

nak 2014/08/05 19:21

更年期障害の改善例 漢方

見るからに憔悴しきった感じの女性です。顔色が悪く、ほほがげっそりとこけています。他県で一家の主婦としてがんばっていたのですが、一年ほど前から 更年期障害によるイライラが強くなり、ついには自分で感情が抑えられなくなってしまいました。

更年期障害の症状は、イライラが強く気持ちが落ち着きません。肩こりが強く生理は不定期です。食欲不振で疲れやすいです。体重も6kgくらい減ってしまいました。

一ヵ月後に来店したときには 、大分表情が明るくなっていました。更年期障害の症状が落ち着き、本人も具合がいいとのことです。3ヶ月ほど同じ処方を続けたところ、イライラすることもほとんどなくなったので、家族のもとに帰ってみるとのことでした。

 その後3ヶ月ほど同じ漢方薬を服用しましたが、調子が良いとのことで、服用は中止しました。

出典:更年期障害の漢方の実例

治療
更年期障害

nak 2014/08/05 19:18

更年期障害の症状を緩和するのに効果的な運動としては

● ウォーキング
● ジョギング
● ヨーガ
● 卓球

といった有酸素運動で毎日少しづつでも続けられるもの、さらにいうと汗をかくぐらいの強度で、気分が高揚するようなものが理想的です。毎日でなくとも週に2~3回という頻度で運動するだけでもだいぶ違います。

運動を続けるコツとしては健康のためのやるというのではなく、それ自体を楽しむことが大切です。「毎日30分ウォーキングする」というのは大変ですが、ゴルフや登山といった趣味を楽しむということであれば、ゴルフや登山中に歩くということに対して苦にならないからです。

身体を動かす趣味をはじめるというのが一番理想かもしれません。

運動嫌いの人が唯一やってもいいかな?と思う運動にはストレッチがあると思います。

ストレッチを運動といえるかは甚だ疑問ですが意識して体を動かすということには当てはまりますし、血行もよくなるようなので何もしないよりはマシでしょう。

出典:運動療法-更年期障害の症状の緩和と軽減に役立つサイト

治療
更年期障害

nak 2014/08/05 19:18

更年期障害の運動療法

厚生労働省が毎年実施している国民健康・栄養調査によると、20~40代の女性で運動習慣(1回30分以上の運動を週2回以上実施し、1年以上続けている)人の割合は2割にも満たないといいます。

更年期障害を迎える40~50代女性もそれほど変わらないレベルだということを考えると、運動不足の人が圧倒的に多いと考えられます。

最近の研究によると運動することで

● 自律神経のバランスが整えられて、症状が安定する
● 心身の不調や不定愁訴を悪化させるストレスの解消につながる
● 生活習慣病の予防にもなる

という効果が期待できるため、更年期における運動は非常に重要なものだと考えられています。

運動不足を解消することは、年齢と共に衰えがちになってしまう身体機能を高めるためにも大切なことですし、運動した後の晴れ晴れとした気持ちや爽快感は精神的にも刺激となることから、更年期を快適に過ごすためにも適度な運動はぜひとも取り入れたいところ。

出典:運動療法-更年期障害の症状の緩和と軽減に役立つサイト

予兆・症状
更年期障害

nak 2014/08/05 19:16

更年期の兆しってあるの?

月経異常と同時にさまざまな症状が出ます
個人差がありますが、まず、多くの人に現れるのが卵巣機能の低下によって起こる次のような月経異常です。

●月経周期の乱れ……周期が乱れ、月2回もあったり、2~3カ月遅れたりする。
●月経量の変化……月経量が増えたり、減ったりする。
●月経期間の変化……2~3日で終わったり、2週間もダラダラ出血が続く。
●不正出血……月経期間でないのに子宮からの出血がみられる。

また、更年期の代表的な症状は次の通りです。

●血管運動障害……息切れ、手足の冷え、頭痛、めまい、のぼせ、発汗、動悸など。
●精神神経障害……イライラ、憂うつ、不眠。
●その他……疲れやすい、肩こり、腰痛、膣(ちつ)の乾燥感。

女性ホルモンは血管をやわらかく保つ働きがあるため、更年期を迎えると脳血管障害や心臓病が起こりやすくなります。加えて、高脂血症や骨粗鬆症、高血圧症、痛風、子宮がん、乳がんなどにかかる可能性が増しますから、症状を見逃さないようにしてください。

出典:更年期障害 | 更年期の兆しってあるの? : 症状・治療 - セルフドクターネット

治療
更年期障害

nak 2014/08/05 19:08

更年期障害の民間治療

食事法以外におすすめなのは何といっても運動です。運動はコレステロール値を下げる、骨や筋肉を維持する、ストレスを軽減する、血液の循環がよくなる、代謝がアップする、良く眠れるようになる、活力がアップするなど様々な健康効果があります。毎日30分の運動を心がけましょう。

他には、リラックスできる自分の時間をもつこともいいそうです。お友達とランチやお茶をしたり、たまにはネイルサロンへ行ったり、エステでマッサージをしてもらうなど、自分が心地よくリラックスできる時間を作ると、ストレスを上手く解消することができます。

毎日の食生活や生活習慣を味方につけて、上手に体調の変化をコントロールしましょう。

出典:食生活でホルモンコントロール?更年期障害を乗り切る食事術

治療
更年期障害

nak 2014/08/05 19:07

更年期障害を乗り切る食事術

フラックスシードを食べる
フラックスシードは、コレステロールを下げる働きやガンの予防になるとして近年になって注目されるようになりましたが、実は何百年も前から薬としても利用されてきた健康食品です。ポリフェノールの一種でフィトエストロゲンのリグナンやオメガ3系脂肪酸(α-リノレン酸)がとても豊富に含まれています。

ただし、フラックスシードに対してアレルギーを持つ人もいるので、最初は1日大さじ1/4程度の量からスタートして、体調をみながら徐々に量を増やしていくといいそうです。

出典:食生活でホルモンコントロール?更年期障害を乗り切る食事術

1ページ目/6ページ, 1件目〜12件目/64件

< 前に戻る123456

更年期障害カラダシェアメモ

バセドウ病の主な症状

・女性の場合
自律神経失調症様の症状、脈が速くなる(頻脈)、動悸がする、血圧が激しく上下する、腹痛、微熱、ホットフラッシュ(ほてり・のぼせ)、多汗、頭痛、めまい、耳鳴り、肩こり、不眠、疲労感、口の渇き、のどのつかえ、息切れ、下痢、便秘、腰痛、しびれ、知覚過敏、関節痛、筋肉痛、性交痛、生理不順など。

精神症状
ヒステリー情緒不安定やイライラ、抑うつ気分など精神的な症状が現れることも多い。
いずれも心身症の様相を呈することが多く、症状の強弱には精神的要素が大きくかかわってくる。

・男性の場合
「性機能関連症状」。性欲の低下、ED(勃起障害)など。
「精神・心理症状」。抑うつ感、落胆、不安、疲労感、記憶力や集中力の低下など。
「身体症状」。発汗、ほてり、睡眠障害、関節・筋肉関連の症状など。

更年期障害 wiki

更年期障害(こうねんきしょうがい、英: menopause, postmenopausal syndrome、PMS)とは、卵巣機能の低下によるエストロゲン欠乏、特にエストラジオールの欠乏に基づくホルモンバランスの崩れにより起こる症候群。

女性では、閉経(50歳前後)に女性ホルモンであるエストロゲンが低下することにより発生する。医師により「更年期障害」と診断される人は、更年期女性の2-3割とされ、心身の不調(ほてり・のぼせなどの血管運動神経症状)を呈する。
男性では、概ね40歳以降、加齢やストレスなどにより男性ホルモンであるテストステロンが低下することにより発生する。

http://ja.wikipedia.org/wiki/更年期障害