バセドウ病の原因、症状、治療、解消法、予防まとめ

甲状腺全身

バセドウ病まとめ

1ページ目/5ページ, 1件目〜12件目/57件

原因・予防
バセドウ病

nak 2014/10/08 09:50

バセドウ病は、甲状腺から分泌される甲状腺ホルモンの分泌が過剰になることで起こる病気ですが、なぜバセドウ病になるかと言う原因は、実はまだはっきりとは解明されていません。
ですが、はっきりと解明されていなくても、誘因になっているのではと
言われていることがいくつかあります。
主なものでは、ストレス、遺伝的なもの、過労、出産


などがありますが、私は遺伝的なものは親戚が多いのでいまいちわかりませんが、
他は全て当てはまります。バセドウ病と診断された頃、仕事が忙しくストレスも
過労もたまっていましたし、出産もしていました。


体が疲れることによって、自分の免疫系が余計に体を守ろうとして酷使されて、
自己と外部からの異物を識別する力が狂い初め、自己抗体ができて自分の体を
攻撃するようになり、甲状腺のホルモンの分泌が過剰になったのでは?と思っています。


バセドウ病は女性に多く発症する病気なので、妊娠・出産などが関係してるのは
うなずけますよね。それに加えて、ストレスは現代社会において感じていない人を
探す方が大変なくらいです。


そういうことから考えると、バセドウ病は誰でもなる可能性があります。
私は病院で「バセドウ病になったのは○○が原因です」と、
医師から告げられたことはありません。

出典:バセドウ病の原因てどんなものがあるの?

原因・予防
バセドウ病

nak 2014/10/08 09:49

バセドウ病とストレス

バセドウ病とストレスはかなり密接な関係があるといわれています。
ストレスはバセドウ病だけが原因になるものでは、もちろんありません。

しかし、バセドウ病の方が身内にいる場合には、自己免疫的なことを含め
バセドウ病にかかりやすい、と思ってもよいかもしれません。

+ストレスが加われば、バセドウ病になってしまう原因がそろってしまいます。

出典:甲状腺の病気の症状と種類バセドウ病の原因・症状

原因・予防
バセドウ病

nak 2014/10/08 09:48

鏡で自分の顔つきをチェックしよう

はっきりした原因がわからないので、決定打となる予防方法はまだありません。また、初期症状の動悸(心臓病)や体重減少(がん)、無月経(婦人科疾患)などはほかの病気と間違われやすいので、早く発見して治療を受けることが大切です。ほかの疾患で出にくい症状として、首の腫れ(太くなったと感じる人も)、眼球の変化(飛び出して見える、ギラギラしているなど)などがあるので、鏡を見るときは首や目の状態もチェックしましょう。

出典:バセドウ病:日立保険サービス

原因・予防
バセドウ病

nak 2014/10/08 09:47

自己免疫システムが関係している

バセドウ病の発症メカニズムはまだ解明されていませんが、自己免疫システムの異常が原因ではないかと考えられています。私たちの体の免疫は、体内に菌やウイルスなどが入ってくると、それを「異物」と認識して攻撃します。バセドウ病の場合は甲状腺にある甲状腺刺激ホルモン受容体が「異物」と間違われて攻撃されてしまい、甲状腺ホルモンの過剰な分泌につながっています。
バセドウ病にはなんらかの遺伝的な要因が関与していると考えられていますが、親や兄弟がバセドウ病でも必ず発症するわけではありません。遺伝的な要因が約7割、ストレスなど環境的な要因が約3割で、一卵性の双子でも2人とも発症する確率は2~3割程度だと言われています。

出典:バセドウ病:日立保険サービス

原因・予防
バセドウ病

nak 2014/10/08 09:47

バセドウ病は遺伝する病気といえます。ただし、免疫が甲状腺に反応しやすい体質を持っているからといって、必ずしもバセドウ病を発症するとは限りません。持っている体質に、ストレスのようなものが影響して発症すると考えられています。たとえば、仕事が忙しすぎる、人間関係に悩んでいる、子供の受験が心配、結婚や出産を控えている、といった身近なストレスの影響もあるようです。

出典:バセドウ病とは|バセドウ病|ドクター's コラム|eo健康

原因・予防
バセドウ病

nak 2014/10/08 09:45

バセドウ病と橋本病

ともに、なぜこの病気になるのか、明確な原因はわかっていません。このため特定 の予防法はなく、早期発見・早期治療が最善の対処法になります。

出典:甲状腺の病気|バセドウ病|橋本病|症状

原因・予防
バセドウ病

nak 2014/10/08 09:44

予防はできるのか

現在のところ、眼症がおこる原因がまだよくわかっていないために、バセドウ病の適切な治療および禁煙以外に予防法はありません。しかしこれまでなかった人に目の症状がだんだん現れるとか、いったん落ち着いていた症状がまた進行するようなことはほとんどありません。

出典:甲状腺の病気シリーズ|診療のご案内|公益財団法人東京都予防医学協会 保健会館クリニック

原因・予防
バセドウ病

nak 2014/10/08 09:43

生活リズムを規則正しく、過労やストレスをためず、たばこは吸わない

バセドウ病は、もともと遺伝的になりやすい素因をもっている人が、精神的に大きな打撃を受けたときなどに、それをきっかけに免疫異常を起こして発症しやすくなることがわかっています。遺伝的な素因と環境的な因子が組み合わさって発症すると考えられるわけです。それだけに、精神的なストレスが過剰にならないように注意することが大切です。

さらに、抗甲状腺薬での治療中にイライラするようなできごとが多いと、治療効果が低くなることもわかっています。過剰な精神的ストレスは発症の引き金になり、日常的なイライラは治療を妨げたり、再発のきっかけになりやすいというわけです。

バセドウ病の発症を防いだり治療効果を高めるには、まず、十分な睡眠をとって生活リズムを規則正しくすることです。体の疲れや精神的なストレスをため込まないように、また、過度の運動で過労に陥らないように注意しましょう。音楽を聴く、本を読む、絵を描く、森林浴をするといったリラックス法もおすすめです。

また、喫煙はバセドウ病発症のリスクを高めるだけでなく、治療を長引かせ、再発率を高めることがわかっています。とくに女性への影響は大きいので、たばこを吸っている人は禁煙しましょう。

出典:若い女性に多い「バセドウ病」 - goo ヘルスケア

原因・予防
バセドウ病

nak 2014/10/08 09:42

予防はできるのか

現在のところ、原因がまだよくわかっておらず予防法もありません。しかし、甲状腺の治療をしている間に悪くなっていくことはあまりなく、早い時期に検査と治療を受ければ軽いうちに押さえてしまうことができます。何より、気持ちを明るく持っていくことが一番の予防ではないかと思われます。

出典:バセドウ病|甲状腺の病気について|伊藤病院 - 甲状腺疾患専門

原因・予防
バセドウ病

nak 2014/10/08 09:42

確実な原因は明らかではありませんが、
ストレスが誘発因子の1つとなり得ると言われていますし、タバコがリスク因子ともいわれます。

疲れやストレスを溜めず、タバコなど身体に良くないものを避けるという、一般的な健康的生活が予防になると解釈しています。

ただ、もちろん全てではありませんが、甲状腺疾患には家族性があるというのは事実みたいです。

出典:バセドウ病や、橋本病に予防法はないんでしょうか? - 確実な原因は明らかではあり... - Yahoo!知恵袋

治療
バセドウ病

nak 2014/08/05 19:01

バセドー病の治療

甲状腺の機能を抑える薬(抗甲状腺薬)が中心です。副作用は、白血球減少と発疹。「MMI(メルカゾール)」と「PTU(プロパシール)」が使われますが、妊娠、授乳中は、奇形を起こさず、赤ちゃんへの影響が少ないPTU(プロパシール)が使われます。
治療は2年以上行いますが、抗甲状腺薬を徐々に減量し、1日おきに1錠程度の内服で、血液検査を行い、6ヶ月間甲状腺ホルモンが正常なら、薬は中止できます。
しかし、抗甲状腺薬で治療効果が得られない場合
・甲状腺の一部を切除する外科的な手術
・甲状腺の一部を放射線で壊す放射線療法
が必要となります。

この「バセドー病」は、放置すると、ストレスで発熱、意識消失したり、不整脈を起こし、血の塊が脳梗塞を起こしたりして命にかかわります。バセドー病は自然に治りません。そのため、早期発見し、適切な治療を行う事が大切です。

出典:バセドー病(甲状腺機能亢進症)の症状と治療 [膠原病・リウマチ] All About

解消
バセドウ病

nak 2014/08/05 10:19

バセドウ病 改善 鍼灸

12/24 (9診目)
動悸が出ても、気にならない程度となる。
お薬に関して、
調子が良いので飲み忘れてしまうこともあるが、
飲まなくても影響は感じられないとのこと。
奥歯を噛み締める事が減り、寝つき易くなる。

1/26 (14診目)
先日の検査にて、
甲状腺の数値がほぼ正常値を示す。

その後も体調維持の為、施術継続中。

出典:バセドウ氏病(バセドウ病),甲状腺の病気への鍼灸治療【大阪の鍼灸院 一鍼堂】

1ページ目/5ページ, 1件目〜12件目/57件

< 前に戻る12345

バセドウ病カラダシェアメモ

統計

バセドウ病は、甲状腺ホルモンが過剰に作られる病気、すなわち甲状腺機能亢進症を起こす代表的な病気である。中年以上の女性がバセドウ病に罹患した場合、更年期障害と勘違いする事が多い。
ほかの甲状腺の病気と同じように女性に多い病気だが、その比率は男性1人に対して女性4人ほど。甲状腺の病気全体の男女比は男性1対女性9の割合であるから、甲状腺の病気のなかでは比較的男性の比率が高い病気である。
発病年齢は、20歳代と30歳代で全体の過半数を占め、次いで40歳代、50歳代となっており、青年から壮年に多い病気といえる。何らかのアレルギーを持っている人が多い。

バセドウ病 wiki

バセドウ病またはバセドー病(バセドウびょう、バセドーびょう、 独: Basedow-Krankheit)とは、甲状腺自己抗体によって甲状腺が瀰漫(びまん)性に腫大する自己免疫疾患(II型アレルギー)。英語圏ではグレーブス病(グレーブスびょう、 英: Graves' disease)と呼ばれる。ロバート・ジェームス・グレーブス(英語版)(1835年)とカール・アドルフ・フォン・バセドウ(1840年)によって発見、報告された。

甲状腺機能亢進症の代表的な病気がバセドウ病です。 この甲状腺の病気は、甲状腺臓器の特異性な自己免疫疾患のひとつで、1000人中2~6人いると言われており、女性患者が男性患者より5倍と多いのも特徴としてあげられます。 甲状腺機能異常があると、全身にさまざまな症状が現れます。 まず新陳代謝が活発になり、その為に常にジョギングしているような状態で、脈拍が速く、汗が多く、暑がりで疲れやすくなる、37.5℃前後の微熱といった症状が現れます。

http://ja.wikipedia.org/wiki/バセドウ病