めまいの原因、症状、治療、解消法、予防まとめ

頭・顔

めまいまとめ

1ページ目/6ページ, 1件目〜12件目/66件

解消
めまい

nak 2014/07/28 00:34

めまい鍼灸治療で改善

三か月前から頭痛・めまいがおこるようになりマッサージや病院で血流改善の薬を服用
していたが、なかなか改善しない為、来院されました。
症状 頭痛・めまい・後頭部がしめつけられる・難聴・吐き気・目の疲れ・肩こりなど
治療部位 後頭部の筋肉、首肩~背部の筋肉
1~3回目 めまい・頭痛は軽くなり 夕方になると症状がでるようになった。
4~6回目 めまい・頭痛の症状のでる間隔があいてきた。首の痛み・肩こりがはっきりしてきた。
仕事で下をむいていると張ってくる。
7~9回目 めまい・頭痛の症状はでなくなり、首の痛み・肩こりの辛い日も間隔があいてきた。
10回目 前回から一週間空いたけど、症状が気にならなくなった。
疲れてくるのがわかるようになり、気持ちも前向きになってきた。

出典:加須市で痛み・しびれ・ゆがみのことなら鍼灸・整体のけい鍼灸治療院

解消
めまい

nak 2014/07/28 00:32

めまい鍼灸治療で改善

60歳 女性 Bさん 回転性めまい
Bさんの場合は、手足の冷えが強い状態でしたので、全身治療をする上で、特に手足への鍼灸治療に重点をおきました。治療は2週間に1回のペースで行い、3回目の治療でめまいは完全に消失しました。

その後は自宅で自分でできるツボ療法をお教えして、それを実践していただき、疲れやすい体質を改善することを目的に月1回ご来院されています。

出典:めまい治療と鍼灸4つのポイント | 東京練馬の鍼灸院-成鍼堂

解消
めまい

nak 2014/07/28 00:31

めまい鍼灸治療で改善

66歳 女性 Aさん 浮動性めまい
足の冷えを取る治療や、頚部の治療に加え全身的に治療を行い、1回の治療でめまいや目の不快感がおさまり、薬の服用も中止されました。しかしながら、A さんは定期的に激しいめまいを起こすので、その後もめまいの発作がいつ起きるか不安だということでした。

めまいを予防することと、体調管理のつもりでその後も週1回のペースで治療をされていますが、めまいの発作は一度も起きていません。また、眼の調子も良くなり、まめいが起こる前までの趣味であった読書がまたできるようになったとのことでした。

出典:めまい治療と鍼灸4つのポイント | 東京練馬の鍼灸院-成鍼堂

原因・予防
めまい

nak 2014/07/28 00:29

耳鳴り・めまいの主な原因

・耳の病気
外耳炎、中耳炎、耳垢栓塞、突発性難聴、前庭神経炎など、ほかの耳の病気のひとつの症状、あるいは前兆として現れます。「良性発作性頭位めまい症」は、内耳の前庭という場所にある「耳石」がはがれ、身体のバランスを保つ器官である三半規管に入り込んでしまうのが原因です。また「メニエール病」の原因ははっきりわかっていませんが、患者は必ず内耳が水ぶくれ状態(内リンパ水腫)になっています。

・耳以外の病気
高血圧などの循環器疾患、糖尿病、脳血管障害などが挙げられます。

・心理的要因
過度のストレス、不安など。メニエール病は、心身のストレスや不規則な生活、睡眠不足などが引き金となって発症すると言われています。

・中枢障害
自律神経失調症、更年期障害などが挙げられます。

出典:漢方ツヅノ薬局

原因・予防
めまい

nak 2014/07/28 00:28

耳鳴り・めまいの主な原因

耳の病気
外耳炎、中耳炎、耳垢栓塞、突発性難聴、前庭神経炎など、ほかの耳の病気のひとつの症状、あるいは前兆として現れます。「良性発作性頭位めまい症」は、内耳の前庭という場所にある「耳石」がはがれ、身体のバランスを保つ器官である三半規管に入り込んでしまうのが原因です。また「メニエール病」の原因ははっきりわかっていませんが、患者は必ず内耳が水ぶくれ状態(内リンパ水腫)になっています。

出典:漢方ツヅノ薬局

解消
めまい

nak 2014/07/28 00:26

数年来のめまい・のぼせが漢方薬で良くなりました

数年前より、酷いめまいやのぼせに悩まされるようになりました。病院に行って検査をしてもらいましたが異常は見つからず、医師からは精神的なものだろうということで安定剤を処方されました。

しかし、症状が治まらず仕事に支障を来たすようになり、仕事も辞めざるをえませんでした。色々試しましたがだめで、最後に漢方に行き着きました。

出典:めまいの漢方についての症例・改善例は漢方体験.com

解消
めまい

nak 2014/07/28 00:25

頭が重い。漢方で改善しました!

朝起きると頭が重いことが多く、困っていました。そしてめまいや船に乗っているような感じも時々ありました。
気分もあまり良くなくて、食事もおいしくありませんでした。

出典:めまいの漢方についての症例・改善例は漢方体験.com

解消
めまい

nak 2014/07/28 00:25

原因不明のめまい・立ちくらみが漢方で改善された

数年前から突然フワフワめまいがしたり、立ちくらみがあり、病院で血液検査やMRIを撮っても異常がなく、原因が分からないまま、めまいの薬(血流をよくするものや吐き気を抑えるもの)を処方され、飲み続けていました。

出典:めまいの漢方についての症例・改善例は漢方体験.com

解消
めまい

nak 2014/07/28 00:25


頻繁になるめまいと胃腸の不快感が漢方でよくなりました

ここ数年、仕事のために海外に行く事が多くなり、体調を崩す事が頻繁になってしまいました。
特にめまいや胃腸の不快感は良く起こります。
時差ぼけもなかなか治らなくなりほとほと困っていました。

出典:めまいの漢方についての症例・改善例は漢方体験.com

解消
めまい

nak 2014/07/28 00:24

どこに行っても改善しない長年の頭痛や目眩が漢方で改善

どこに行っても改善しなかった頭痛と目眩。
病院でMRIを撮影しても特に問題が無い、鍼灸や整体に行っても治らないので困っていました。

出典:めまいの漢方についての症例・改善例は漢方体験.com

治療
めまい

nak 2014/07/28 00:21

めまい(浮遊感のあるめまいタイプ)に効く漢方とツボ
症状:めまい(浮遊感のあるめまい、65歳以上、疲れが残りやすい、年の割に白髪が多い)

【漢方】
・六味地黄丸(ろくみじおうがん)
八味地黄丸に比べて冷えがない人

・真武湯(しんぶとう)
冷え症で下痢しがち、さらにふわふわしためまいや動悸に


【ツボ】
・関元
以下のどれかを試してみましょう。

・(可能であれば)お灸をする
・ゆっくりとやさしく揉む
・息を吐く時に押し、吸うときに戻す

出典:http://www.kampodesk.com/shoujou_types/64

治療
めまい

nak 2014/07/27 22:02

めまい(たちくらみがするタイプ)に効く漢方とツボ
症状:めまい(たちくらみがする、ふらつく、疲れやすい、身体がだるい)

【漢方】
・補中益気湯(ほちゅうえっきとう)
疲れやすくて風邪を引きやすい人の体力向上に

・六君子湯(りっくんしとう)
胃腸が弱く食欲が出ない人の体力向上に

・四君子湯(しくんしとう)
胃腸が弱く食欲が出ない人の体力向上に。気虚証(ききょしょう)の基本処方

・帰脾湯(きひとう)
体力がなく貧血気味で眠りも良くない人に

・平胃散(へいいさん)
色々な胃薬を使ってみたけどうまく行かない人に

【ツボ】
・足三里
ツボへの対処【補法(ほほう)】
以下のどれかを試してみましょう。

・(可能であれば)お灸をする
・ゆっくりとやさしく揉む
・息を吐く時に押し、吸うときに戻す

出典:http://www.kampodesk.com/shoujou_types/63

1ページ目/6ページ, 1件目〜12件目/66件

< 前に戻る123456

めまいカラダシェアメモ

【神経性めまい】

日常で最も多いのは一過性血圧上昇による浮遊感であるが救急室で多いのは神経系によるめまいである。神経系の場合は中枢性めまいか末梢性めまいかを鑑別する。この場合の中枢は脳幹、小脳であり末梢は内耳、前庭である。これらの区別に役立つ所見は回転性、浮遊性といった症状や耳鳴、難聴といった随伴症状、小腦異常、運動神経麻痺、脳神経麻痺といった神経所見、症状の持続性などである。

・中枢性めまい
中枢性めまいは、症状は軽いが持続性で、注視方向性眼振や他の神経症状を伴う。脳幹障害や小脳障害、脳血管障害、腫瘍、変性疾患などの基礎疾患が原因となって起こることが多いので瞳孔、眼振、眼球運動や小脳機能検査や画像診断を行う。

・末梢性めまい
末梢性めまいは前庭性と内耳性に分けられる。前庭性めまいは原則として耳鳴りや難聴を伴わないものである。良性発作性頭位眩暈症(BPPV)や前庭神経炎が含まれる。内耳性めまいは原則的に耳鳴り、難聴を伴う。メニエール病や突発性難聴、アミノグリコシドなどの薬物性や梅毒などが含まれる。末梢性めまいは突発性難聴以外は緊急性が殆どないものの、突然歩けなくなるほど気分が悪くなり、嘔吐することも多く患者の苦痛は強いので診断を急ぐのではなく、まずは症状をとる治療を行うべきである。全体的に低気圧のときに多いといわれている。


【回転性めまいをきたす疾患】
・末梢性めまい
・良性発作性頭位めまい症
・前庭神経炎
・突発性難聴
・メニエール病
・中枢性めまい
・橋上部外側症候群
・橋下部外側症候群
・延髄外側症候群
(椎骨脳底動脈循環不全)

めまい wiki

めまいの分類

症候学的には以下の4種類に分類できる。
・回転性めまい
自分の身体または大地があたかも回転しているかのような感覚。激しい嘔気を感じることがあり、体のバランスを失って倒れることもある。三半規管、前庭神経、脳幹の異常など前庭神経核より末梢の障害で生じる。大抵は耳の障害で生じる。

・浮動性めまい
よろめくような、非回転性のふらつき感。回転性めまいの回復期や脳幹、小脳の異常、高血圧などで生じる。大抵は中枢神経や高血圧で生じる。

・立ちくらみ
血の気が引き、意識の遠くなる感覚。実際に失神(syncope; シンコピー)に至ることもある。起立性低血圧の代表的な症状であるほか、アダムス・ストークス発作, 血管迷走神経反射、器質的心疾患・大血管疾患でもみられる。[1]

・平衡障害

http://ja.wikipedia.org/wiki/めまい