パニック障害の原因、症状、治療、解消法、予防まとめ

パニック障害まとめ

1ページ目/6ページ, 1件目〜12件目/66件

原因・予防
パニック障害

nak 2014/08/19 09:57

生活の上での予防策

パニック障害は発症原因が特定されていないため、これといった決定的な予防策はありません。しかし、ストレスは何かしらで必ず影響しています。また乳酸が関係していることから、疲労も無関係ではありません。(カラダが疲れると乳酸が溜まるため)。 またカフェインは興奮物質なので、摂りすぎると発作を起こしやすいとも言われています。その他にもタバコのニコチンや炭酸ガス、風邪なども影響しているとされています。
そのため、心配な人は以下のようなことに気を付けるようにしましょう。

・疲労を溜めすぎない、過労防止
・規則正しい生活(早寝・早起きなど)
・ストレスを溜め込まないようにする
・風邪を引かないよう注意する
・カフェイン飲料(コーヒー、紅茶など)を飲み過ぎない
・喫煙、飲酒習慣の見直し
・正しい食生活と休養
・部屋の換気、空気清浄 など

日頃から気を付けられることは最大限努力し、できるだけ予防するように心がけましょう。それでもパニック発作になることはあります。そんな時は「あ、今わたしはパニック発作を起こしてるんだ」という客観的な視点を持つように心がけましょう。 そして何より頻発するようであれば、できるだけ早い段階で心療内科や精神科を受診するようにしましょう。早期発見が何よりも大切ですよ。

出典:パニック障害度診断チェックの解説コラム 【カラダカラ:健康診断】

治療
パニック障害

nak 2014/08/19 09:56

パニック障害になりやすい人は?

パニック障害は男性よりも女性の方がかかりやすいと言われています。また年齢で見ると、発症平均が男性で34.6歳、女性で36.2歳と働き盛りで疲労もストレスも多い年代に多く見られるようです。
性格的な要因で見ると、以下のような人がパニック障害になりやすいとされています。

<パニック障害になりやすい人>
・心配性な人
・神経質な人
・真面目で責任感が強い人
・喜怒哀楽、感情の起伏が激しい人
・何でも自分でやりたがる完全主義者
・周りに気を使いすぎる人
・小さなことにいつまでもこだわる人
・潔癖症の人
・他人の目をやたらと気にする人 など

出典:パニック障害度診断チェックの解説コラム 【カラダカラ:健康診断】

治療
パニック障害

nak 2014/08/19 09:55

心理教育や認知行動療法なども効果的です

「心理教育」といって、病気についての正しい知識や心の持ちようを学ぶことも大きな効果があります。今の自分のつらい状況がパニック障害という病気であり、適切な治療でよくなること、発作や予期不安、広場恐怖、抑うつ感など心理的に苦しい状態が、どのように起こり、どう対処できるかについてわかると、無用な不安が治まり、現実的に対処できるようになるのです。また「認知行動療法」といって、自分のとらえ方や行動の仕方を変えることで、不安や発作に対処できるようにする治療法もあります。なかでも「暴露療法」は、不安な場所にあえて臨ませ、発作が起こらないことを実際に体験して、恐怖をぬぐい去る方法で、その効果が認められています

出典:パニック障害

治療
パニック障害

nak 2014/08/19 09:55

広場恐怖やその他の症状にも対処が必要です

「電車や車で外出できない」「人混みやデパート、美容院などに行けない」といった広場恐怖にも、抗うつ薬のSSRIが効果を持ちます。パニック障害は、充分な治療がなされていないと、発作が治まっても「残遺症状」といわれるものが何年も続くこともありますが、これにもSSRIを服用することで対処できます。残遺症状とは、肩こりや息苦しさ、頭が重い、目がチカチカする、体がドクンドクンと脈打つ、などが持続的に起こるもので、自律神経失調症、更年期障害などと間違われて、適切な治療が行われないこともあります。

出典:パニック障害

治療
パニック障害

nak 2014/08/19 09:55

薬で発作は治まります

パニック障害では、発作が起きるとそれが脳への刺激になり、さらに次の発作が起こりやすくなるため、まず薬で発作を抑えるのが基本です。そのために使用されるのは、SSRlといって、不安をやわらげる脳内物質であるセロトニンの利用率を高める抗うつ薬(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)および、抗不安薬。またパニック障害はうつ状態を伴うことも多く、下の表のようにその他の抗うつ薬も用いられます。気分の波を安定させて発作を抑える目的で、抗てんかん薬が使われることもあります。

出典:パニック障害

予兆・症状
パニック障害

nak 2014/08/19 09:54

パニック発作の診断基準

ある限定時間内に、激しい恐怖感や不安感とともに、以下の症状のうち4つ以上が突然出現し、10分以内にピークに達する場合。

①心臓がドキドキする(心悸亢進)、または心拍数が増加する
②発汗
③身震い、手足の震え
④呼吸が速くなる、息苦しい
⑤息が詰まる
⑥胸の痛み、または不快感
⑦吐きけ、腹部のいやな感じ
⑤めまい、不安定感、頭が軽くなる、ふらつき
⑨非現実感、自分が自分でない感じ
⑩常軌を逸してしまう、狂ってしまうのではないかと感じる
⑪死ぬのではないかと恐れる
⑫知覚異常(しびれ感、うずき感)
⑬寒け、またはほてり

出典:パニック障害

原因・予防
パニック障害

nak 2014/08/19 09:54

自分でできるパニック発作の予防法 ::

・疲れをためない
過労で乳酸が体内にたまると、発作が起こりやすくなります。

・お酢をとる
酢には、乳酸の分解を促す働きがあり、発作の予防に役立ちます。

・お酒やタバコを控える
アルコールやニコチンは、摂取後時間がたつと、不安を引き起こして発作の引き金に。

・カフェインに注意
カフエインに過敏でコーヒーを飲むとドキドキする人は、コーヒーを控えましょう。

・汗をかく運動をする
乳酸を蓄積させないためには、ウォーキングやストレッチなどの有酸素運動が効果的。

・旱寝早起き、規則正しい生活
睡眠不足を避けるとともに、日内リズムを整えて、自律神経を安定させることにつながります。

出典:パニック障害

原因・予防
パニック障害

nak 2014/08/19 09:53

パニック障害の発作がでてしまったら?

・冷たい水を飲む
不安に翻弄されそうになったら、冷たい水を飲んで気分転換を。パニック発作は、もともと温度上昇によっても起こりやすくなります。温度が上昇する5月~7月に、もっとも発症が多くなったり、電車や映画館の人いきれの中で発症しやすいのは、このため。冷たい水で冷やされることで、発作が治まりやすくなります

出典:パニック障害

原因・予防
パニック障害

nak 2014/08/19 09:53

パニック障害の発作がでてしまったら?

・アロマテラピーの香りをかいで深呼吸
ローズやラベンダーなどの精油(エッセンシャルオイル)の香りをかぐと、鼻の粘膜から香りの信号が脳へ届き、不安が鎮まることがわかっています。ティッシュやハンカチに1~2滴たらしたら香りを吸
い込み、深呼吸をしてみましょう。息を吐くときに、リラックスをつかさどる副交感神経の働きが活発になり、自律神経が安定して症状がやわらぎます

出典:パニック障害

原因・予防
パニック障害

nak 2014/08/19 09:52

パニック障害の発作がでてしまったら?

・リラックスできるツボを押す
 気分をリラックスさせるツボを押しながら、「大丈夫、大丈夫」と気持ちを静めます。手の甲側の親指と人さし指の間の指のまたで、押して痛む「合谷」や、手首内側で小指の下の骨と腱の間にある「神門」、手首内側のしわからひじ側に指3本分離れた真ん中の「内関」などがおすすめ。

出典:パニック障害

原因・予防
パニック障害

nak 2014/08/19 09:51

パニック障害の発作がでてしまったら?

・電話で親しい人に声をかけてもらう
周囲にだれもいなくて、強い不安を覚えるときは、両親や家族など、親しい人にすぐ電話をかけ、「大丈夫」と声をかけてもらいましょう。発作は数分から数十分で治まるものです。そのことを身内に理解してもらい、「じきに治まるから大丈夫よ」「それまでこうして話をしているからね」と励ましてもらうと、不安が治まり、冷静さを取り戻せます

出典:パニック障害

原因・予防
パニック障害

nak 2014/08/19 09:51

パニック障害の発作がでてしまったら?

・腹ばいまたは前かがみの姿勢をとる
パニック発作を感じたら、まずその場でできるだけ、腹ばいになるか、前かがみの姿勢をとりましょう。前かがみになるときは、椅子に座り、できれば頭がひざの間に入るくらいにします。こうすると、ハアハアと胸でしていた呼吸が自然に腹式呼吸になり、過呼吸を防ぐとともに、自律神経が安定し、動悸や息苦しさなどの症状が治まります

出典:パニック障害

1ページ目/6ページ, 1件目〜12件目/66件

< 前に戻る123456

パニック障害カラダシェアメモ

パニック発作

パニック障害患者は、日常生活にストレスを溜め込みやすい環境で暮らしていることが多く、発作は、満員電車などの人が混雑している閉鎖的な狭い空間、車道や広場などを歩行中に突然、強いストレスを覚え、動悸、息切れ、めまいなどの自律神経症状と空間認知(空間等の情報を収集する力)による強烈な不安感に襲われる。症状や度合は、患者によって様々だが軽度と重度症状がある。しかし軽・重度患者ともに発作が表れる時に感じる心理的(空間認知など)印象としては、同じような傾向が見られ、漠然とした不安と空間の圧迫感や動悸、呼吸困難等でパニックに陥り、「倒れて死ぬのではないか?」などの恐怖感を覚える人が少なくない。先に挙げた自律神経症状以外にも手足のしびれやけいれん、吐き気、胸部圧迫のような息苦しさなどがあるが、それ自体が生命身体に危険を及ぼすものではない。

パニック障害 wiki

パニック障害(パニックしょうがい、英語: Panic disorder ; PD)とは、定期的なパニック発作に特徴付けられる不安障害の一種である。それはまた、少なくとも一ヶ月は継続している意味のある行動上の変化と、新たな発作に対する不安やその影響への絶え間ない心配を含んでいる。
パニック障害は、強い不安感を主な症状とする精神疾患のひとつとして、不安神経症と呼ばれていた疾患の一部である(不安神経症の方が広い疾患概念であり、不安神経症と呼ばれていたものの全てがパニック障害には当たらない)。パニック障害の原因として複数のルートが存在すると考えられているが、近年の研究によってその多くは心理的葛藤によるものではなく、脳機能障害として扱われるようになってきている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/パニック障害