認知症の原因、症状、治療、解消法、予防まとめ

認知症まとめ

1ページ目/4ページ, 1件目〜12件目/42件

治療
認知症

masao 2015/03/11 14:23

エーザイはアルツハイマー型認知症治療薬の世界市場が2030年に約3兆2000億円に達するとの推計をまとめた。認知機能低下を未然に抑えたり病気の進行を止めたりする次世代型治療薬について予測したもので、発展途上国も含めて需要が伸びると見込む。
 調査会社のデータをもとにエーザイが患者数や診断率、処方率などの推定を実施。製薬各社が開発を進めている薬がいずれも今後に発売されるという前提で市場規模を算出した。
 内藤晴夫最高経営責任者(CEO)は「1品でも(要求される薬効のレベルに)到達すれば、この市場予測に近い潜在力を得る可能性がある」と述べた。

出典:次世代アルツハイマー型認知症治療薬、30年に世界市場3.2兆円−エーザイまとめ:日刊工業新聞

解消
認知症

nak 2014/07/23 14:10

認知症 解消 鍼灸

アルツハイマー型痴呆症・物忘れ
施術後の様子表情や言動が穏やかになる。
衣類の着脱が困難だったが、すべて自分でできるようになる。
散歩をする時に今まで家族の方についていっていたのが、活発に自分から歩いていくようになる。

出典:銀座針灸院|新脳針治療でパーキンソン病や難病も対応

解消
認知症

nak 2014/07/23 14:09

認知症 改善 鍼灸

老人性痴呆症発症・物忘れ 女性・71歳
5年前に老人性痴呆症発症・物忘れ
施術後の様子長川谷式知能評価スケール 4点→8点にUPしている。
初診時に比べて物忘れがマシになっている。人の名前も覚える事ができるようになる。
娘さんの言う事を聞くようになる。
発病前と同じように、日常生活を送れるようになる。

出典:銀座針灸院|新脳針治療でパーキンソン病や難病も対応

解消
認知症

nak 2014/07/23 14:09

認知症 改善 鍼灸

女性・81歳
4ヶ月前より食欲減退、言葉が出なくなるなどの症状が出始め、病院で認知症と診断される。
施術後の様子話をするようになり、食欲も出てくる。
元気が出てきて、よく話しをするようになる。
ご家族の問いかけに対する反応が良くなってくる。
食欲が出てきたので顔がふっくらとしてきて、お肌もキレイになる。
風邪をひき3ヶ月治療があいたが、元気もあり、食事もできている。「1年前は病院の先生にも見放されていた。」とのこと。
体調も良好。

出典:銀座針灸院|新脳針治療でパーキンソン病や難病も対応

解消
認知症

nak 2014/07/23 14:08

アルツハイマー 認知症 症例 鍼灸

女性  70歳
・2,3年前から物忘れが目立つ
・原因は、加齢によるもの
・自分の発言や、前日の事を忘れる
・変なこだわりが出てくる
・猫背


施術後の様子当初は、治療に対して消極的だったが、年を取ってもまだボケずに来院出来ている事に喜びを感じるようになる。

ご家族の方からは、2週間前の話しを覚えていた!と喜びの声を頂きました。進行はしていると思うが進行のスピードは遅くなっていると感じるし、本人は穏やかに生活しているそうです。

出典:アルツハイマー型認知症   女性  70歳 | 銀座針灸院

原因・予防
認知症

nak 2014/07/23 14:05

生活習慣を見直すことで予防できる脳血管性認知症・アルコール性認知症
 脳血管性認知症やアルコール性認知症は、生活習慣を見直し、高血圧症、脂質異常症、高血糖症などに気をつけることで予防することができます。
● 食習慣
・栄養バランスのよい食事をとる。
・塩分をとりすぎない。
・動物性脂肪をとりすぎない。
・糖質をとりすぎない。
・よく噛んで食べる。
・カロリーのとりすぎをしない。
・DHA、EPAなどをとる。
・野菜、果物をしっかりとる。
● 適度な運動習慣
・散歩などの軽い運動ではなく、ややきつめの運動を、30分以上、週3回以上行う。
・有酸素運動がよいといわれる。
● 生活習慣
・規則正しい生活をする。
・夜更かしはしない。
・禁煙する。
・過度な飲酒はしない。
● 適正体重を維持し、肥満を防ぐ。
● 高血圧症、脂質異常症、高血糖症などの生活習慣病の予防に努め、早期発見し、しっかり治療す

出典:「若年性認知症も予防できる生活習慣」 〜ティーペック健康ニュース

原因・予防
認知症

nak 2014/07/23 14:04

認知症になりにくい生活習慣

認知症の原因の約6割を占めるアルツハイマー型認知症の発症に、環境の影響が大きく関わっていると考えられています。

近年になってアルツハイマー型認知症に関わる環境的因子が次第に明らかになってきました。
アルツハイマー型認知症になりにくい生活習慣

1.食習慣 野菜・果物(ビタミンC、E、βカロチン)をよく食べる
魚(DHA,EPA)をよく食べる
赤ワイン(ポリフェノール)を飲む
2.運動習慣 週3日以上の有酸素運動をする
3.対人接触 人とよくおつきあいをしている
4.知的行動習慣 文章を書く・読む、ゲームをする、博物館に行く など

アルツハイマー型認知症になりにくい生活習慣のうち、1.食習慣と2.運動習慣で脳の生理状態を良好に保ち、3.対人接触・4.知的行動習慣で認知機能を重点的に使って、機能の改善や維持を図ります。

出典:||| 認知症予防 | 認知症介護のネットワーク 認知症ねっと/認知症、痴呆症、呆け(ぼけ) |||

原因・予防
認知症

nak 2014/07/23 14:04

認知症の予防は可能か?

 認知症の予防は認知症を起こしているそれぞれの病気の予防ということになります。認知症の大部分を占める脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症それぞれについていくつか予防の方法が提唱されています。

 脳血管性認知症は脳血管障害、中でも脳梗塞が元で起きる認知症ですから脳の血管に血栓が出来ないように脳血流を整えていることが大事です。脳梗塞は生活習慣と関わりの深い病気です。高血圧、糖尿病、高脂血症の三つが大きなリスクファクタ-となります。不飽和脂肪酸の多いバランスのとれた食事、適度な運動と精神活動を心がけていることが認知症予防に役立ちます。

 アルツハイマー型認知症についてはまだ原因がよくわかっていません。しかし、これまでの疫学調査などで言えることは、βアミロイドたんぱくが脳にたまるのを、抗酸化物質が阻止するらしいこと、精神活動を活発にすると神経細胞死を遅らせることがで

出典:認知症予防財団

原因・予防
認知症

nak 2014/07/23 14:03

認知症はなぜ起きる?(病的なものとの見分け方)

脳の働きは脳の神経細胞の活動がもとになっています。脳神経細胞の中でも知覚や運動を司る神経細胞の他、人では記憶や学習、判断をする神経細胞が発達して脳を形作っています。この知能と関係する神経細胞の活動が障害されると、それまで出来ていた記憶や判断の力、かつて学習した事柄の理解などが次第に低下していきます。障害の程度がある限度を越えると認知症となってしまいます。脳の神経細胞を傷害し、働きを落とす病気はみな認知症の原因となります。

 細胞の老化によっても神経細胞の働きは落ちます。その結果として物覚えが悪くなったり、判断力が衰えたりはしますが、病気によって起きる認知症とは違います。老化による障害は衰えがゆるやかで、記憶障害も軽いところで止まっています。日常の生活に大きな支障が出ることはありません。ところが、認知症による物忘れは進行性で、今言ったこと

出典:認知症予防財団

原因・予防
認知症

nak 2014/07/23 14:03

認知症になりやすい性格

穏やかでのんびりした性格の人や、外交的で活発な社会生活を送っている人は、認知症の発症率が低いことが研究からわかっています。
一方、自己中心的、わがまま、几帳面、非社交的などの性格は認知症を発症するリスクを上げるというデータもあります。
日常生活で強いストレスを感じている人も、ストレスホルモンが増え、記憶障害だけでなく、免疫機能が低下して病気にかかりやすくなります。

活動的な生活を送る、さまざまなレジャーを楽しむ、社会的な関わりを充実させるなどのライフスタイルを送ることで、認知症が予防できるそうです。

出典:認知症はなぜ発症するのか | 認知症LABO

原因・予防
認知症

nak 2014/07/23 14:02

認知書の原因になる生活習慣

●偏った食生活
偏った食生活で高血圧や脳梗塞などの生活習慣病にかかると、認知症が発症する可能性が高くなります。脳の老化を予防する食生活を送ることが大事です。

抗酸化作用を持つビタミンやポリフェノール、カリウムなどのミネラルには、細胞の老化を防ぐ働きがあります。緑黄色野菜や魚などに多く含まれているので、意識して食事に取り入れるといいでしょう。

●運動不足
運動不足による肥満や運動能力の低下も、認知症の原因になります。適度な運動は脳を刺激するうえ、健康上でも多くのメリットがあるので、毎日の習慣にしたいものです。

ただ高齢者の場合、継続的に運動を続けるのは困難なこともあるので、自分に合った運動を無理なく続けることが大切です。認知症予防には、有酸素運動を毎日継続することが効果的です。

●アルコール
アルコールを過剰に摂取する人は、脳が委縮し認知症を発症する確率

出典:認知症はなぜ発症するのか | 認知症LABO

原因・予防
認知症

nak 2014/07/23 14:02

認知症の原因はさまざま

認知症の原因には、病気やストレスなどさまざまな要素があります。
まだ明らかでない部分もありますが、原因になることがわかっている病気はいくつかあり、その病気を治療することで認知症を改善できるケースもあります。

そのため認知症の改善には、まず原因になる病気について正しく理解し、対処することが大切。また、原因となり得る病気を予防するために、生活習慣を見直すことも肝心です。

なお、認知症の発症・悪化には心理的な影響も関わっていることがあり、認知症を発症しやすい性格もあるといわれています。

出典:認知症はなぜ発症するのか | 認知症LABO

1ページ目/4ページ, 1件目〜12件目/42件

< 前に戻る1234

認知症カラダシェアメモ

認知症の危険因子

・年齢
最大の危険因子である(特にアルツハイマー型)ことが知られている。23の疫学研究を基にしたメタ分析では、年齢とともにアルツハイマー型の発症率が指数関数的に上昇することが示された。また、75〜85歳の高齢者の追跡調査したthe Bronx Aging studyでは、認知症全体の発症率が85歳まではゆっくり上昇し、85歳を越えると急激に上昇する、というデータが得られている。

・家族歴
片親が認知症の場合、本人が発症する危険は10〜30%上昇する。特に、片親が早期発症のアルツハイマー型認知症の場合、本人発症の危険はかなり高くなる(例えば親の発症が50代前半のなら、本人発症の危険は約20倍)。

・遺伝因子
神経保護に関与するApolipoprotein Eの遺伝子型e4などがアミロイド沈着に関係すると言われる。他の遺伝子で危険因子として確定しているものはない。

・血圧降下剤による薬害
高血圧症の治療に使われる血圧降下剤により、脳内酸欠による脳細胞の減少により発症する。

・動脈硬化の危険因子
高血圧・糖尿病・喫煙・高コレステロール血症などが、脳血管型やアルツハイマー型などの本症の危険因子となる。受動喫煙でも認知症リスクが30年で約3割増すとの報告もある。

・加齢関連認知低下(Aging-associated Cognitive Decline:AACD)
記憶障害のみにとどまらず認知機能低下をも含む、「広義の軽度認知障害」の概念のひとつとして国際老年精神医学会が診断基準をまとめたもの。
加齢関連認知低下とは、6ヶ月以上にわたる緩徐な認知機能の低下が本人や家族などから報告され、客観的にも認知評価に異常を認めるが、認知症には至っていない状態である。認知機能低下は、(a)記憶・学習、(b)注意・集中、(c)思考(例えば、問題解決能力)、(d)言語(例えば、理解、単語検索)、(e)視空間認知、のいずれかの面に該当する。
ある地域の高齢者を対象にした研究では、3年後での認知症への進行率は、軽度認知障害が11.1%、加齢関連認知低下では28.6%であった。しかも、軽度認知障害の一般地域高齢者に占める割合は3.2%のみだが、加齢関連認知低下は19.3%にも上る、と報告されている。

認知症の発症率

10年後には2012年の約1.5倍に増加する見込み
厚生労働省は7日、全国で認知症を患う人の数が2025年には700万人を超えるとの推計値を発表した。65歳以上の高齢者のうち、5人に1人が認知症に罹患する計算となる。

認知症高齢者の数は2012年の時点で全国に約462万人と推計されており、約10年で1.5倍にも増える見通しだ。

認知症 wiki

認知症(にんちしょう、英: Dementia、独: Demenz)は、後天的な脳の器質的障害により、いったん正常に発達した知能が不可逆的に低下した状態をいう。これに比し、先天的に脳の器質的障害があり、運動の障害や知能発達面での障害などが現れる状態は知的障害、先天的に認知の障害がある場合は認知障害という。犬や猫などヒト以外でも発症する。
認知症は70歳以上人口において2番目に多数を占める障害疾患である。全世界で440万人が認知症を抱えて生活を送っており、その経済的コストは全世界で毎年0.5兆米ドル以上とされる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/認知症#.E5.8D.B1.E9.99.BA.E5.9B.A0.E5.AD.90