子宮内膜症の原因、症状、治療、解消法、予防まとめ

子宮内膜症まとめ

1ページ目/8ページ, 1件目〜12件目/87件

予兆・症状
子宮内膜症

nak 2014/07/08 20:01

発生部位により病名が変わる

一言に子宮内膜症といっても、子宮内膜の発生場所や原因により病名が異なるのです。
例えば、子宮筋層の内部にできれば内性子宮内膜症、腎臓なら腹腔外子宮内膜症、卵巣は卵巣子宮内膜症という病名になります。

出典:子宮内膜症の種類 | 【子宮内膜症解消ネット】

予兆・症状
子宮内膜症

nak 2014/07/08 20:00

腹腔外子宮内膜症の症状

主な症状としては月経困難、腰痛、生理痛、下腹部痛、性交痛、月経過多といった症状があります。
こうした症状は増えた子宮内膜症の組織からプロスタグランディンが過剰生成されていること、子宮周辺の癒着から起きると考えられています。

また卵管の周辺に癒着すれば、正常な排卵が行われませんので、その結果、不妊症になってしまうこともあるので注意しましょう。一番多い発症年代は30歳から40歳といわれていますが、昔は少なかった若い女性も多く発症していることが近年の傾向です。

出典:腹腔外子宮内膜症の症状や特徴 | 子宮内膜症の種類【子宮内膜症解消ネット】

予兆・症状
子宮内膜症

nak 2014/07/08 20:00

ダグラス窩子宮内膜症の症状

主な症状としては、子宮内膜症とほとんど同じです。
生理のときの激痛、腰痛、引っ張られるような痛みに加えて、肛門が痛い、排便痛、人によっては性交のときに激痛があるといった症状もあります。出血がかなりひどく、月経時の出血の量が尋常ではないことから、異変には気がつきやすいのではないでしょうか。

しかし女性の体は変化しやすいものですので、月経量が増えるのもホルモンのバランスによるものだと思い、放置している人も多いでしょう。そうなってしまうと、悪化して、ひどい場合には日常生活にも支障が出ますし、外出先で貧血で倒れたり、人によっては動けなくなる、立っていられなくなるといった症状を起こす場合もあるので放置しておくのは大変危険です。

出典:ダグラス窩子宮内膜症の症状や特徴 | 子宮内膜症の種類【子宮内膜症解消ネット】

予兆・症状
子宮内膜症

nak 2014/07/08 20:00

卵巣子宮内膜症の原因と症状

近年増えている病気の一つなのですがその理由として、欧米化した食生活、一生のうちの妊娠の回数が減っていること、分娩の回数が減っていることなどが原因といわれています。

症状としては子宮内膜症と同じで、生理痛、生理時に頻尿になったり、排便痛、腰痛といった痛みが現れます。
性交痛もよくある症状なのですが、人によってはまったく自覚症状がない人がいるのも特徴です。
不妊症の原因としても知られています。

出典:卵巣子宮内膜症の症状や特徴 | 子宮内膜症の種類【子宮内膜症解消ネット】

予兆・症状
子宮内膜症

nak 2014/07/08 19:59

外性子宮内膜症の症状

卵巣に子宮内膜があれば月経が卵巣の中でたまり、卵巣がしだいに腫れてきます。
これはチョコレート嚢腫とも言われているのですが、自覚症状はあまりないのが特徴です。

この病気を患っている9割の人が下腹部痛を自覚しており、腰に対して差し込むほどの痛みも感じています。
更に生理の回数が重なるごとに痛みがひどくて、立っていられないほど日常生活にも支障をきたす人も多いのです。卵巣、周辺の臓器に癒着していると、引っ張られる感じや圧迫されている感覚もあります。
骨盤痛といわれる痛みなのですが、これもひどい場合には日常生活に支障が出ることもあるのです。

出典:外性子宮内膜症とは | 子宮内膜症の種類【子宮内膜症解消ネット】

予兆・症状
子宮内膜症

nak 2014/07/08 19:59

子宮腺筋症の症状

どのような症状が現れるのかというと、激しい生理痛、下腹部痛、腰痛に加え不妊症の原因にもなっています。
一度かかるととても治りにくい病気でもあります。そして悪化すると知らない間に進行して、最後は、月経以外の日も毎日痛みが耐え難いくらいに続いてしまいます。

子宮腺筋症は月経量が増えて、貧血になる恐れもありますし、日常生活にも支障が出てしまいます。
がんのように命に関わる病気ではなく、悪性の病気でもないのですが、女性にとってはかなり悩み多い病気で治療をしても再発するのが特徴です。

出典:子宮腺筋症の症状や特徴 | 子宮内膜症の種類【子宮内膜症解消ネット】

予兆・症状
子宮内膜症

nak 2014/07/08 19:58

内性子宮内膜症の自覚症状

毎月子宮筋層から出血しますから、子宮の筋肉は刺激を与えられて、その刺激はとても強い痛みとして現れます。また人によっては過多月経になり月経の回数が増えることもあります。

それによって貧血になったり、日常生活にも支障が出ますし、妊娠したいと思っている人にとっては、不妊症の原因になる恐れもあるのです。自覚症状としては生理痛、月経困難、性交痛、排便痛、不正出血などが主な症状です。

出典:内性子宮内膜症とは | 子宮内膜症の種類【子宮内膜症解消ネット】

予兆・症状
子宮内膜症

nak 2014/07/08 19:57

どの治療法にも再発のリスクがある

子宮内膜症は根本的な治療をしたとしても、短期間で完治する病気ではないのです。
根治治療を受けるか閉経するという以外は女性として長く付き合っていくしかない病気なので、一度治療を受けても経過観察が必須で、場合によっては再発することになるのです。

再発はないだろうと安心していると、しばらくして救急車で運ばれるほど悪化してしまう人もいるほどです。
手術を受けたからといって、必ずしも完治したとは言えないのです。

出典:完治はするの? | 治療について疑問【子宮内膜症解消ネット】

予兆・症状
子宮内膜症

nak 2014/07/08 19:57

完治はするの?
閉経まで再発を繰り返すケースが多い

子宮内膜症は女性の10人に1人が患うという、発症率がとても高い病気です。
そんな子宮内膜症ですが、完治するのでしょうか。

子宮内膜症は治療をしても再発する可能性が高いといわれています。
完治するのかどうか不安に思っている人も多いでしょう。
結論から言えば閉経までは再発を繰り返すことが多く、なかなか完治するのは難しいと考えられています。

出典:完治はするの? | 治療について疑問【子宮内膜症解消ネット】

治療
子宮内膜症

nak 2014/07/08 19:57

血液検査の内容

子宮内膜症かもしれないといって色々検査をする中で血液検査も必ずといっていいほど出てくると思いますので、それは忘れないようにしておきたいですね。

痛い検査ではありますが少し血液を抜くだけなので、それほどたいそうな検査ではありませんから安心してください。一般的な採血と同じですので、心配することはないのです。
血液検査だけで診断をするということもありません。

出典:血液検査(CA125) | 検査の内容【子宮内膜症解消ネット】

治療
子宮内膜症

nak 2014/07/08 19:56

CA125の正常値とは

血液中の腫瘍マーカーであるCA125 は正常値なら35u/ml以下ですが、生理中は誰でも高くなることが予想されます。血液中の腫瘍マーカーのCA125 はホルモン治療の効果が出ているかを調べるときにも使われる検査方法でもあります。

子宮内膜症を発症している人が血液検査をしたときにCA125 が高くなるという検査結果は事実ですので、ほかの検査もしたうえで、もしかすると子宮内膜症かもしれないという疑いが出てきたときに、この血液検査を行って決定的な診断を見極めることになるのです。

出典:血液検査(CA125) | 検査の内容【子宮内膜症解消ネット】

治療
子宮内膜症

nak 2014/07/08 19:56

腫瘍マーカーの数値を確認する検査法

子宮内膜症の検査のひとつに血液検査があります。
子宮内膜症があれば、血液の中の腫瘍マーカーであるCA125の数値が高く出るのです。

こちらは普段卵巣がんの腫瘍マーカーということで一般的には使われていますが、子宮内膜症を診断する場合にも行われています。ただし、子宮内膜症の検査として行う血液検査の場合には、これだけで診断を決定するのではなく、補助的に使うのが一般的ですので、ほかの検査と並行して血液検査が行われます。

出典:血液検査(CA125) | 検査の内容【子宮内膜症解消ネット】

1ページ目/8ページ, 1件目〜12件目/87件

< 前に戻る12345678

子宮内膜症カラダシェアメモ

こんな女性が子宮内膜症にかかりやすい

子宮内膜症になりやすい年齢と言うのは20代~40代の女性であると言われています。また、月経周期が短く、月経の期間が長い人のほうが子宮内膜症になりやすいともいわれていますし、遺伝的な要素もあるともいわれています。閉経を迎えると卵巣からのホルモン分泌がなくなり、子宮内膜症の症状も治まってきます。

子宮内膜症 wiki

子宮内膜症(しきゅうないまくしょう、英: Endometriosis)は、子宮内膜やそれに類似した組織が子宮内腔や子宮体部以外の骨盤内で増殖する疾患。

子宮内膜が子宮外で増殖する疾患である。良性の疾患ではあるが、転移や浸潤するなど悪性腫瘍のような性質も併せ持っている。子宮外にあるとはいえ子宮内膜であることに変わりはないので、エストロゲンに依存して発育していく。

http://ja.wikipedia.org/wiki/子宮内膜症