頭痛の原因、症状、治療、解消法、予防まとめ

頭・顔

頭痛まとめ

1ページ目/8ページ, 1件目〜12件目/85件

解消
頭痛

nak 2014/05/25 22:45

頭痛 解消 鍼灸

調べてみると、胸椎の6番の動きに問題があった。調整する鍼を行ったところ、頭痛、肩こりの症状がほとんど取れた。後頚部の左に症状が残ったため、肩甲骨の内縁を緩めるため肘のツボを使用した。すると、症状のほとんどが消えた。

出典:頭痛の症例 | 鍼灸専門|頭痛・肩こり・花粉症|品川駅近く|はりきゅうルーム品川カポス

解消
頭痛

nak 2014/05/25 22:44

頭痛 解消 鍼灸

腰と肩のツボに鍼をすると、後頭部(左)の痛みが軽減しズキンズキンとする痛みが消えた。続いて後頚部のツボを使ったところ大きな手応えがあった。それから症状はピタリと治まり、それから1ヶ月(次の診察)まで全く症状が出ていない。

出典:頭痛の症例 | 鍼灸専門|頭痛・肩こり・花粉症|品川駅近く|はりきゅうルーム品川カポス

解消
頭痛

nak 2014/05/25 22:43

頭痛 解消 鍼灸

1回目後、目の奥が気にならなくなったが、頚(後)と背中のコリが残った。2回目後、症状はほぼ消失。一旦は治療を終了したが、2ヶ月後調子が悪くなったため来院。その後、調子が崩れそうになるとケアのため来院。

出典:頭痛の症例 | 鍼灸専門|頭痛・肩こり・花粉症|品川駅近く|はりきゅうルーム品川カポス

解消
頭痛

nak 2014/05/25 22:42

頭痛 解消 鍼灸

触診をすると、右側の頚、背中(肩甲骨付近)、鎖骨周辺のコリが強く、左右差が際立っていた。この左右差が偏頭痛の原因になっていると考え、上半身の左右のバランスを調えるように施術を行った。2週間に1回のペースで4ヶ月間の治療を行っているが、その間一度も偏頭痛は発症していない。現在もケアのために通院中。

出典:頭痛の症例 | 鍼灸専門|頭痛・肩こり・花粉症|品川駅近く|はりきゅうルーム品川カポス

解消
頭痛

nak 2014/05/25 22:42

頭痛 解消 鍼灸

胃腸の調子を調えるツボを使用した後、頚と背中(肩甲骨の間 )のこわばりを緩めた。その際、左右のバランスを調えるよう配慮した。1回目の施術でほとんどのこりが解消した。続けて施術を受ける必要がないと思われたので初診で治療を終えた。

出典:頭痛の症例 | 鍼灸専門|頭痛・肩こり・花粉症|品川駅近く|はりきゅうルーム品川カポス

解消
頭痛

nak 2014/05/25 22:41

頭痛 解消 鍼灸

起きている状態では吐き気がツライため、すぐにベッドに横になった頂いた。膝と足首のツボを用いて、右の肩甲骨の内上角を緩めた。吐き気がすぐに軽くなってきた。続けて左側も同様に緩めた。すると、起きていても吐き気を感じない状態に。その時点で、右のおでこに軽い痛みが残っていたので、肩甲骨の内上角にあるツボを使ったところすぐに消えた。辛そうな表情で来院したが、帰る頃には笑顔がみられた。1週間後の来院での尋ねてみると、直後から吐き気が消えて、頭痛は「モワ~ン」とする軽い感覚が残っていたが徐々に消え、6日後にはスッキリしたとのこと。

出典:頭痛の症例 | 鍼灸専門|頭痛・肩こり・花粉症|品川駅近く|はりきゅうルーム品川カポス

解消
頭痛

nak 2014/05/25 22:39

頭痛 解消 鍼灸

週に1回のペースで治療を続ける。2~3年続いた慢性の頭痛が8回の治療でなくなる。また、随伴症状(めまい感、目の疲れ)も経過が良く、現在も月2回のペースで治療継続中。

出典:一般的頭痛・偏頭痛・前頭痛の症例 | 宮崎市 鍼灸院(はりきゅういん) 鍼灸おすず治療室

解消
頭痛

nak 2014/05/25 22:38

頭痛 解消 鍼灸

最初のうちは、2日~3日に1回くらいのペースで治療を2週間続け、初めの1週間の治療で毎日あった頭痛がだんだんと減ってきた。
1日、2日と頭痛が出ない日が続くようになり、治療間隔も1週間に1回、2週間に1回と減らしていったが、頭痛は出なくなっていった。
今では体調が優れない時に治療をして体調を整えるまでに回復し、良い状態が続いているとのこと。

出典:一般的頭痛・偏頭痛・前頭痛の症例 | 宮崎市 鍼灸院(はりきゅういん) 鍼灸おすず治療室

解消
頭痛

nak 2014/05/25 22:37

頭痛 解消 鍼灸

2回の治療で寛解。睡眠も時間は少ないが明らかに治療後から体が楽で子供にも優しく接することが出来るようになったと喜んでもらえました。

出典:症例報告~頭痛~|【鍼灸整骨道】国立おざわ鍼灸・整骨院(株式会社one page)

解消
頭痛

nak 2014/05/25 22:36

頭痛 解消 鍼灸

術後痛みは引くが、翌日、同様の痛みがある。1週間に3回ほど治療し、症状は安定している。健康維持につき2回ほど通院中です。

出典:頭痛、偏頭痛(こめかみの痛み)|鍼灸治療症例集|まこと鍼灸院

解消
頭痛

nak 2014/05/25 22:35

頭痛 改善 鍼灸

飛陽に鍼を一本のみ刺鍼する。この鍼で回旋時の後頭部の痛みはとれる。
腹部お血、脊椎の側湾があるためそのための処置をして一回目を終了。痛みは10から2に減少。二回目、同前処置をして痛みは2から0になる。

以上、2回で一ヶ月間悩まされた痛みは消失する。

出典:後頭部の痛み|鍼灸治療症例集|まこと鍼灸院

解消
頭痛

nak 2014/05/25 22:34

頭痛 改善 鍼灸

3回目の鍼灸治療のあとは痛みなしの状態が5日間続いた。 1週間に1~2回ペースの鍼灸治療で、1ヵ月後には痛みがほぼなくなった。

出典:病院で治らない、薬が効かない偏頭痛を鍼灸治療で改善|大阪市|ファン鍼灸院1

1ページ目/8ページ, 1件目〜12件目/85件

< 前に戻る12345678

頭痛カラダシェアメモ

こんな頭痛には要注意!!

頭痛は、緊急に集中治療を施さなければ死に至る疾患の表徴であることがある。その疾患とはクモ膜下出血、髄膜炎、大きな脳出血の3つである。脳腫瘍も放置すれば確実に死に至るが、緊急度では前3者には遠く及ばない。また、重度の緑内障発作であった場合には、生命には影響しないが失明の危険が大きく、緊急度は高い。
それらの疾患を示唆する徴候は以下の通りである:
・今までに経験したことがないような頭痛か、今までの頭痛で最悪の頭痛 (first, worst):クモ膜下出血、髄膜炎
・高齢者の初発頭痛:脳出血
・5歳未満の初発頭痛
・持続進行性の頭痛(経過観察中の悪化など):髄膜炎、脳腫瘍
・突発(何時何分に起きた、何をしている時に起きたと正確に言える):クモ膜下出血
・全身症状(発熱、るいそう、痙攣)
・神経症状(麻痺、複視)・精神症状などを伴う(特に1時間以上持続):脳出血
・項部硬直がみられる(髄膜刺激症状がある):クモ膜下出血、髄膜炎
・眼底検査でうっ血乳頭がみられる:本節すべて
・担癌患者、免疫不全者、妊婦の初めての頭痛
・発熱・発疹を伴う:髄膜炎
・未明・早朝からの頭痛
・運動、性行為、バルサルバ法により誘発された頭痛
・頭を振ると頭痛がとてつもなく増強する(Jolt accentuation):髄膜炎
・明るい物を見ると頭痛が増強する:緑内障、クモ膜下出血
・虹彩が円盤状でなく球面状になっている:緑内障
・最近の頭部外傷 : 硬膜下血腫

頭痛 wiki

頭痛(ずつう)とは、頭部に感じる痛みのうち、表面痛でないもの。様々なタイプの痛みを含んだ幅の広い症状概念である。ありふれた症状である一方、これを主症状とする致命的疾患もあり、他方で原因が特定できないことも多いという、症候学上非常に重要な症状。原因はさまざまといわれるが、基本的には、すべての頭痛の原因は一つとされる。血液中のある物質による炎症反応ともいわれる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/頭痛