子宮頸がんの原因、症状、治療、解消法、予防まとめ

子宮

子宮頸がんまとめ

1ページ目/4ページ, 1件目〜12件目/46件

原因・予防
子宮頸がん

nak 2014/07/23 12:50

日本でもワクチン接種は受けられるの?

子宮頸がん予防ワクチンは既に海外で使用されていますが、日本ではまだ承認されていません。
現在、英グラクソ・スミスクライン(GSK)がCervarix (セルバリックス)を、米メルク子会社の万有製薬がGardasil (ガーダシル)を日本国内での承認申請中です。2006年6月にアメリカで承認されたのをはじめ80カ国以上で承認されており、日本でも早ければ年内に承認される方向です。
日本では最新の薬やワクチンの導入が遅れるケースがあり、このような点では日本はまだ“発展途上国”といわれています。

出典:子宮頸がんの予防|もっと知ろう!子宮頸がん *女性の健康・医療情報.net*

治療
子宮頸がん

nak 2014/07/23 12:50

抗がん剤の副作用

抗がん剤は、がん細胞だけでなく正常な細胞にも影響を及ぼします。特に髪の毛、口や消化管などの粘膜、骨髄など新陳代謝の盛んな細胞が影響を受けやすく、脱毛、口内炎、下痢が起こったり、白血球や血小板の数が少なくなることもあります。その他吐き気や、心臓への影響として動悸や不整脈が、また肝臓や腎臓に障害がでることもあります。

現在では、抗がん剤の副作用による苦痛を軽くする方法が進んでいますし、副作用が著しい場合には治療薬の変更や治療の休止、中断などを検討することもあります。

出典:子宮頸がんの治療法|もっと知ろう!子宮頸がん *女性の健康・医療情報.net*

治療
子宮頸がん

nak 2014/07/23 12:49

子宮頸癌の化学療法

化学療法はがん細胞を殺すための抗がん剤を使用します。薬剤は経口的に投与されたり血管または筋肉注射として投与されます。抗がん剤は血流に入り全身をめぐり、子宮頸部を越えて拡がったがん細胞を殺すので全身療法と呼ばれています。

出典:子宮頸がんの治療法|もっと知ろう!子宮頸がん *女性の健康・医療情報.net*

治療
子宮頸がん

nak 2014/07/23 12:49

放射線治療の副作用

副作用は、放射線が照射されている(された)部位に起こる皮膚炎・粘膜炎などや、照射部位によらず起こるだるさ、吐き気・嘔吐、食欲低下、白血球減少などがあります。
子宮頸がんの場合には、直腸炎や膀胱炎などが起こることがあります。治療が終了して数ヶ月~数年たってから起こりうる症状(晩期合併症)もあります。患者さんによって副作用の程度は異なります。

出典:子宮頸がんの治療法|もっと知ろう!子宮頸がん *女性の健康・医療情報.net*

治療
子宮頸がん

nak 2014/07/23 12:49

子宮頸癌の放射線治療法

放射線治療にはがん細胞を殺し、腫瘍を縮小するためにX線や高エネルギー線が用いられます。放射線は体外から放射線を照射する外照射か、がん細胞の認められる領域に薄いプラスチックチューブを通し、放射線を出すラジオアイソトープを使用したプラスチックを入れて治療する腔内照射があります。放射線単独で治療する場合と、手術と併用して治療する場合があります。

出典:子宮頸がんの治療法|もっと知ろう!子宮頸がん *女性の健康・医療情報.net*

治療
子宮頸がん

nak 2014/07/23 12:48

子宮頸癌の手術治療

・骨盤内臓全摘術
がんが子宮頸部ばかりでなく女性器外に拡がっていると、子宮・膣とともに下部結腸、直腸、膀胱をもとらなければなりません。これを骨盤内臓全摘術といいます。術後、人工肛門や回腸導管(回腸を用いて人工的に尿路を再建する)、造膣術など形成手術が必要となります。

出典:子宮頸がんの治療法|もっと知ろう!子宮頸がん *女性の健康・医療情報.net*

治療
子宮頸がん

nak 2014/07/23 12:47

子宮頸癌の手術治療

・広汎子宮全摘出術
患部を子宮と膣の一部を含め、骨盤壁近くから広い範囲で切除します。子宮頸がんに関連する所属リンパ節も同時に切除します(リンパ節郭清)。通常、リンパ節は小豆のようなかたちをしており、全身に存在します。そして感染と戦う細胞を産生したり、貯蔵したりしますが、がんの時には転移したり、他臓器への転移経路となるので取り除かなければなりません。

出典:子宮頸がんの治療法|もっと知ろう!子宮頸がん *女性の健康・医療情報.net*

治療
子宮頸がん

nak 2014/07/23 12:47

子宮頸癌の手術治療

・単純子宮全摘出術
がんに侵された子宮を摘出する手術です。子宮が経膣的に摘出されれば膣式単純子宮全摘、腹壁を切開して行われれば腹式単純子宮全摘といいます。ときには、両側付属器切除術といい、卵巣・卵管も切除されます。

出典:子宮頸がんの治療法|もっと知ろう!子宮頸がん *女性の健康・医療情報.net*

治療
子宮頸がん

nak 2014/07/23 12:46

子宮頸癌の手術治療

・円錐切除術
がんが見つかった子宮の頸部組織を円錐状の組織として切除します。円錐切除は生検組織をとる診断的意味の他に、早期がんでは治療的意味も含んでいます。

出典:子宮頸がんの治療法|もっと知ろう!子宮頸がん *女性の健康・医療情報.net*

治療
子宮頸がん

nak 2014/07/23 12:45

子宮頸癌の早期がんに対する治療

治療は以下のうちのいずれかです。
凍結療法:がん細胞を凍らせて殺します。
高周波療法:高周波を用いて電磁波の熱でがん細胞を殺します。
レーザー治療:レーザー光線を用いがんを殺します。

出典:子宮頸がんの治療法|もっと知ろう!子宮頸がん *女性の健康・医療情報.net*

原因・予防
子宮頸がん

nak 2014/07/23 12:43

子宮頸がん予防ワクチンってどんなワクチン?

ワクチンできちんと予防しておくことが将来の病気を減らすために大切です。
子宮頸がん予防ワクチンはHPV感染を防ぐワクチンです。
子宮頸がん予防ワクチンによってHPV感染を防ぐことができ、子宮頸がんとその前がん病変、外陰上皮内腫瘍、腟上皮内腫瘍、尖圭コンジローマなどの発症を防ぐことが期待できます。

出典:http://www.shikyukeigan-yobo.jp/vaccine.xhtml

治療
子宮頸がん

nak 2014/07/23 12:42

子宮頸癌の検査

やわらかいヘラや、ブラシなどで、子宮の入り口をそっとこすって、細胞を採取します。ほんの1、2分で終わり、痛みはほとんどありません。
これで検査は終了です。
細胞の標本は顕微鏡検査に提出され、判定が行われます。

出典:http://www.shikyukeigan-yobo.jp/checkup_flow.xhtml

1ページ目/4ページ, 1件目〜12件目/46件

< 前に戻る1234

子宮頸がんカラダシェアメモ

ヒトパピローマウィルス(HPV)感染が子宮頚がんの発生する主要なリスク因子です。

病気をもたらす原因を増加する因子はリスク因子と呼ばれます。リスク因子があるからといって、がんになるとは限りません。また、リスク因子がないからといって、将来がんにならないわけではありません。リスクを持つ可能性がある人は医師に相談してください。

子宮頚部へのヒトパピローマウィルス(HPV)感染は子宮頚がんで一番多くみられる原因です。しかし、HPVに感染した女性が必ずしも子宮頚がんを発症するわけではありません。子宮頚部にHPVまたは異常な細胞があるか調べるのが塗抹細胞診なので、これを定期的に行わない女性では子宮頚がんの発生するリスクが高くなります。

他に可能性のあるリスク因子には次のようなものがあります:
・多産の女性。
・セックスパートナーが複数の女性。
・初交年齢が若い女性。
・喫煙者。
・経口避妊薬(ピル)服用者。
・免疫系の低下している女性。

2012年にがんで死亡した女性は約14万5000人に上りますが、そのうち子宮頸がんを原因とする人は全体の1.9%、子宮体がんは全体の1.4%です。

子宮頸がん wiki

子宮頸癌(しきゅうけいがん、英: cervical cancer)は、子宮頸部と呼ばれる子宮の出口より発生する癌。性行為感染症である尖圭コンジローマと同様、ヒト乳頭腫ウイルス (HPV) の感染によって発症する為、性行為感染症に分類される。

子宮頸部扁平上皮癌は、ヒトパピローマウイルス (HPV) の長期間の感染による発症である。近年の疫学的調査によると、扁平上皮癌80%、腺癌20%であり、腺癌の比率が上昇している。以下、特に断りのないかぎり本記事では子宮頸部扁平上皮癌について述べる。
子宮頸癌の最大の特徴は、原因がはっきりしている為、予防可能な癌であるという点である。これは異形成(子宮頸癌になる前の病変)が発見可能なためであり、定期的な子宮頸癌検診により、異形成の段階で発見・治療することにより癌の発症を未然に防ぐことができる。
その為、性経験のあるすべての女性に年に一度の子宮癌検査が勧められており、欧米では多くの女性が子宮癌検査を受診している。

http://ja.wikipedia.org/wiki/子宮頸癌