乳がん(乳癌)の原因、症状、治療、解消法、予防まとめ

乳房

乳がん(乳癌)まとめ

1ページ目/7ページ, 1件目〜12件目/73件

予兆・症状
乳がん(乳癌)

nak 2014/08/05 20:14

乳がんの予兆

前兆としては背中が凝るというのがあるらしいです。
あと、臨床学上、乳房に以下のような症状が表れたら乳癌の前兆であると考えられるので特に注意が必要です。

乳房を触ってみて痛みはないが以前なかった「しこり」が確認できる。
この場合、繊維腫とも考えられるし悪性の腫瘍とも考えられる。

以前とは違い乳頭がへこんだり、乳房に異常な突出が見られる。
正常な乳頭は通常突出しているもので乳房自体の外観はまるく柔らかみを帯びているものだが、一部の人は生まれつき乳頭が多少へこんでいることもあるのでこれは差し支えない。
もともとは正常であったのに突然乳頭がへこんでしまったり乳房にも原因不明のしこりが出てきたり、くぼんでいたり等したときには、すぐに病院で検査を受けた方がよいでしょう。

乳頭や乳輪から原因不明の分泌物が出る。
ただ、妊娠中の女性は子供に乳を与える必要があるので分泌物があっても問題はない。
また、思春期の少女がだんだんと乳頭から白色、または無色の分泌物が出ることもある。これ以外の分泌物が出た場合は必ず医者に行き検査をしてもらう必要がある。

乳房の表面がみかんの皮のように変化する。
しいては赤いしこりやただれが起きる。

わきの下を触ってしこりが確認できる。
これはわきの下のリンパが集結して大きく固まったもので、乳房に腫瘍が発生し転移する兆候である可能性が高い。

出典:乳がんの前兆を出来るだけ多く教えてください。 - Yahoo!知恵袋

予兆・症状
乳がん(乳癌)

nak 2014/08/05 20:13

良性のしこりと悪性のしこりの見分け方

・良性は消しゴムのような硬さ、悪性は石のような硬さ。  
・良性は境界がはっきりしていてくりくりした感じで、悪性は境界があいまいである。  
・良性は指で押すと逃げるが、悪性は指で押しても動かない。

出典:乳がんの症状: 乳がんの基礎知識

予兆・症状
乳がん(乳癌)

nak 2014/08/05 20:13

乳がんの症状 その5

遠隔転移した場合の症状ですが、これはどこに転移したかにより異なります。乳がんが転移しやすいのは、骨、肺、肝臓、脳などで、領域リンパ節以外の遠くのリンパ節に移動することもあります(遠隔リンパ節転移といいます)。腰、背中、肩の痛みなどが持続する場合は、骨への転移が認められます。咳が出たり息苦しくなったりすれば肺転移です。肝臓の場合は症状が出にくいのですが、お腹が張ったり、食欲不振、あるいは黄疸なども出ることもあります。脳への転移では無症状の場合もありますが、手足の麻痺や言語障害、あるいは脳がむくんで頭蓋内圧力が高くなると、頭痛や気持ちが悪い、吐き気などの症状が出ることがあります。

出典:乳がんの症状: 乳がんの基礎知識

予兆・症状
乳がん(乳癌)

nak 2014/08/05 20:12

乳がんの症状 その4

乳がんは近くのリンパ節(領域リンパ節といいます)に転移しやすく、その場合はリンパ液の流れが悪くなり、わきの下が腫れたり腕に向かう神経が圧迫されて、腕がしびれるという症状が出ることもあります。

出典:乳がんの症状: 乳がんの基礎知識

予兆・症状
乳がん(乳癌)

nak 2014/08/05 20:11

乳がんの症状 その3

乳房表面の皮膚がオレンジの皮のように赤くなったり(「橙皮とうひ」や「豚皮とんひ」などと表現されます)、痛みや熱を伴うのは炎症性乳がんの症状です。これは皮下のリンパ管が、がん細胞の浸潤で詰まってしまい、リンパ液の流れがせき止められるために起こります。

出典:乳がんの症状: 乳がんの基礎知識

予兆・症状
乳がん(乳癌)

nak 2014/08/05 20:11

乳がんの症状 その2

しこりが皮膚表面に近いところにあると、皮膚がひっぱられてえくぼ状にくぼんだり、赤く腫れたりすることがあります。これは硬がんなどの特徴です。

出典:乳がんの症状: 乳がんの基礎知識

予兆・症状
乳がん(乳癌)

nak 2014/08/05 20:11

乳がんの症状 その1

乳腺外科を受信する女性の7割は「しこりがある」と言って病院にやってきます。他には「乳頭から血液のようなものが出た」「乳房が痛む」ここに書いた3つが主な訴えです。  乳がんは5mm~1cmぐらいの大きさになると、自分でも触って探すことができます。したがって、早期発見のためには自分で気づくことが大切です。ただ、乳がんのしこりは必ずしも硬いものだけとは限らないし、痛みの有無もさまざまです。自己検診は重要ですが、自己判断を過信するのもいけません。また、しこりのほとんどは病的なものでもなく、病的であってもがんではないものが大半です。しこりが見つかってもパニックを起こさずにとにかく乳腺専門医を尋ねてください。

出典:乳がんの症状: 乳がんの基礎知識

治療
乳がん(乳癌)

nak 2014/06/30 15:41

乳がんのステージ(病期)と生存率

乳がんの発見が遅れ、ステージ(病期)が進行するにつれて5年、10年生存率は低下してしまいます。Ⅰ期であれば90%が10年生存しますが、Ⅳ期では20%まで減るのです。
非浸潤の0期やパジェット病の状態であれば、癌が乳管内にとどまっているため、通常は転移を起こさず、生存率もほぼ100%です。

出典:乳がんの予後 | もっと知ろう!乳がん(乳癌) - 女性の健康・医療情報.net

治療
乳がん(乳癌)

nak 2014/06/30 15:40

乳がんの治療法

【化学療法(抗がん剤)】
・治療効果
細胞分裂のいろいろな段階に働きかけてがん細胞を死滅させる効果があり、乳がんは比較的化学療法に反応しやすいがんとされています。
治療内容 がんに対して用いられる化学療法には注射薬や内服薬があります。使用する薬剤やその投与法によって副作用の特性やその頻度などは異なりますので、事前にそれらをよく理解し心構えをつくっておくことが大切です。
副作用 化学療法はがん細胞を死滅させる一方で、がん細胞以外の骨髄細胞、消化管の粘膜細胞、毛根細胞などの正常の細胞にも作用し、白血球、血小板の減少、吐き気や食欲低下、脱毛などの副作用が現れます。

出典:乳がんの治療法 | もっと知ろう!乳がん(乳癌) - 女性の健康・医療情報.net

治療
乳がん(乳癌)

nak 2014/06/30 15:35

乳がんの治療法

【ホルモン補充療法】
・治療効果
約7割の乳がんはホルモン受容体を持っており、ホルモン受容体を有する乳がんは女性ホルモン(エストロゲン)の刺激ががんの増殖に影響しているとされます。
手術でとった乳がん組織中のホルモン受容体(エストロゲン受容体とプロゲステロン受容体)を検査することにより、女性ホルモンに影響されやすい乳がんか、そうでない乳がんかがある程度わかります。女性ホルモンに影響されやすい乳がんを「ホルモン感受性乳がん」、「ホルモン依存性乳がん」と呼び、ホルモン療法による治療効果が期待されます。

出典:乳がんの治療法 | もっと知ろう!乳がん(乳癌) - 女性の健康・医療情報.net

治療
乳がん(乳癌)

nak 2014/06/30 15:26

乳がんの治療法

・薬物療法
薬物療法 乳がんの治療に用いられる薬は、ホルモン療法、化学療法、新しい分子標的療法の3種類に大別されます。薬物療法には薬によって重篤度は異なりますが、多かれ少なかれ副作用が予想されます。また副作用は治療を受ける人それぞれで出方に違いがあり、個人差があります。薬物療法を受ける場合には、薬物療法の目的、期待される治療効果、予想される副作用とその対策などについて十分な説明を受け、理解することが大切です。

出典:乳がんの治療法 | もっと知ろう!乳がん(乳癌) - 女性の健康・医療情報.net

治療
乳がん(乳癌)

nak 2014/06/30 15:26

乳がんの治療法

・放射線療法
放射線療法 放射線にはがん細胞を死滅させる効果があります。放射線治療は放射線照射を行った部分にだけ効果を発揮する局所療法です。乳がんでは外科手術でがんを切除した後に乳房やその領域の再発を予防する目的で行う場合(これを「術後放射線療法」といいます)と、骨の痛みなど転移した病巣による症状を緩和するために行う場合があります。

放射線を照射する範囲や量は放射線治療を行う目的、病巣のある場所、病変の広さなどによって選択されます。副作用は病巣周囲の正常組織にも放射線がかかることによって起こり、放射線があたった領域に含まれる臓器に特有の副作用が出現します。例えば、腰椎に放射線をあてた場合は皮膚や消化管の炎症などが予想されます。

出典:乳がんの治療法 | もっと知ろう!乳がん(乳癌) - 女性の健康・医療情報.net

1ページ目/7ページ, 1件目〜12件目/73件

< 前に戻る1234567

乳がん(乳癌)カラダシェアメモ

乳がんの危険因子は以下の通り。

・妊娠・出産歴がない。出産回数が少ない。
・第一子出産の後、母乳を与えない。なお、関連がないとする報告もあり。
・初経年齢(月経が始まった年齢)が低い。
・閉経年齢が高い。
・ホルモン療法(エストロゲン製剤、ピル等)を受けている。なお、関連がないとする報告もあり。
・飲酒
・喫煙
・高脂肪の食事
・20歳時の体重が低いほど、乳がんになりやすい。閉経後の女性では、成人後の体重の増加が多いほど乳がんになりやすい。
・シフトワークによる不規則な生活
・女性化乳房(男性の場合)
喫煙については、日本人を対象とした研究では、喫煙女性の乳癌リスクは、非喫煙者に比べて1.9倍となる。

乳がん(乳癌) wiki

乳癌(乳がん)は、乳房組織に発生する癌腫である。世界中でよく見られる癌で、西側諸国では女性のおよそ10%が一生涯の間に乳癌罹患する機会を有する。それゆえ、早期発見と効果的な治療法を達成すべく膨大な労力が費やされている。また乳癌女性患者のおよそ20%がこの疾患で死亡する。

http://ja.m.wikipedia.org/wiki/乳癌