PMS(月経前症候群・緊張症)の原因、症状、治療、解消法、予防まとめ

子宮

PMS(月経前症候群・緊張症)まとめ

1ページ目/16ページ, 1件目〜12件目/190件

解消
PMS(月経前症候群・緊張症)

nak 2014/10/25 10:17

一度、生理時期をずらしたくてピルを飲みましたが、やはりめまいがひどくてダメでした。
副作用が極端に出ると辛いですよね。
私はPMSの治療として飲んだことがないのですが、知り合いがPMSで婦人科に行き、
漢方薬を処方されましたよ。即効性はないものの、体への負荷が少なく、穏やかに効く、とか。
飲む前よりかなり改善された、ということでした。
婦人科で相談されてみてはいかがでしょうか。

出典:PMSで毎回嫌になるくらいイライラしたりむくんだりだるくなったりします... - Yahoo!知恵袋

解消
PMS(月経前症候群・緊張症)

nak 2014/10/25 10:16

ピルを飲みはじめて3ヶ月がたちます。

私もPMSがひどく、子宮内膜症とゆう事でピルをのみはじめました。

はじめの1ヶ月は慣れない事による不安定な気持ちが続きピルを止めようかと思う毎日でした…



しかし、2ヶ月目には体もピルに慣れ生理前のイライラも悲しさも…身体的なだるさも含め、

様々な不安定な事がなくなりました!

あのときのような生理前の不安定な状況が来るかと思うとピルはやめられません(笑)

大人にきびもなくなりました。

PMSが改善されたことに驚くくらいです。

一度ためしてみてはどうでしょうか?

出典:PMS…PMSはピルの服用で本当に治るのでしょうか。1年ほど前からP... - Yahoo!知恵袋

解消
PMS(月経前症候群・緊張症)

nak 2014/10/25 10:15

ふだんから体を冷やさない(冬は毛糸のパンツ必須!)、暖かい食事、規則正しい生活、なるべくストレスをためないで楽観的に考えるようにする。
あと、便秘をしないようになったら、なぜかPMSの腹痛が楽になりました。
でも精神的な症状(イライラやモヤモヤ)はやはり多少ありますね。

出典:PMSを改善するためにしている事、心がけている事はありますか? - Yahoo!知恵袋

解消
PMS(月経前症候群・緊張症)

nak 2014/10/25 10:14

PMSが改善したので、嬉しくて質問に答えてばかりです(笑)。

生理1週間前から、イライラ、涙もろくなる、人に会いたくない、
お恥ずかしいのですが、
子どもを大きな声で叱り付ける(ひどいときは、手を出すときもありました。)
ということを繰り返してきました。
身体症状は、過食、便秘、浮腫です。

その私がここ1ヶ月半婦人科系のホルモンバランスに
全く左右されていません。

心掛けたことは、砂糖を控えること。
洋菓子と、パン類はキッパリやめました。

ランニングを始めたこと。
週に3,4日30分ほど走っています。

そして、クリニックハイジーア(後で検索してください。)の
医師が書いた本を偶然大学の図書館で目にして
低血糖状態、ミネラル不足が、PMSを悪化させるということを知りました。

地方に住んでいるので、このクリニックには通えないのですが、
HPで症例の治療方法を真似して
ファンケルで、鉄分、亜鉛、ビタミンB群を購入し、飲んでいます。

性格がいい加減なので、きっちりは出来ないのですが、
排卵痛すら、なくなり、生理周期がきっちり34日だったのが
30日に短縮されました。
本当に、今までがなんだったんだろうと。

アロマも、ヨガも私には効き目がありませんでした。
簡単な方法ばかりですから、少しずつ取り入れてみてください。

オススメ検索キーワード
1.クリニックハイジーア PMS
2.低血糖 PMS

出典:PMSについてPMSが結構重いのですが、何か... - Yahoo!知恵袋

解消
PMS(月経前症候群・緊張症)

nak 2014/10/25 10:10

身体の冷え性を改善する。
おなかを冷やさないで、しょうがなどを食べたりする。
根菜類を積極的にとる。
玄米に近いご飯か、雑穀を入れたものをとる。
なるべく和食にする。
甘いものを食べすぎない。
生理の間や、排卵前後はカフェインをなるべくとらないようにする。
ストレスを貯めすぎない。
ぬるめのお風呂にゆっくり入る。

完全には改善できていませんが、
だいぶ楽になりました。

整体に定期的に通っています。
身体ががちがちに固まっていた時は、
怒りんぼさんも良いところでした。

今では、自分の身体と向き合うことで、
今日は排卵日なんだな~、少し怒りっぱいなと自分の感情を流せるようになりました。

身体を冷やさないことが一番大切だと思いますよ。
きつめの下着や洋服も気をつけましょう。
身体が冷えているときは大きな血管を温めるとよいです。

出典:PMS の症状を今よりも改善できる方法をご存知の方、ぜひ教えてください... - Yahoo!知恵袋

解消
PMS(月経前症候群・緊張症)

nak 2014/10/25 10:09

わたしは生理痛が重かったり、PMSの自覚症状があったので、
内科や婦人科で相談し、血液検査などをしたのですが、
鉄欠乏性貧血が見つかった以外は、
ホルモンの数値などは全て正常だったので、
まず貧血を治すため鉄剤とビタミン剤と、
眠れない時の頓服の安定剤を処方されました。

貧血が治ってもPMS症状は相変わらずだったので、
漢方薬局で相談して、PMSに効くという漢方薬を
試しに飲んでみることにしました。

温経湯、加味逍遙散、当帰芍薬散を飲んでみて、
加味逍遥散が自分の体質に合っているようでしたので、
病院で処方してもらって飲み続けています。
一年くらい前に、症状が良くなったので、
もういいかも知れないと思い、医師に相談して、
漢方薬を飲むのをやめたことがあるのですが、
次の生理前から動悸や吐き気、不安感やイライラなど、
一気にPMSの症状がぶり返してしまい、
薬をやめた事と関係があるのかすぐには分かりませんでしたが、
すぐ漢方薬を再開して、現在はまた安定しています。

漢方は一人一人体格や体質、症状に合わせて処方されるものなので、
薬局の詳しい薬剤師さんに相談するといいですよ。

薬の他にも、毎日の軽い運動や、食生活の改善など、
アロマやハーブなどで症状が楽になるという人もいます。
わたしは他には自分で指圧やマッサージをしています。

五年前の診断ということですから、
改めて病院で診察、検査をしてもらって、
治療法をしっかり相談されるといいと思います。

おだいじに。

出典:PMS治療について質問です。私は5年前にPMSと判断されました。そ... - Yahoo!知恵袋

解消
PMS(月経前症候群・緊張症)

nak 2014/10/25 10:07

婦人科で相談してみた方が良いですよ。

私は気分の落ち込みや、怠さなどの症状ですが、漢方薬を処方してもらっています。

あまり酷い場合が続くようだったら、薬を使う事も医師から説明してもらいました。


市販の薬より、医師に診断してもらって適切な薬を服用すれば、症状も回復してきますよ。


食生活も関わってきますから、PMSの本を読んで参考にしてください。


治療と共に、アロマを焚いたりハーブティーを飲んだりして、リラックスする事もオススメですよ。

出典:PMS改善のための薬の服用について。最近、初めてPMSになりました。最... - Yahoo!知恵袋

解消
PMS(月経前症候群・緊張症)

nak 2014/10/25 10:06

同じ年、女性です。

月経困難症、PMS改善、避妊目的で、半年間ピルを服用していました。ヤーズ3シート、トリキュラー3シートと言う感じです。

どのくらい・・・・・・というのには、個人差があると思います。
私の場合、2種類の薬で試しましたが、効能として書かれているほど劇的な変化はなかったように思います。が、気分の波は少なくなりました。

あまり的確な答えになっていなくてすみません。こればっかりは飲んでみないとわからない部分もあると思います。医師に聞いても多分、同じ答えだと思います。

ただ、主作用があれば、副作用もあります。
私の場合、あまりにひどい便秘になり、毎日同じ時間に飲むことが煩わしく続けられませんでした。性欲も減退してしまいました。

が、一度試してみる価値はあると思います。
合わなくてやめれば、もとのカラダに戻ります。

出典:500枚進呈!ピル服用後のPMS改善度は?34歳です。生理10日前くらいから... - Yahoo!知恵袋

解消
PMS(月経前症候群・緊張症)

nak 2014/10/25 10:06

原因が不明なだけで具体的な治療法はなく対症療法しかまだありません
・漢方
・ホルモン療法
・生活改善
・鎮痛剤
です
漢方を行っているのであればじょじょに体質改善はしているとは思います
あとは生活改善ですかね
痛みを増長させるので白糖やカフェインは控えるといいでしょう
甘いものを好む人はPMSが出やすいです
誰もがわかるような健康的な生活が当然理想ですが、無理すると意味ないですから出来ることから始めればいいのです
PMSを完全に絶とうとするのは無理があります
生活や環境をがらりと変えすぎるとかえってホルモンをアンバランスにさせます
長いこと続くものなので気長に行いましょう

出典:PMS緩和や改善するに 何をしていけばいいですか? 鍼灸院に先月から... - Yahoo!知恵袋

解消
PMS(月経前症候群・緊張症)

nak 2014/10/25 10:05

私も生理の前の3週間は人格が変わっていくのが
分かりながらも自分でどうする事も出来ませんでした
いっそ、生理が止まってしまえばいいのにと
医師に言いましたが、
「更年期障害が早く来て、また苦しくなるよ」と言われました。
生理がある間はPMS
終われば、更年期障害
つくづく、女性は辛いものですね。

質問者様は、もう漢方薬を飲まれているそうなので・・・

私の場合は 精神安定剤よりも

加味逍遥散の服用で症状が改善されました。

体質もあるので、質問者様にはどのようなものが
効果があるのか・・・

周囲(特に彼)が、理解してくれないとお考えのようですが
頭では分かっても、実際はよく分からない。ものだと思います

PMSの時には、自分自身がどうしてこんなに変わってしまうのか
分からないんですもの
自分が分からないのに、他人は分かりようが無い・・・
そう、吹っ切ってしまわれるのも如何かなと思います。

出典:PMSが治らない。改善法がない。生理前になると人格が変わっ... - Yahoo!知恵袋

解消
PMS(月経前症候群・緊張症)

nak 2014/10/25 10:04

私は漢方薬が効きました。
質問者さんは漢方薬が効かなかったとのことですが、病院や薬局で処方された漢方薬で
効かなかったのでしょうか。
それとも市販の薬を買ったのでしょうか。
もし市販薬で効かなかったのなら、病院や薬局で買われるのをお薦めしますが・・・。

私は精神面での落ち込みがひどいPMSだったので、セントジョーンズワートというサプリを
飲みましたが、これは効きました。
DHCで1か月分を1,000円弱で売ってますよ。

あとは、ウォーキング、腕立て伏せ、腹筋背筋などの軽い運動も効果がありました。
カフェインを一切飲まなくしたこと、PMS時の水分摂取を控えること、半身浴も。

漢方を除けば、私の中ではカフェイン断ち、水分の過剰摂取を控える、セントジョーンズ
ワート服用、半身浴の効果が大きかったと思います。

参考URLをつけてますので良かったら読んでみて下さい。
本当に辛いなら、ピルを飲むのが一番手っ取り早いと思いますよ。

出典:月経前症候群(PMS)の改善に効果があったこと教えてください。 - Yahoo!知恵袋

解消
PMS(月経前症候群・緊張症)

nak 2014/10/25 10:03

PMS治療に力を入れている病院をお探しのようですが、実際にそういった病院に通う方は少数だったり、地域限定となるとなかなか難しいかもしれません。私も質問者さんと同様、PMS治療に力を入れている病院を探していたこともありますが、予約が取りづらく、通うとなっても遠すぎたり。あとは、医師との相性もありますよね。

私も以前ピルを服用していましたが、やはりPMSの症状は完全には消えませんでした。飲んでいる間は幾つかの症状は良くなりましたが、代わってうつ症状が強くなり、いつも熱っぽく、だるさも不快でした。
今は病院を変え、現在漢方薬を服用しています。最近になり症状がだいぶ緩和されているように感じます。ただ、一方では漢方専門医が開業しているクリニックを受診してみることも考えています。

ピルの服用が必至なら、種類を変えてみるとか。あとは、体力と気力がいることですが、お近くで病院を変えてみる、またはネット上で、専門の医師が回答してくれるサイト等(登録は有料)で相談されてみるのはどうでしょうか。


出典:私はPMSがきつく、今現在は低容量ピルを服用しています。 - Yahoo!知恵袋

1ページ目/16ページ, 1件目〜12件目/190件

< 前に戻る123456789

PMS(月経前症候群・緊張症)カラダシェアメモ

PMS(月経前症候群)の主な症状

身体的症状と精神的症状に分けられ、どの症状が出るかは個人差がある。下記に代表的な症状を挙げる。
身体的症状
・下腹部膨満感
・下腹痛
・頭痛
・乳房痛、乳房が張る
・腰痛
・関節痛
・むくみ、体重増加、脚が重い
・にきび
・めまい
・食欲亢進
・便秘あるいは下痢
・悪心、動悸
・過剰な睡眠欲
・不眠

精神的症状
・怒りやすい、反感、闘争的
・憂鬱
・緊張
・判断力低下、不決断
・無気力
・孤独感
・疲れやすい
・不眠
・パニック
・妄想症
・集中力低下、気力が続かない
・涙もろい
・悪夢を見る
・異性に対してのみ攻撃的になり暴力をふるう
上記症状は単独で出る事は少なく複合で現れる。その為月経前症候群と呼ばれる。また症状の現れ方は月によって変化する事がある。

PMS(月経前症候群)の主な治療法

完全な治療法は見付かっておらず、現状では対症療法を行うしかない。また個人差もあり、ある特定個人に効果があった治療法が別の個人に効くとは限らない。下記の療法が行われている。
・低用量ピルを用いたホルモン療法
・頭痛薬、鎮痛剤を用いた対症療法
・向精神薬療法
・各種症状にあわせた漢方療法
・食事内容(塩分・脂分・アルコールの過剰摂取など症状を悪化させる要素を控える)や運動(血行改善)、睡眠等の生活指導

PMS(月経前症候群・緊張症) wiki

月経前症候群(げっけいぜんしょうこうぐん、英: PMS; Premenstrual Syndrome)または月経前緊張症(げっけいぜんきんちょうしょう)とは、月経の2週間ないし1週間位前からおこり、月経開始とともに消失する、周期性のある一連の身体的、および精神的症状を示す症候群(いろいろな症状の集まり)である。

米国精神医学会の診断基準(DSM-IV)では特定不能のうつ病性障害として挙げられており、特に精神症状が顕著にみられる。月経周期の黄体期と関連して診断される。正常な月経周期を持つ女性の3-8%に症状がある。米国精神医学会の診断基準(DSM-5)ではうつ病性障害として挙げられている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/月経前症候群