皮膚 に症状が出る主な病気

皮膚に症状が出る主な病気

皮膚の症状まとめ

1ページ目/4ページ, 1件目〜10件目/35件

アトピー性皮膚炎

予兆・症状

nak 2014/06/02 21:08:57

アトピー性皮膚炎とは

アレルギー反応と関連があるもののうち皮膚の炎症(湿疹など)を伴うもので過敏症の一種。アトピーという名前は 「場所が不特定」 という意味のギリシャ語 「アトポス」 (atopos - a=不特定、 topos=場所) から由来し、1923年 コカ(coca) という学者が 「遺伝的素因を持った人に現れる即時型アレルギーに基づく病気」 に対して名づけた。

出典:アトピー性皮膚炎 - Wikipedia

アトピー性皮膚炎

予兆・症状

nak 2014/06/02 21:09:22

医学用語としては気管支喘息、鼻炎などのほかのアレルギー疾患にも冠されるが、日本においては慣用的に「アトピー」のみで皮膚炎のことを指すことが多い。

出典:アトピー性皮膚炎 - Wikipedia

アトピー性皮膚炎

予兆・症状

nak 2014/06/02 21:09:52

アトピーとは

アトピー性皮膚炎は表皮、なかでも角層の異常に起因する皮膚の乾燥とバリアー機能異常という皮膚の生理学的異常を伴い、多彩な非特異的刺激反応および特異的アレルギー反応が関与して生じる、慢性に経過する炎症と掻痒をその病態とする湿疹・皮膚炎群の一疾患であり、患者の多くはアトピー素因を持つ。

出典:アトピー性皮膚炎 - Wikipedia

アトピー性皮膚炎

予兆・症状

nak 2014/06/07 22:55:13

アトピーの症状

・一日中同じところ掻いてしまう。
・出血してしまうくらい強く掻いてしまうこともある。
・湿疹が体の部位に左右対称に出る
・額、目・口のまわり、耳、首、手足の関節部分に症状が出やすい。
・乳幼児は2ヶ月以上、成年では6ヶ月以上の症状が出る
・手足の間接部分に症状が出やすい
・カサカサ
・ゴワゴワ
・ジュクジュク
と言った感じで、赤くなったり、盛り上がったりし、つまむと硬い湿疹であることが特徴です。

痒みのため、ひっかき傷ができてしまい、掻き過ぎで、ジクジクと化膿してしまったり、カサブタができてしまうこともあります。

出典:アトピー性皮膚炎の症状 [アトピー性皮膚炎] All About

アトピー性皮膚炎

予兆・症状

nak 2014/08/09 13:09:19

アトピー性皮膚炎は良くなったり悪くなったりを繰り返す病気です。アトピー性皮膚炎の治療の目標は、症状を上手にコントロールし、日常生活に差し支えない状態を維持することです。医師の指導に従いながら、気長に病気とつきあい、根気よく治療を続けていきましょう。

出典:アトピー性皮膚炎|アステラス製薬|なるほど病気ガイド

アトピー性皮膚炎

予兆・症状

nak 2014/08/09 13:14:28

アトピー性皮膚炎ってどんな病気?

アトピー性皮膚炎は、良くなったり(寛解:かんかい)悪くなったり(増悪:ぞうあく)を繰り返す、かゆみのある湿疹を特徴とする皮膚疾患です。多くの患者さんは皮膚が乾燥しやすい素因(ドライスキン)とアトピー素因(アレルギーを起こしやすい体質)をもっています。

出典:アトピー性皮膚炎 病気の基礎知識|アステラス製薬|なるほど病気ガイド

アトピー性皮膚炎

予兆・症状

nak 2014/08/09 13:14:50

アトピー性皮膚炎の経過と患者数

アトピー性皮膚炎は、かつては乳幼児期特有の病気で、「2歳で半分の患者さんが治り、10歳でさらに半分が治り、18~20歳でほとんど治る」といわれていましたが、 実際はその年齢になっても治らない患者さんや、一度治っても成人してから再発する患者さんもいます。
現在、20歳以下のおよそ10人に1人がアトピー性皮膚炎であると推測されています。

出典:アトピー性皮膚炎 病気の基礎知識|アステラス製薬|なるほど病気ガイド

アトピー性皮膚炎

予兆・症状

nak 2014/08/09 13:21:56

アトピー性皮膚炎にみられる皮膚の状態

アトピー性皮膚炎でみられる主な皮膚の状態には、次のようなものがあります。
・かさかさと皮膚の水分が少ない乾燥した状態(乾燥)。
・フケのようなかさかさしたものが落ちる(鱗屑:りんせつ)。
・赤い腫れ(紅斑:こうはん)。
・ぶつぶつした小さなドームの形の盛り上がり(丘疹:きゅうしん)。
・大きめのごつごつしたしこり。強いかゆみを伴う(痒疹:ようしん)。
・掻き壊したあとにできる、かさぶた(痂皮:かひ)。
・みずぶくれ(水疱:すいほう)。
・皮膚の浅い部分がはがれて、じくじくとただれた状態(びらん)。
・掻き壊しをくりかえして、ごわごわと皮膚が厚く硬くなってしまった状態(苔癬化:たいせんか)。

出典:アトピー性皮膚炎 病気の基礎知識|アステラス製薬|なるほど病気ガイド

アトピー性皮膚炎

予兆・症状

nak 2014/08/09 13:22:32

発疹(湿疹)の重症度

発疹の程度は皮膚の場所ごとに、以下のような目安で評価します。これが皮膚のそれぞれの場所の治療方法を決める目安になります。

出典:アトピー性皮膚炎 病気の基礎知識|アステラス製薬|なるほど病気ガイド

アトピー性皮膚炎

予兆・症状

nak 2014/08/09 13:23:37

年齢による症状の特徴

・乳児期(1歳未満)
初めは顔や頭に、その後次第に全身に、じくじくした腫れ(紅斑)やぶつぶつ(丘疹)が現れます。頭や眉毛には、黄色いかさぶたのような湿疹ができます。これらの症状は、アトピー性皮膚炎でない乳児にも見られるもので、自然に治ることも多いため、すぐにアトピー性皮膚炎と診断することはできません。症状が2ヶ月以上続いた場合に、アトピー性皮膚炎の可能性が出てくるのです。この時期、赤ちゃんは新しい食べ物を口にし始めるため、そのたびにさまざまな症状が出ることがありますが、慣れるにしたがって体がその食べ物を受け入れるように成長していきます。あまり神経質にならないことが大切です。

・幼児・小児期(1歳~15歳)
この時期になって初めて、アトピー性皮膚炎の症状がはっきりしてきます。乳児期はじくじくした発疹でしたが、この時期には皮膚が全体に乾燥し、かさかさしてきます。ひじや膝の裏などの関節の内側には、あせものような発疹やじくじくした発疹がみられ、ごわごわした皮膚(苔癬化)になることも多くあります。首にもよくみられます。またこの時期には、さまざまな合併症を起こしやすくなります。

・青年期・成人期(16歳~)
皮膚の乾燥やごわごわ(苔癬化)はさらに進みます。特に上半身にその症状が多くあらわれます。手足の外側にごつごつ(痒疹)ができることがあります。顔の赤みがとれなくなったり、ぶつぶつ(丘疹)に混じってじくじく(びらん)ができることもあります。炎症をくり返すために、首などにはさざなみ状の色素沈着が起こります。この時期には掻くことが「くせ」になってしまう人が多く、幼児・小児期から続いた「掻く→炎症がひどくなる→掻く」という悪循環が日常的なものとなります。合併症の中では特に、単純ヘルペス感染症や目の合併症などが起こりやすくなります。

出典:アトピー性皮膚炎 病気の基礎知識|アステラス製薬|なるほど病気ガイド

1ページ目/4ページ, 1件目〜10件目/35件

< 前に戻る1234