喉 に症状が出る主な病気

喉に症状が出る主な病気

喉の症状まとめ

1ページ目/2ページ, 1件目〜10件目/15件

気管支炎

予兆・症状

nak 2015/03/18 19:13:41

気管支炎の症状は風邪をこじらせた状態に似ていることが多く、主な症状は咳・痰です。

風邪の場合は鼻から喉、声帯までを中心に炎症が起きることが多いのですが、気管支炎の場合はもう少し奥の気管支に炎症が及んでいると考えると分かりやすいと思います。

肺炎に似た長く続く咳や痰の症状があるものの、レントゲン写真などの検査で肺炎ほどひどい状態ではない場合、気管支炎と診断されます。

出典:気管支炎の症状・治療法 [肺・気道の病気] All About

気管支炎

予兆・症状

nak 2015/03/18 19:14:11

呼吸器は、鼻から喉までの上気道(じょうきどう)と、気管支から肺までの下気道(かきどう)に分けられます。健康な人の上気道には、常に細菌が存在していますが、下気道には菌は存在していません。

このため下気道である気管支に炎症が起きて抵抗力が弱くなった場合、上気道の細菌による細菌感染が起こることも多く、抗菌薬が必要になることがあります。しかし、気管支炎の治療は必ず抗菌薬を用いるべきということではありません。安静にしていると自然軽快することもしばしばです。

原因となる病原体については、乳幼児ではRSウイルスやパラインフルエンザウイルスによる細気管支炎が代表的ですが、成人も含めると気管支炎を起こす頻度はマイコプラズマウイルスが多いと考えられています。

マイコプラズマによる気管支炎は激しい咳が特徴的で、自然軽快することが多いのですが、抗菌薬を用いる場合にはマクロライド系、テトラサイクリン系、ケトライド系、ニューキノロン系抗菌薬が有効です。

気管支炎の咳は、まずは安静にして経過を観察することが最も適切ですが、あまりに症状がつらい場合にはリン酸コデインあるいはリン酸ジヒドロコデインという、咳を出す中枢に作用する比較的強い鎮咳薬を用いることがあります。コデイン以外の効果は乏しいことがありますが、この他にも麦門冬湯(ばくもんどうとう)や清肺湯(せいはいとう)などの漢方薬を用いることもあります。

出典:気管支炎の症状・治療法 [肺・気道の病気] All About

気管支炎

予兆・症状

nak 2015/03/18 19:17:50

気管支炎は、気管から枝分かれした太い気道(気管支)の炎症で、通常は感染によって発生しますが、ときには、ガス、煙、粉塵、ある種の汚染物質などを吸入した刺激が原因となることもあります。

・通常、急性気管支炎は、ウイルス感染によって発生します。
・かぜの症状がみられた後にせきが出る場合は、一般に急性気管支炎が疑われます。
・診断は主として症状に基づきます。
・せき止め薬や解熱剤などの治療薬のほとんどは、症状が治まるまで使用され、比較的楽に過ごすことができます。
・抗生物質はほとんど必要ありません。
一般に、症状が90日以内で治まる場合を急性気管支炎に分類します。症状がそれ以上、ときには数カ月、数年にわたって続く場合は、慢性気管支炎に分類します。慢性気管支炎で呼気流量の低下が起こった場合は、慢性閉塞性肺疾患(慢性閉塞性肺疾患(COPD)を参照)の決定的な特徴とみなされます。この章では、急性気管支炎についてのみ解説します。

出典:http://merckmanuals.jp/home/肺と気道の病気/急性気管支炎/急性気管支炎.html

気管支炎

予兆・症状

nak 2015/03/18 19:21:13

一般に、感染性気管支炎は、鼻水、のどの痛み、疲労感、悪寒といった、かぜの症状から始まります。特に、インフルエンザによる感染の場合は、やや高い熱(37.5~38℃)を伴って背中の痛みや筋肉痛が現れることがあります。せき(通常、初めはたんがからまない乾いたせき)が出はじめた場合は、急性気管支炎の信号です。ウイルス性気管支炎では、せきと一緒に少量の白い粘液がでることがよくあります。この粘液は、しばしば白色から緑色または黄色に変化します。このような色の変化は、細菌感染を示すものではありません。色の変化が意味するのは、炎症に関与している細胞が気道内に集まって、たんの色を変えていることだけです。

出典:http://merckmanuals.jp/home/肺と気道の病気/急性気管支炎/急性気管支炎.html

気管支炎

予兆・症状

nak 2015/03/18 19:21:30

重度の気管支炎では、やや高い熱(38~39℃)が出て、3~5日続くことがありますが、インフルエンザによる気管支炎でない限り、これ以上熱が上がることはほとんどありません。せきは最も治りにくい症状で、治まるまでに数週間かそれ以上かかることがよくあります。ウイルスが気管支内面の上皮細胞を傷つけることがあり、その修復には時間がかかります。気道の過敏症は、一時的に気道が狭くなって、肺に出入りする空気の流れが妨げられたり、流量が制限されたりするもので、急性気管支炎ではよくみられます。気流の阻害は、低刺激物質(たとえば、香料、悪臭、排気ガスなど)や冷たい外気を吸いこむなど、一般的な環境にされされることによって誘発されることがあります。気流の阻害が大きいと、息切れを起こすことがあります。特にせきをした後には、喘鳴がよく聞かれます。

出典:http://merckmanuals.jp/home/肺と気道の病気/急性気管支炎/急性気管支炎.html

気管支炎

予兆・症状

nak 2015/03/18 19:22:08

合併症

急性呼吸不全や肺炎といった重篤な合併症が起こるのは、通常は基礎にある慢性肺疾患(慢性閉塞性肺疾患など)が悪化した人、高齢者、免疫力に問題がある人のいずれかに限られます。

出典:http://merckmanuals.jp/home/肺と気道の病気/急性気管支炎/急性気管支炎.html

気管支炎

予兆・症状

nak 2015/03/18 19:24:39

どんな病気?

気管支とは、気管から肺へ左右に枝分かれした部分です。ここがウイルスや細菌によって炎症を起こした状態が気管支炎です。
喫煙や大気汚染などが原因の慢性気管支炎という病気もあります。

出典:[気管支炎]気管支炎とは | エーザイの一般生活者向けサイト

気管支炎

予兆・症状

nak 2015/03/18 19:25:25

初期には乾いた咳、しだいに、痰がからんだ湿った咳が出て、胸が「ゼイゼイ」と鳴ることもあります。風邪と併発する場合が多いため、咳だけでなく、鼻水、のどの痛み、発熱、節々の痛みなども同時に起こります。
熱が下がった後、ウイルスや細菌が体外に出た後も、気管支の炎症は続き、咳が最後まで残ることもあります。長いときには数週間続くこともあります。

出典:[気管支炎]気管支炎とは | エーザイの一般生活者向けサイト

気管支炎

予兆・症状

nak 2015/03/18 19:27:16

一般に「風邪:かぜ」と呼ばれるのが、急性の上気道感染症の総称であるのに対して、炎症が起きる場所がより末梢の気管支などの下気道である時に「気管支炎」と呼んでいます。主な症状は咳や痰ですが、頸や背中の痛みやこわばり、肩こり、手足の筋肉痛や関節痛、時には下痢や嘔吐を伴うこともあります。経過から、数日から数週間で治る急性気管支炎と、数週間から数カ月の間にわたって咳や痰などの症状が続く慢性気管支炎とに分けられます。さらに、炎症がより抹消の肺胞領域にまで進展して「気管支肺炎」の病像を呈することもあります。実際には、気管支炎症状があり、胸部写真で新たに異常な陰影が出現した場合には、臨床的には「気管支肺炎」あるいは「肺炎」として対応します。

出典:http://shibuya-naika.jp/

気管支炎

予兆・症状

nak 2015/03/18 23:57:24

きが続く場合には、ほかの呼吸器系の病気が隠れていることもあります。アレルギー性の病気などの可能性もあります。早めに医師の診察を受けてください。

出典:急性気管支炎 症状チェック -メディカルiタウン

1ページ目/2ページ, 1件目〜10件目/15件

< 前に戻る12