血液 に症状が出る主な病気

血液に症状が出る主な病気

血液の症状まとめ

1ページ目/3ページ, 1件目〜10件目/24件

白血病

予兆・症状

nak 2014/10/17 20:01:10

白血病とは

白血病は血液のがんです。血液は赤血球、白血球と血小板の3種の血球と、これらが浮遊している液体である血漿より成っています。血球は骨の中にある骨髄の中で作られます。白血病は正確には血液のがんではなく、血球のがんです。血球を作る細胞すなわち造血幹細胞が骨髄の中でがん化して無制限に増殖する病気です。
白血病細胞は正常の造血細胞よりも早く分裂増殖すると思われているかも知れませんが、実際はそうでなく、細胞分裂してから次の細胞分裂までに要する時間は、正常造血細胞よりも2~3倍も長いことが判っています。他のがん細胞も同様です。実は、我々の正常細胞は成熟すると、計画細胞死(アポトーシスとも言います)という機構により死ぬ運命にプログラムされているのです。ところが、がん細胞ではこの計画細胞死がおこらず、そのために細胞が増え続けてがん組織になるのです。別の言い方をすれば、計画細胞死がおこらなくなった細胞が、がん細胞なのです。
ところで、漢字の「癌」と仮名で書く「がん」あるいは「ガン」は同じものと思われているかも知れませんが、正確には違っています。「癌」は上皮細胞、たとえば胃の粘膜上皮細胞や肺の気管支上皮細胞の悪性腫瘍のことであり、「がん」はこれらも含めたもっと広い意味での悪性腫瘍を言います。英語では前者はcarcinoma 、後者はcancerと使い分けています。ですから、胃癌や肺癌と書き、国立がんセンターや愛知県がんセンターと書くわけです。

出典:1.白血病とは|白血病|治療・研究|JALSG

白血病

予兆・症状

nak 2014/10/17 20:03:21

白血病は急性であるか慢性であるか、また、骨髄性白血病であるかリンパ性白血病であるかによって、症状が異なります。
慢性白血病では、初期の段階では症状がほとんど出ないことも多く、健康診断などで白血球数の異常により偶然発見されるケースも多くあります。

白血病の代表的な症状は下記です。
・出血傾向(アザ)・発熱・貧血
・動悸・息切れ・めまい
・全身倦怠感・体重減少・腹部膨満感・寝汗
・リンパ節の腫れ
・腹部の腫れ
・骨や関節の痛み
・吐き気・嘔吐

出典:白血病の症状〜こんな症状には要注意〜

白血病

予兆・症状

nak 2014/10/17 20:03:58

急性白血病の症状

急性白血病では、血液を作る造血幹細胞ががん化することにより、異常な血液細胞が血液中に溢れ出し、全身にさまざまな症状が現れます。
代表的な症状が、出血傾向・発熱・貧血です。
出血傾向とは、出血しやすくなるという意味で、血液細胞の一種である血小板が減少することにより、血が止まりにくくなり、鼻血や歯茎からの出血・アザなどがみられます。

特にアザは、健康な人でも身体をどこかに強くぶつけると内出血をしてアザができますが、白血病によるアザでは、身体をどこにもぶつけたわけでもないのに複数か所にアザができたり、アザが非常に治りにくいという特徴があります。

また、正常な白血球が減少することにより免疫力が低下し、細菌やウイルスに感染することによる発熱や、赤血球減少による貧血などがみられます。

他にも異常な血液細胞が全身を巡ることにより、リンパ節の腫れ・腹部の腫れ・骨や関節の痛み・頭痛・吐き気・嘔吐など、さまざまな症状が現れることがあります。

出典:白血病の症状〜こんな症状には要注意〜

白血病

予兆・症状

nak 2014/10/17 20:04:22

慢性骨髄性白血病の症状

白血病が慢性の場合には、初期の段階では急性のようにはっきりとした症状が現れないケースが多く、自覚症状が乏しいという特徴があります。

しかし自覚できる症状として多いのが、全身倦怠感・体重減少・腹部膨満感・寝汗などです。

ただし慢性骨髄性白血病は、数年後に必ず急性に移行し(急性転化)、急性白血病と同じ症状がでるようになります。

出典:白血病の症状〜こんな症状には要注意〜

白血病

予兆・症状

nak 2014/10/17 20:05:00

慢性リンパ性白血病の症状

慢性リンパ性白血病も慢性の白血病ですので、進行がゆっくりとしており、症状が自覚しにくいという特徴があります。
慢性リンパ性白血病では、リンパ節の腫れがみられることが多いのですが、痛みがないことが特徴的です。
ある程度病状が進行すると、免疫力や食欲の低下により、全身倦怠感・体重減少・寝汗・微熱などの症状が現れることもあります。

しかし慢性リンパ性白血病は他の白血病に比べて進行がはるかに遅く、病状に変化がみられず症状も安定している場合には、経過観察だけでまったく治療を行わない場合もあります。
慢性リンパ性白血病は、慢性骨髄性白血病と違い、急性転化することはほとんどありません。

出典:白血病の症状〜こんな症状には要注意〜

白血病

予兆・症状

nak 2014/10/17 20:05:39

白血病とは、血液の三大悪性腫瘍(白血病・悪性リンパ腫・多発性骨髄腫)の1つとして数えられ、骨髄の中にある造血幹細胞ががんに変異したものです。

造血幹細胞は白血球・赤血球・血小板など血液の元となる血液細胞を生産する細胞ですが、この細胞ががん化することにより、血液内に異常な血液細胞が増加し、正常な血液細胞が減少してしまいます。

正常な血液細胞が減少することにより、出血・あざ・発熱・貧血などの症状が現れ、免疫力が低下するので、細菌やウイルスに感染しやすくなり、肺炎や敗血症などの感染症により死に至るケースもあります。

出典:白血病とは・白血病の基礎知識を解説!

白血病

予兆・症状

nak 2014/10/17 20:05:59

白血病の現状

日本では年間約9000人の人が新たに白血病に罹患しており、年間約7800人の人が死亡しています。

白血病は50歳以上に多く発症しますが、14歳以下の小児で発症するケースが多く、小児がかかるがん(小児がん)の内、約35%を白血病が占めます。成人がかかるがんで白血病が占める割合は、約1%程度です。

白血病は大きく分けて、骨髄性白血病とリンパ性白血病に分類され、それぞれ急性と慢性に分けられます。

白血病が急性の場合には、治療をしなければ数日~数カ月で死に至ることもあります。これが白血病が恐れられている理由の1つです。

以前は血液のがんは"不治の病"として恐れられていましたが、現在では放射線療法や化学療法、新しい治療法である造血幹細胞移植や分子標的薬などによる治療で、治すことも可能になってきました。

出典:白血病とは・白血病の基礎知識を解説!

白血病

予兆・症状

nak 2014/10/17 20:10:08

白血病は大きく分けて、骨髄性白血病とリンパ性白血病に分類されます。

白血病は血液細胞を生産する造血幹細胞ががん化する病気ですが、がんが骨髄系の造血幹細胞で発生すれば、骨髄性白血病。がんがリンパ系の造血幹細胞で発生すればリンパ性白血病と分類されます。

日本の白血病では骨髄性白血病の方が多く、白血病全体の約80%を占めます。リンパ性白血病は約20%です。

骨髄性白血病とリンパ性白血病はさらに「急性」と「慢性」に分類されます。日本では急性が約80%と大半を占め、慢性は約20%です。

以上のことをまとめますと、白血病は、急性骨髄性白血病・慢性骨髄性白血病・急性リンパ性白血病・慢性リンパ性白血病の4種類に分類されるということです。

この4種類の中で最も多いのが急性骨髄性白血病で、白血病全体の約60%を占めます。続いて、急性リンパ性白血病→慢性骨髄性白血病→慢性リンパ性白血病となります。

一般的に成人がかかる白血病では、急性骨髄性白血病と急性リンパ性白血病は特に治療後が難しく予後が悪い傾向があります。成人がかかる白血病の約80%が、急性骨髄性白血病です。

慢性骨髄性白血病は、治療によりある程度症状がコントロールできる場合もありますが、数年後に必ず急性白血病へ移行(急性転化)しますので、慢性の内に治療をすることが重要となります。

白血病は14歳以下の小児で発症するケースが多く、小児の白血病では急性リンパ性白血病が約80%と大半を占めますが、成人の白血病よりは治療しやすい傾向があります。

出典:白血病の種類と分類をご解説!

白血病

予兆・症状

nak 2014/10/17 20:14:48

白血病とはどのような病気ですか?

白血病は血液のがん(主として白血球、まれに赤血球、血小板などから発生することもある)です。血球を作る細胞(幹細胞)が、骨髄中でがん化して無制限に増殖し続ける病気です。正常細胞は成熟分化すると、計画細胞死(アポトーシス)というメカニズムにより細胞が自然に死ぬようにプログラムされています。すなわち、赤血球の寿命は120日間、白血球の中で最も多い好中球は数時間、血小板は数日間です。一方、白血病細胞というがん細胞はこの計画細胞死がおこらないために細胞は増え続けるのです。

出典:白血病

白血病

予兆・症状

nak 2014/10/17 20:15:44

白血病の病態と分類はどうなっていますか?

白血病は大きく分けると急性白血病と慢性白血病になります。急性白血病は急性に経過し、治療しなければ数か月以内に死亡します。慢性白血病は未治療でも数年間生存し慢性経過をとります。急性白血病は細胞の種類によりFAB分類で分けられております。急性リンパ性白血病(L1~L3)、急性骨髄芽球性白血病(M1、M2)、急性前骨髄球性白血病(M3、M4)、急性単球性白血病(M5)、急性赤白血病(M6)、急性巨核芽球性白血病(M7)などに分類されます。

出典:白血病

1ページ目/3ページ, 1件目〜10件目/24件

< 前に戻る123