お腹 に症状が出る主な病気

お腹に症状が出る主な病気

お腹の症状まとめ

1ページ目/6ページ, 1件目〜10件目/52件

nak 2014/10/06 10:04:06

過敏性腸症候群とは

主として大腸の運動および分泌機能の異常で起こる病気の総称。検査を行っても炎症や潰瘍といった器質的疾患が認められないにもかかわらず、下痢や便秘、腹痛、ガス過多による下腹部の張りなどの症状が起こる。以前は大腸の機能の異常によって引き起こされる病気ということで「過敏性大腸症候群」と呼ばれていたが、最近では、大腸だけではなく小腸にも関係することなどからこのように呼ばれている。20~40歳代に多くストレスの多い先進国に多い病気である。

出典:過敏性腸症候群 - Wikipedia

nak 2014/10/06 10:03:23

症状からメンタル的な問題を発見できる?

生活習慣を見直したり、運動したりすることで、体のほうからアプローチする方法とともに、精神的なアプローチも、過敏性腸症候群の予防・治療には欠かせない。といっても、専門的な治療は医師に任せて、自分でできる方法を考えてみよう。そのためにはまず、正面から自分を見つめる必要がある。赤坂クリニックの貝谷さんは言う。

「過敏性腸症候群にかかる人は、日ごろから自己主張をすることが少なく、人目を気にする人が多いので、自分が本当は何を望んでいるのか、わからなくなっているのかもしれません。でも、心と体は鏡のようなもので、無意識のストレスが症状となって現れているのです。医者がこんなことを言うのはおかしいと思われるかもしれませんが、たとえば、こう考えてみてはどうでしょう。便秘のときは、人知れず不満を溜め込んでいるのかもしれない。下痢のときは、身の回りで起こっている物事を消化しきれていない=納得できていないのかもしれない。吐き気が起こるなら、ムカつくことがあるのかもしれない、と。案外、思い当たることがあるのではないでしょうか。これらはあくまで一例ですが、専門的な知識などなくても、自分の体としっかり向き合っていれば、自然に心とも向き合えるようになると思いますよ」

漠然としたストレスの正体を明確にしていき、ひとつずつ立ち向かっていけば、いつか必ず道は開ける。一人で立ち向かうのがつらいなら、カッコつけずに人を頼ればいいのだ。友達、同僚、医師でもいい。相談相手を見つけることも、この病気の予防と治療には重要なことだ。

出典:過敏性腸症候群

nak 2014/10/06 09:55:47

通勤電車で、ブレゼンや商談の佳境で……マズいときこそ赤信号

うだるような暑さが続くこの時期、食べるものも、飲むものも冷たいものばかりで、胃腸はすっかり、へこたれ気味。冷房の効いた場所で、ちょっとお腹が冷えたかなと思ったら、突如おなかがゴロゴロ鳴り出して、あせることもしばしばだ。これが一時的なものなら、まだいいのだが、何度も腹痛に襲われていると、常にお腹の調子が気になり、トイレに行けない場所ではプレッシャーを感じてしまう。症状が慢性化する前に、なんとか手立てを考えなくては!

出典:過敏性腸症候群

nak 2014/10/06 09:59:19

過敏性腸症候群チェック

□ 腹痛を伴う下痢(便は泥状、粘液が出ることも)
□ 便秘、あるいは便秘と下痢を交互に繰り返す
□ 時折、うさぎの糞のような便が出る
□ 排便後は腹痛が収まることが多い
□ 排便後、残便感はあるが、便は出ない
□ ガスがたまりやすい
□ 午前中の腹痛が多く、午後からは回復する
□ 体重の変化はなく、食欲も普通にある
□ すぐトイレに行けない状況で症状が出る
□ 睡眠時や休日には症状が出ない
□ 症状が1カ月以上持続している

出典:過敏性腸症候群

nak 2014/10/06 10:00:11

早い時期に、自分で悪循環を断ち切ることができればいいのだが、毎日腹痛におびえるほど、症状が悪化してしまうと、セルフケアは難しくなる。

「下痢のような症状は、どうしても軽んじられやすく、患者さん本人も、周囲の人も、“精神的に弱いから”“体質だから”と決め付けてしまいがちです。そのため、市販の下痢止め薬などで、とりあえずの処置をしながら、だましだまし仕事を続けている人が多いのです。しかし、こうした自己診断は、時に危険な状態を招くということも、知っておいてください。悪くすると、うつ、緊張、不安といった精神的な症状がさらに進み、ついには出社できなくなってしまう人もいるのです」

不快極まりない症状を一人で我慢していても、得することはひとつもない。ストレスフルな生活を改めろと言われても、簡単に仕事を変えるわけにはいかないし、何から手をつければいいのやら…。ここはやはり、少し面倒でも医師の診察を受けたほうがいい。

 下痢や便秘が起こる病気は、過敏性腸症候群以外にもたくさんあるので、まずは内科や消化器内科を受診するといいだろう。特に、便に血が混じっていたり、体重の減少が大きい場合は、精密な検査を受ける必要がある。そこで異常が発見されず、症状が続いて強いストレスを感じるようであれば、心療内科や精神科の門をたたいてみるのも手だ。

出典:過敏性腸症候群

nak 2014/10/06 10:01:03

過敏性腸症候群になりやすいタイプとは?

過敏性腸症候群の兆候は、比較的早いうちから出始めるという。10代のころから胃腸が弱かった人が、社会人となって仕事上のストレスにさらされ、症状が悪化するケースも少なくない。胃腸は「考える臓器」といわれるくらい、精神的なストレスと関係が深く、便通異常は代表的なストレス疾患のひとつなのだ。

出典:過敏性腸症候群

nak 2014/10/06 10:01:18

過敏性腸症候群かと思ったら、違う病気だった?

慢性的な下痢や便秘が続く病気は、過敏性腸症候群だけではない。代表的なのが、「潰瘍性大腸炎」で、初期症状は下痢や便秘を繰り返すが、症状が進むと血便が出たり、下血することもある。原因不明で治りにくく、この病気も精神的なストレスが誘因となると言われている。また、過敏性腸症候群と同時にある種の精神疾患、たとえば、うつ状態や、閉所恐怖症などを合併しているケースもある。これらは、消化器内科では診断できないため、見過ごされやすいが、精神疾患をかかえたままでは、症状の改善は難しい。下痢止めなどの対症療法で、いつまでたっても症状がよくならない場合は、一度、心療内科や精神科の診察を受けることをおすすめしたい。

出典:過敏性腸症候群

nak 2014/10/06 10:04:58

症状

症状は主に便通の異常である。症状の現れ方によって、不安定型、慢性下痢型、分泌型、ガス型の4つに分けられる。排便により、しばらくは症状が軽快するが、またぶり返す。

・不安定型
腹痛および腹部の違和感、下痢と便秘が複数日間隔で交互に現れる(交代性便通異常)。

・慢性下痢型
少しでもストレスや不安を感じると下痢を引き起こす。神経性下痢などとも呼ばれる。

・分泌型
強い腹痛の後、大量の粘液が排泄される。

・ガス型
常に「ガスが漏れて周囲の人に嫌がられているのではないか」という不安に苛まれ、意識がその一点に集中し、余計におならが出てしまう症状。症状が重くなると、他人の前では無意識の内にガスやにおいがもれるようになる。おなら恐怖症等と呼ばれあがり症(対人恐怖症)の一つと見なされることもある。
※ 機能性消化管障害に関する診断と治療の世界標準であるローマ基準IIによると、ガス型は過敏性腸症候群ではなく機能性腹部膨満症に分類される。

出典:過敏性腸症候群 - Wikipedia

nak 2014/10/06 10:13:42

便通状態から「便秘型」と「下痢型」、そしてその両方を交互に繰り返す「交替型」に分類されます。「便秘型」はコロコロとした便で出にくく、排便後も残便があります。
「下痢型」は軟便や水様便、粘液便が頻繁に出ます。また、どの型にも起こり得る症状として、排便により軽快する傾向のある下腹部の痛みや不快感、おなら、腹鳴、膨満感、吐き気などがあります。
さらに、めまい・頭痛・動悸・肩凝りなどの自律神経失調症状や不安感・落ち込み・イライラ・不眠などの精神症状がみられることもあります。

出典:一般のみなさまへ | 日本消化器病学会

nak 2014/10/06 10:15:46

過敏性腸症候群とは

腹痛や腹部不快感などの下腹部を中心とした腹部症状、また便秘あるいは下痢などの便通異常を症状としますが、その症状の原因となる器質的障害を認めない腸管の機能性疾患です。しかしその症状は深刻でQOL(生活の質)を低下させることも少なくなく、20~40歳代に多いことから学業や就業に支障をきたすため近年重要視されています。またストレス社会の先進国に多く、一種の文明病とも考えられています。

出典:一般のみなさまへ | 日本消化器病学会

1ページ目/6ページ, 1件目〜10件目/52件

< 前に戻る123456