足 に症状が出る主な病気

足に症状が出る主な病気

足の症状まとめ

1ページ目/4ページ, 1件目〜10件目/31件

冷え性

予兆・症状

nak 2014/08/17 12:08:04

冷え性による症状

冷え性に伴う慢性的な血行障害が原因で、しもやけ、腰痛、神経痛、肩こり、肌あれなどが起きうる。

出典:冷え性 - Wikipedia

冷え性

予兆・症状

nak 2014/08/17 12:14:22

冷え性の定義・症状

そもそも冷え性の定義は、はっきり決まってはいません。
・夏でも体が冷えている
・手足が常に冷たい
・人よりも寒がり
といった非常にあいまいな基準で、本人が「自分は冷え性だ」と自覚しているケースがほとんど。ただ、中には本人にはあまり冷えという自覚症状がなくても、基礎体温を測ってみたら常に36度以下だったり、体は温かくてもおなかの中、つまり「内臓」が冷えているという場合もあります。

冷え性の人は血液のめぐりが悪くなっているので、どちらかというと血色が悪く、毛細血管が縮んでしまっていることが多いです。このため、冷え性の女性の中にはむくみ・月経痛・月経不順・不妊といったトラブルを抱えている人が多く見受けられます。

出典:冷え性の原因・症状・診断方法 [婦人病・女性の病気] All About

冷え性

予兆・症状

nak 2014/08/17 12:35:59

夏の冷え性。困ったことはコレ!

寒い季節の冷え症は、なんとなく理解できるかもしれませんが、「暑い季節の冷え症は納得できない! 」という人もいます。夏だからこそ、冷え性のきっかけとなる要因があることも覚えておきましょう。冷え性になることで、暑さがしのげて涼しく感じることができれば得したと思えるかもしれませんが、感じるのはツライ症状。そのような困った症状には以下のようなものがあります。

・肩こりが以前よりもひどくなった。コリというよりも「痛い」と感じることがある。
・よく頭痛がするようになった。
・冷房のきいた部屋にいると、気持ちが悪くなる。
・手足のしびれる感覚が増えてきた。
・腰の辺りが重く感じ、腰とお尻が冷たくなっている。
・お腹の調子が悪く、食欲も落ちてきた。
・無気力で疲れやすく、体が重だるい。

出典:夏の冷え性は秋までに撃退! [婦人病・女性の病気] All About

冷え性

予兆・症状

nak 2014/08/17 12:50:17

病的な血行不良とは?

冷え性に対していろんな方法を試してみたけれど、どうしても良くならない、という方もいらっしゃるかもしれません。こうした方の中には、病的な血行障害の原因として、糖尿病による動脈硬化、閉塞性動脈硬化症などの血管そのものに原因があることもあります。この場合は他の症状などから気づかれることも多いのですが、盲点として甲状腺機能低下症、自己免疫疾患(膠原病)が潜在していることがあります。

特に甲状腺機能低下症は中高年の女性に見られることもあり、診断そのものは甲状腺ホルモン値を測定することで可能ですが、典型的な症状が出現しないことや、時には消化器疾患・循環器疾患・精神疾患などと区別が難しいことがあります。冷え性以外に便秘、筋力の低下、日中の眠気などを感じるようであれば、もしかするとこの病気が存在しているかもしれません。特に女性の方ではご注意ください。


この他、古くからある方法として、生姜湯やくるみなど、体が温まる飲食物を摂取することでも冷え性を改善する効果が期待できます。また、お風呂につかったあとは水気をしっかりとふき取り、できるだけ早く就眠することが一番です。睡眠改善効果も期待できますから、冷え性でお悩みの方はぜひ実践してみてください。

出典:2/2 冷え性にご用心! その原因と対策は? [婦人病・女性の病気] All About

冷え性

予兆・症状

nak 2014/08/17 13:21:18

気をつけて!冷えから発展する病気

冷えは動脈硬化などの血管の病気や、婦人科疾患などの病気に発展することがあります。また、冷え性が免疫力の低下を招くために、アレルギー性疾患などが起こることもあります。
以下は、冷えから発展するといわれる病気の一部です。冷えがたまると、体の弱いところに症状が出るそうです。

・気管支炎、気管支ぜんそく
・自律神経失調症、心身症
・腎臓病、膀胱炎、
・子宮内膜症、不妊症
・慢性関節リウマチ
・アトピー、花粉症
・動脈硬化など…

出典:冷え性が関係する病気

冷え性

予兆・症状

nak 2014/08/17 13:21:48

「寒がり」と「冷え性」は、まったく違うもの

冷え症と寒がり。似ているようですが、実はまったく違うものだと言われています。
辞書で調べてみると

「寒がり」…寒さを感じる度合いが普通の人以上であること。
「冷え性」…冷えやすい体質。特に、腰から下が冷えること。女性に多い。
とあります。

寒がりとは、「寒いのが苦手で、少しの寒さにも大きな寒さを感じる、寒さに過敏な人のこと」らしいですよ。こうした寒がりさんは、厚着をしたり、暖かい場所にいたり、体を温めていくことで、体がよく温まります。ですから寒がりさんは、治す必要はありません。

一方の「冷え性」は、体全体は寒さを感じないのに、部分的に冷える症状をいいます。この冷え性さんは、いくら体を温めても手や足などの冷えた一部分はなかなか温まりません。
「体は冷たくないものの、手足が凍ったように冷たい」など、部分的な冷えの症状がとても強く、場合によっては痛み、のぼせなどの不調などを伴う状態をいいます。
こうした冷え性さんは、冷えをもたらしている原因を知って積極的に対処法を行うことで、その症状が少しずつ改善されていきます。

出典:冷え性と寒がりの違い

冷え性

予兆・症状

nak 2014/08/17 13:25:40

冷えが病気を起こすメカニズム

「冷えは万病の元」という言葉通り、冷え性をほおっておくと病気に発展することもあります。
「冷え症」(仙頭正四郎・土方康世:著)によると、冷え性を放置すると、酵素が活性化されなくなるために、各臓器の代謝が悪くなり、全身の臓器の機能低下が起きてきます。そして、冷えることで血管が収縮し、血液温度が低くなるために、 血流が悪くなります。
そうした状態が続くと、血液がとどこってしまい、各臓器の機能障害が起きて、脳や各臓器の病気をおこす引き金になる可能性があるといいます。
最近は「ガンは冷えた環境を好む」ということが雑誌や本などで紹介されていますから、こうした病気にならないためには、冷えを積極的に改善しようと心がけることがいいようです。

出典:冷え性が関係する病気

冷え性

予兆・症状

nak 2014/08/17 13:26:15

むくみと冷え性の関係とは?

むくみとは、血液や体液の循環が悪くなることで、体内の余分な水分が皮下組織などにたまった状態を言います。
私も、お酒を飲みすぎた翌朝の顔や、夕方になると靴がきつくなる足、指輪がぬけなくなる手…など、「あ、むくんでいるな~」と感じることはたびたびあります。
こうしたむくみは、身体の血液や水分がきちんと循環できなくなるために、足や顔などに水分がたまって膨らんでしまう状態なのだそうです。

実はこのむくみ、冷え性と深い関係があるそうです。
冷え性になると、血のめぐりが悪くなるので、内臓機能の低下がおこります。内臓の働きが悪くなると、血液や水分の循環が悪くなるので、体に水分がたまる「むくみ」を引き起こしていきます。
つまり、冷え性の人は、むくみやすい人といえるわけですね。

むくみで多いのは、足のむくみではないでしょうか。
「夕方になると、足が靴に入らない」「むくんで足が太くなる」という症状を訴える人は多くいます。
冷え性の人は足の筋力が低下していることが多く、足に送られてきた血液や水分を循環させる力が弱くなっています。そのため、足がむくみやすくなっているのです。

ただし足のむくみは、心臓や腎臓に病気がある場合も起こります。
すべての足のむくみが、冷えが原因であるとは言い切れませんので、注意しましょう。

出典:むくみ|冷え性対策アレコレ

冷え性

予兆・症状

nak 2014/08/17 13:26:35

冷えは肩こりの大敵!

肩こりになる原因は、さまざま考えられるようです。
姿勢の悪さや、デスクワークなどでの無理な姿勢から筋肉疲労をおこして肩こりを発症しているケース、精神的な緊張状態やストレスから肩こりを発症しているケース、眼の疲れから肩こりになっているケース…など、いろんな原因が考えられます。
体が冷えると、さまざまな部分に痛みやだるさを感じることがありますが、肩こりもまた、「冷え」が原因で起こることがあります。

体が冷えて血のめぐりが悪くなると、筋肉に新鮮な血液が供給されにくくなり、筋肉に老廃物や疲労物質がたまってしまうために、肩こりになるというのです。さらに、冷えは体を硬直させる状態が続くので、肩の筋肉が緊張して、肩こりの症状が強まることもあります。冷えると、無意識に肩に力が入っていますよね。あの状態も肩こりに影響するんです。

こうした冷えによる肩こりを解消するなら、冷え対策をとることが第一の解消法なのだそうです。
夏でもエアコンの効いた部屋で長時間過ごすことになると、体が冷えて血液のめぐりが悪くなり、肩こりの原因にもなります。姿勢を正すことも、肩こりを緩和するには必要ですが、体を冷やさない工夫、そして体を適度に動かす運動を行い、血行を良くすることも大事です。

肩こりの塗り薬や貼り薬などは、一時的にその部分だけの血流がよくなるだけで、またすぐに肩が凝るようになります。まずは体をあたためる対策をとることが、必要だといえるでしょう。
特に下半身が冷えていると、体が温まりません。足元から温めるようにしましょう。

出典:肩こり|冷え性対策アレコレ

冷え性

予兆・症状

nak 2014/08/17 13:26:51

肌荒れは、血のめぐりが悪くなっているサイン?

肌荒れの原因には、ストレスや紫外線、生活習慣の乱れ、栄養不足…などさまざまな要素がありますが、体の冷えや冷え性も肌荒れの原因になるそうです。
冷えが原因で血液の流れが悪くなると、老廃物がうまく排出されなくなります。新陳代謝が悪くなるので、肌の細胞が十分に活性化されず、吹き出物やシミ、シワができてしまうのです。
このように、冷えは美肌を遠ざけてしまう要因になるんですね。

本「冷え症を治す」(高木嘉子著)には、「漢方(東洋医学)の世界では、吹き出物は頭部の瘀血(おけつ)、肌荒れ・目の下のクマなどは皮膚の瘀血が原因だ」と紹介されてありました。
瘀血とはカンタンにいえば「血のめぐりが悪くなった状態」のこと。体が冷えていると血管が収縮してしまい、普通よりも多い血液を体の上部に押し上げてしまうために、頭部や顔に瘀血が生じるそうです。頭部でとどこおった血は、毒素を排出しようとして、吹き出物という形になってあらわれるといいます。
肌荒れは、血のめぐりが悪くなっているサインといえるのかもしれません。

出典:肌荒れ|冷え性対策アレコレ

1ページ目/4ページ, 1件目〜10件目/31件

< 前に戻る1234