肺 に症状が出る主な病気

肺に症状が出る主な病気

肺の症状まとめ

1ページ目/8ページ, 1件目〜10件目/74件

ぜんそく(喘息)

予兆・症状

nak 2014/06/09 15:38:52

喘息とアトピーの関係

分類法も複数存在するが、代表的なものの一つに、幼児期に発症することの多いアトピー型と40歳以上の成人発症に多くみられる非アトピー型の2型のフェノタイプに分類する方法がある。
喘息はIgE型の免疫不全症であるため、アトピー性皮膚炎などと合併してくることが多くみられる。

出典:気管支喘息 - Wikipedia

ぜんそく(喘息)

予兆・症状

nak 2014/06/09 15:40:23

ぜんそく(喘息)とはこんな病気

喘息は、気管支などの空気の通り道(=気道)が、炎症によって狭くなる病気です。喘息の気道は、炎症によりたばこや冷たい空気などの刺激に過敏になっていて、反応が起こりやすくなっています。ちょっとした刺激で気道が狭くなって息苦しくなったりします。

出典:喘息(ぜんそく)とはこんな病気|喘息(ぜんそく)ってなに?|Zensoku.jp 喘息(ぜんそく)の総合情報サイト

ぜんそく(喘息)

予兆・症状

nak 2014/06/09 15:41:27

喘息の治療

炎症を放っておくと、徐々に喘息が悪化します
炎症を放っておくと、気道の粘膜に変化が起こり、気道が狭くなったまま元に戻らなくなってしまいます。したがって、喘息は早期に治療を開始することが重要です。
少し症状がよくなった患者さんのなかに、自分の判断で治療を中断したために、炎症のコントロールが不十分になり、以前より重症になったケースもあります。
気道の炎症と狭窄は慢性的に続いているので、発作や症状がないときでも、継続的に治療が必要です。

出典:喘息(ぜんそく)とはこんな病気|喘息(ぜんそく)ってなに?|Zensoku.jp 喘息(ぜんそく)の総合情報サイト

ぜんそく(喘息)

予兆・症状

nak 2014/06/09 15:45:25

喘息の人口

毎年、2000人以上の方が喘息(ぜんそく)で死亡しています!
厚生労働省の平成20年患者調査によると、喘息の患者さんの数は、全国で88万8千人と推計されています。また、平成22年の人口動態調査によると、毎年減少傾向にあるとはいえ、約2千人の方が喘息により死亡しています。

出典:喘息 | e治験.com

ぜんそく(喘息)

予兆・症状

nak 2014/06/09 15:50:05

喘息の分類

・気管支喘息(小児)
・気管支喘息(成人)
・せき喘息
・アスピリン喘息
・運動誘発性喘息

出典:喘息 症状・疾患ナビ | タケダ健康サイト

ぜんそく(喘息)

予兆・症状

nak 2014/06/09 15:53:45

気管支喘息(小児)

小児の気管支喘息の約9割がアレルギーの原因物質が特定できるアトピー型で、主にダニとその死骸、フンなどのハウスダストが原因となっています。発症には生まれながらの体質が大きく関係し、多くが1~2歳から始まります。約7割は大人になるまでに良くなりますが、アレルギー体質の子どもの多くは、アトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎などを次々に発症する傾向があります。

出典:喘息 症状・疾患ナビ | タケダ健康サイト

ぜんそく(喘息)

予兆・症状

nak 2014/06/09 15:54:05

気管支喘息(成人)

成人の気管支喘息の約3割が非アトピー型で、小児の気管支喘息からの移行や再発よりも、大人になってから初めて発症するケースが多くみられます。過労やストレスが引き金になることから、とくに仕事や家庭での責任が重い40代から60代が成人の気管支喘息の発症のピークになっています。風邪をこじらせたり、加齢によって免疫力が低下したりして引き起こされる場合もあり、現在では小児よりも成人の気管支喘息のほうが多くなっています。

出典:喘息 症状・疾患ナビ | タケダ健康サイト

ぜんそく(喘息)

予兆・症状

nak 2014/06/09 15:54:22

せき喘息

1カ月以上たんのない乾いたせきが続く、寒暖の差やタバコの煙などでせきが出やすい、夜中から明け方にかけてせきが出やすいなど喘息と似た症状がありながら、ゼイゼイ、ヒューヒューという喘鳴はなく、たんがほとんどからまない状態をせき喘息といいます。この疾患には、風邪薬やせき止めの薬は効果がありません。近年増加傾向にあり、放置すると約3割が喘息に移行します。

出典:喘息 症状・疾患ナビ | タケダ健康サイト

ぜんそく(喘息)

予兆・症状

nak 2014/06/09 15:54:59

アスピリン喘息

アスピリンなどの消炎鎮痛薬の服用によってその直後から1時間ほどの間に誘発される喘息です。アスピリン以外でも同じ薬効をもつ消炎鎮痛薬であれば、どの薬でも発作の危険性があります。男性に比べ1.5倍も女性に多く、大人の喘息の患者さんの10人に1人はみられます。アスピリン喘息は慢性鼻炎や慢性副鼻腔炎などを合併している場合が多く、喘息症状が重症の人に多くみられるという特徴があります。

出典:喘息 症状・疾患ナビ | タケダ健康サイト

ぜんそく(喘息)

予兆・症状

nak 2014/06/09 15:55:15

運動誘発性喘息

走ったり階段を上ったりする運動や、笑う、叫ぶなどの動作がきっかけになり、喘息発作を起こす場合があります。大人より子どもに多く、運動した数分後にゼーゼーして呼吸困難が起こります。これはほとんどの場合20~30分程度で自然に治まりますが、喘息の治療が不十分なときに起こりやすいのが特徴です。

出典:喘息 症状・疾患ナビ | タケダ健康サイト

1ページ目/8ページ, 1件目〜10件目/74件

< 前に戻る12345678