腰 に症状が出る主な病気

腰に症状が出る主な病気

腰の症状まとめ

1ページ目/3ページ, 1件目〜10件目/23件

腰痛

予兆・症状

nak 2014/05/20 01:34:46

こんな腰の痛みには注意!!

緊急の処置が必要な腰の痛みは、内臓疾患が原因の症状には特に注意が必要になります。整形外科的な腰痛に関しては、ぎっくり腰などの激しい痛みを緩和する必要があるもの、腰の痛みと下肢の痺れがセットになっている症状、腰痛はあまりないが足が痺れるといった症状は、早期に診療を受けましょう。内臓疾患で怖い病気に大動脈瘤があります。心臓から全身に血液を運ぶ大きな血管が腹部に走っていますが、その大動脈にこぶが出来て、それが破裂する病気です。たくさんの血液を運んでいますので、破裂すれば出血性ショックを起こします。緊急な処置が必要です。動脈瘤が破裂すると出血が腰部後方に広がるので、強い腰の痛みや腹痛が起こります。下肢の痺れが出る人もいます。緊急の搬送が必要です。大動脈瘤は初期はほとんど無自覚症状です。特に高血圧の人は日常から注意が必要です。

出典:こんな腰の痛みにはご注意を | 腰痛、解決ガイド

腰痛

予兆・症状

nak 2014/05/22 20:13:09

腰痛の種類

・腰椎変性すべり症
この病気では腰部脊柱管狭窄症と同じような症状が出ます。
少ない距離なら歩けるのですが、立ったり・歩いたりしているとお尻や太ももの部分が痛くなって、歩けなくなります。けれども、少ししゃがんで休めば楽になって、また歩けます。

歩ける距離は日によって違いますし、患者さんによっても異なります。腰痛(腰のベルトが当たるあたり)は比較的少なく、全く腰痛がない患者さんもいます。

出典:「腰椎変性すべり症」|日本整形外科学会 症状・病気をしらべる

腰痛

予兆・症状

nak 2014/05/22 20:15:30

腰痛の種類

「側弯症(そくわんしょう)」とは背骨が左右に弯曲した状態で、背骨自体のねじれを伴うことがあります。通常、小児期にみられる脊柱変形を指します。 左右の肩の高さの違い、肩甲骨の突出、腰の高さの非対称、胸郭(きょうかく)の変形、肋骨や腰部の隆起(前かがみをした姿勢で後ろから背中をみた場合)、などの変形を生じます。
側弯が進行すると、腰背部痛や心肺機能の低下をきたすことがあります。

出典:「側弯症」|日本整形外科学会 症状・病気をしらべる

腰痛

予兆・症状

nak 2014/05/20 00:43:57

腰痛になりやすい人

ライン製造など、その場に立ったままで長時間作業する人は、筋肉が疲労してしまい、椎間板にも負担がかかるので、腰痛が起こりやすくなります。座っている方が楽に見えますが、座りっぱなしの体勢は立ちっぱなしよりも椎間板にかかる負担が大きくなり、やはり腰痛を起こしやすい体勢と言えます。

出典:【腰痛になりやすい人】 - 姿勢や骨格の問題

腰痛

予兆・症状

nak 2014/05/20 00:44:39

腰痛になりやすい人

家庭で家事をこなす主婦の人も、蓄積型の腰痛になりやすいと言えます。料理や掃除で前傾姿勢を継続してとることが多く、デスクワークと同じ原理の負荷が腰周辺にかかってしまいます。家の中を動き回って掃除機をかけたり拭き掃除をしたり、洗濯をして干し、取り込んでたたみ、家族のために料理を作る。一見動き回っているので座りっぱなしより楽なのではないかと思いがちですが、動きながらも腰にかかる負荷は常に継続しているので、デスクワークで座りっぱなしでいるよりも肉体疲労は大きくなるでしょう。力仕事をしているわけではないからと油断をしていると、最終的には腰痛として症状が表れますので注意が必要です。

出典:【腰痛になりやすい人】 - 姿勢や骨格の問題

腰痛

予兆・症状

nak 2014/05/20 00:45:10

腰痛になりやすい人

・長時間座ったまま
タクシードライバーなどに腰痛持ちが多いことからもお分かりのように、長時間座ったままの姿勢は腰痛になりやすいと言えます。立ちっぱなしよりも要注意です。パソコン作業などで、同じ姿勢で長時間デスクに向うことも腰痛になりやすいと言えます。

出典:【腰痛になりやすい人】 - 姿勢や骨格の問題

腰痛

予兆・症状

nak 2014/05/20 00:45:40

腰痛になりやすい人

・重い荷物
段差のある場所を重い荷物を持って上り下りしたり、重い荷物を持上げる時に、腰だけ曲げて膝を曲げずに持上げようとする人は、一瞬で腰痛持ちになる可能性大です。これでは腰痛になるために膝を曲げないとしか言いようがありません。重い荷物を持上げる時には、しっかりと膝を曲げてしゃがんでから持上げなければいけません。

出典:【腰痛になりやすい人】 - 姿勢や骨格の問題

腰痛

予兆・症状

nak 2014/05/22 20:27:26

腰の周辺が痛む症状がある病気

・ 尿路結石など泌尿器科の病気
・ 子宮や卵巣の病気
・ 膵臓の病気
・ 多発性骨髄腫や他臓器からの転移など
・ 解離性大動脈瘤など動脈の病気
など

出典:腰痛の原因|からだの症状|くすりと健康の情報局

腰痛

予兆・症状

nak 2014/05/22 20:30:03

病院に行くべき症状

以下のような症状がある場合は早めに専門医を受診しましょう。
・ 我慢できないほど痛みが強く安静にしても治まらない場合
・ 腰痛と同時に尿閉(おしっこが出せない状態)が起こった場合
・ 下肢の筋力低下やしびれを伴う場合
・ 1~2週間しても軽くならない場合

出典:腰痛の対策|からだの症状|くすりと健康の情報局

腰痛

予兆・症状

nak 2014/05/22 23:49:14

頭痛に潜む病気

頭痛の原因となる病気のうち、特に危険なものとしては以下のような病気が挙げられます。
・くも膜下出血
突然激しい頭痛が起こり、吐き気や嘔吐を伴います。
・脳出血
手足のしびれ・意識障害・ろれつが回らなくなるといった症状を伴い、頭痛が徐々に強くなります。
・脳腫瘍
頭痛の他に、嘔吐やけいれん・手足の麻痺・言語障害・視力の低下・視野が狭くなるといった症状が現れることが多く、脳に水がたまることもあります。

髄膜炎、脳炎
38度以上の熱が出て、うなじのあたりが硬くなったり、嘔吐がみられます。後頭部に強い痛みを感じることが多いという特徴もあります。また意識障害やけいれんを生じることもあります。

慢性硬膜下血腫
お年寄りに多いですが、若い人にも起こります。頭部の打撲がきっかけになることもあります。ぼけ症状や麻痺を伴います。

出典:その他の頭痛(注意すべき頭痛) | 頭痛の原因 | 頭痛Online

1ページ目/3ページ, 1件目〜10件目/23件

< 前に戻る123